« LOTの欠航 | トップページ

2018年10月11日 (木)

途中でバスに変わる汽車

P1000334


日本の感覚で言えば、列車の行き先に表示があるところに着いて当たり前。行き先は列車の終着駅を指します。ところが欧州では、行き先に表示されているところに列車が行くとは限りません。そこに行くには行けるよ、ということを意味します。

プラハから、朝の8時にチェスキー クルムロフ行の直通列車があります。時刻表をみるとこの列車だけが直通するようです。

チェスキー クルムロフにはプラハからバスで行く方法が一般的ですが、鉄オヤジとしては直通列車に乗りたいものです。

プラハの駅で列車を待っていると、想像とは違い、電気機関車に牽かれた客車が入って来ます。チェスキー クルムロフは非電化なので、途中で機関車を替えるのかな、と思いつつ、通常は乗り換え駅になるチェスケー ブジェヨビツェに着きました。

ここでほとんどの人が降りて、私も機関車の付け替えを見に、前に向かったのですが、一向にディーゼル機関車は来ません。変だなーと思って、後ろを見ると中国人と思しき人たちがファーストクラスから降ろされております。何だろうと思って列車に乗ろうとしたら、この列車はここでお終いと車掌さんが言います。

チェスキー クルムロフへ行かないの?と聞いたら駅でバスが待っているとのこと。慌てて駅を出たら、案内版があって、その先にバスが待っておりました。

これは、特別なことではなく、あらかじめ決められたダイヤなのです。

ちなみに、列車も走ることは走りるのですが、時間がかかり、急行を名乗るこの列車は、スピードを出せる本線は列車で、スピードの出ないローカル線区間は国道をノンストップで走るバスで時間を短縮させたものだったのです。

それにしても、知らない人は焦りますよね。

|

« LOTの欠航 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48988/74372263

この記事へのトラックバック一覧です: 途中でバスに変わる汽車:

« LOTの欠航 | トップページ