« 旅行代理店も十時打ち | トップページ | さよなら北斗星 »

2015年8月21日 (金)

火結神社の大欅

P1030289_w


以前、卒業した小学校の記念文集に寄稿することとなった時、移転した後も移転前に近所を流れていた川を一番にすえた校歌は変わっていないことをモチベーションにして、その川に関したエッセイを寄稿しました。

小学校の校歌はこんな出だしです。「太平の流れをくみて、槻の木は千古をかたり」。

私は、千古をかたる槻木は火結神社の大欅でしょう、と筆を進めたものの、その槻木=ケヤキが、今、どうなっているか気になっておりました。

このお盆に秋田へ帰省をしましたが、その折、母も入院することとなったので横浜に戻る日程を延ばして、しばらく秋田にとどまることとなり、当地で暇をもてあましていたので、この欅をみにゆくことにしました。

推定樹齢800年の欅はさすがに大きい。

P1030292_w


ただ、根元には穴があいており、この巨体を今後も支えていけるのかちょっと心配になります。

P1030294_w


穴の中。ちょっと神秘的でありますね。

P1030301_w


近くを流れる太平川も、このあたりでは河童でも出そうな雰囲気です。

|

« 旅行代理店も十時打ち | トップページ | さよなら北斗星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行代理店も十時打ち | トップページ | さよなら北斗星 »