« 個室寝台から見るハイランドの車窓 | トップページ | アイラ島で感じる人情みたいな »

2018年10月 8日 (月)

ハリーポッターのSL列車

P1011075


ロンドンからの夜行列車がフォートウィリアムに着くと、マレイグ行きの古めかしい列車が蒸気機関車を先頭に待っております。観光シーズンの月曜から金曜まで走る特別列車です。

グレンフィナン高架橋を走る蒸気機関車が牽引する列車の写真は有名ですが、あれはホグワーツ特急でなければ、この列車の写真です。結構長い編成ですが、すでに満席。人気列車です。おそらく、この列車の乗客は他の全定期列車の合計より多いでしょう。確実に乗るためにはあらかじめ、日本からネットで切符を買っておく必要があると思います。それにしても、往復で全く同じ席ってどういうことよ。それに隣にはわざわざ「おひとり様」と書かれたポストイットが貼られているし。

私の席はマレイグに向かって進行方向右側。残念です。この路線の白眉であるグレンフィナン高架橋は左にカーブした橋です。当然インサイドの車窓が有利。それ以外も左側の車窓のほうが明らかに優れております。この鉄道の指定は番号プラスFかB。奇数とか偶数とかフロントとかバックとか関係なし、完璧に運です。せめて、往復で変えてほしかったなぁ。

グレンフィナン高架橋では、「お立ち台」みたいな場所があって、多数の撮り鉄。でも、日本と違って三脚の乱立みたいなことはありません。グレンフィナン駅ではかなり長く停車するので、車で追っかけも可。でもグレンフィナンはそもそも観光地なので、駐車場を見つけるのは大変でしょうね。

帰りはバック運転でくるので、出回っている写真はすべてマレイグ行のもの、その後も各所で撮り鉄さんがおりました。

この列車でマレイグまで行った人は、現地でお昼をとって折り返しの列車で戻ります。それ以外交通手段無いので。蒸気機関車は後ろ向きにつけられバック運転します。日本ではテンダー車のバック運転なんで現在ではほぼ無理なのですが、結構なスピードで走行します。この列車、現役なんだ、そう感じさせられます。

P1011107_2


(マレイグまでノンストップですが、グレンフィナン駅で反対列車待ち合わせのため長時間停車します。)

|

« 個室寝台から見るハイランドの車窓 | トップページ | アイラ島で感じる人情みたいな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 個室寝台から見るハイランドの車窓 | トップページ | アイラ島で感じる人情みたいな »