« ハリーポッターのSL列車 | トップページ | イギリスでレンタカーを借りるということ »

2018年10月 9日 (火)

アイラ島で感じる人情みたいな

P1011212
P1011169

P1011163_2


P1011250





グラスゴーに戻り、翌日はアイラ島へ。ウィスキーの聖地でありますね。

当初の計画は、朝のフライトでアイラ島に入りバスに乗ってボウモア蒸留所を訪問、反対側のバスで戻ってポートエレンで貸自転車を借り、ラフロイグ、ラガーリン、アードベッグの蒸留所を訪問、夕方ポートエレンからバスで空港に帰りグラスゴーに戻る、でした。

ウィスキーの蒸留所を回るので、当然テスティングもしたい、その為の一日2便のフライトと数本の路線バスを使い倒した完璧な計画、だったハズ。

そういうものは得てして挫折します。まず飛行機、まともに飛びません。なんだかんだと修理して一時間遅れのフライト。この段階でボウモア蒸留所はダメ。そしてアイラ島についたら強風に雨。空港にずーっといるのもなんだし、バスが来たらポートエレンだけでも行くか。

そんなところに、空港職員の世話焼きおばさんがやってきます。どうしたの、と。これこれしかじかと説明すると。私がレンタカー屋に電話してあげる、携帯かして、と。自分の携帯では通話が入ってないので出来ない。なら、公衆電話からかけてあげるからコインちょうだい。コインの種類がわからないからこの中から選んで、と両手でお椀を作って、コインを全部いれます。これね。あー、何とかさんレンタカーない?ある、じゃあ一台貸して。あー、あんた一台あったから、向こうに見えるあの建物にいってレンタカー借りなさい、バスで蒸留所回るなんて馬鹿げているわよ。

ということで、レンタカーを借りてアイラ島の蒸留所巡りは当初の予定プラスおまけつきでできました。ウィスキーも一杯買ってしまった。ティスティングは?それは、ヒ・ミ・ツということで。

ここの空港職員さん、帰りの便でもお世話になりました。受託荷物は覆われていないとダメなんだよ。こんなにウィスキー買っちゃってどうすんだ。ちょっと待って、あの段ボールが使えるかも。といってパッキングしてくれ、飛行機に積んでくれました。

お前、またアイラに来いよー。イングランドには来なくてもアイラにはまた来るよ、ありがとう。

|

« ハリーポッターのSL列車 | トップページ | イギリスでレンタカーを借りるということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハリーポッターのSL列車 | トップページ | イギリスでレンタカーを借りるということ »