« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

棚田がある景色

 Dsc05411_w


昔、1980年代に、煙草のCMでマイルドセブンの白い世界という映像に憧れた時期がありました。

トルコのパムッカレという白い石灰棚の上空には真っ青の空、そして、まっすぐ伸びる白い飛行機雲。

こんな景色を死ぬまでに是非見てみたいものだと思ったものです。

残念なことに、私は今までパムッカレに行く機会に恵まれておりません。しかし、日本には棚田がある.....と言うことになるのでしょうか、棚田がある景色は大好きです。

ここは三重県の丸山千枚田というところ。週末、熊野詣でをした途中で出会いました。

パムッカレに劣らない景色だと思うのは負け惜しみでしょうか。Dsc05435_w

| | コメント (4)

2015年3月22日 (日)

三ッ池公園の二代目ベニシダレ桜

P1020256_w


去年、惜しまれながら枯れ死してしまった三ッ池公園のベニシダレ桜とほぼ同じ場所に、二代目のベニシダレ桜が植栽されております。

前のベニシダレ桜は、拙Blogでよく写真を掲載したとおり、大木となり、樹齢が60年から80年で天寿を全うした訳ですが、同じベニシダレ桜の三春の滝桜は樹齢1000年という噂ですから、それに比べると早世してしまったと言えましょう。

まあ、都会の公園で育ち、開花のシーズンには真っ先に枝の下にブルーシートをひかれる人気者だったので、気苦労も多かったものと思います。

植栽されたばかりの二代目のベニシダレ桜に今年の花を期待するのは酷なので、大事をとって根をしっかり張ってもらいところです。そして先代より長生きをし、末永く集う人々を楽しませてもらいたいものです。

| | コメント (2)

2015年3月16日 (月)

裏山の不思議な光景

Dsc05383_w


私の実家は秋田市にあるのですが、地図で見れば、手形山と呼ばれる小山の縁、もっと大げさに言えば太平山から伸びる尾根の先っぽに位置します。

子供の頃から遊んでいた裏山は、太平山の尾根の一部ということになるでしょう。

小さい頃から慣れ親しんだ裏山ですが、中年オヤジになって初めて発見する景色もあります。

亡父の法要で帰省し、暇にまかせて裏山を散歩していたのですが、初めて入ったケモノミチにお墓が並んでおりました。それも、そのうちいくつかは無縫塔と呼ばれる僧侶のもの。

お寺で無縫塔を見る分にはあまり感じませんが、山中でみるとなんとなく不気味でありますね。

何かあったんだろうか、なんて勘ぐりたくもなりますね。

こんな近くにあるのに、今まで知りませんでした。

何か歴史があるのでしょうかね、ウチの裏山も、なかなか侮れないものがあります。

| | コメント (0)

2015年3月12日 (木)

妙高号

Dsc05330_w


東京に出てきて、はじめて妙高号に乗った時はまだ客車の夜行急行の頃でした。それでも、既に14系に置き換わっており、残念ながら旧客ではありませんでした。

妙高山に登るために乗った訳ですが、EF62が牽引しているとか、横川でEF63が補機につくやらで、登山の前日なのに興奮して眠れなかった思い出があります。

その当時は子供の頃の鉄分はすっかり影を潜めていたものの、機会さえあれば、そんなふうになっていたのです。

その後、妙高号は信越本線の山線を走る189系電車の快速、普通列車の愛称として残ったので、意図的に乗りにいくようになりました。

信越山線の景色をこの電車から眺めるのは良いものでしたよ。

しかし、その贅沢もいよいよこれで最後。客車列車が消え、優等列車が消え、貨物列車が消え、だんだん面白みがなくなって行った信越山線自体が縮小されてしまいます。妙高号も無くなってしまいます。

北陸新幹線も良いのですが、こうした残念な面も多いのです。

| | コメント (0)

2015年3月 8日 (日)

秋田駅のトワイライトエクスプレス

Dsc04913_w


Camera : A7r, Lens : sonnar 35mm f2.8 札幌行き 0:00 発車

トワイライトエクスプレスが出来て最初に驚いたことは、秋田を通過することでした。

列車本数も少ない田舎の中核駅に止まってもバチはあたらないのに.......と、思ったものでした。札幌行きは0:00頃の発車、大阪行きは0:40頃の発車。どうせ運転停車するのだから、乗降しても良いのに...なんて、思ったものです。

まあ、こんな豪華列車、秋田には縁がないと言えばそれまでなのですが。札幌行の寝台列車に秋田から乗ってみたかったなぁ。

そんなことで、乗る機会もなく、写真も撮らず、何度か酔っ払って家に帰る途中で、踏み切りで出会ったことくらいしか記憶にありません。

で、いよいよトワイライトエクスプレスも廃止になると聞いて、これは秋田駅での写真を撮らねばならぬ。そう思い行ってきました。下り列車の写真は秋田駅らしく、2番線を発車した列車が1番線にかかるところです。八郎潟行きの701系も見えます。

上りの撮影は、秋田駅が閉まった後なので、秋田駅の入線を撮影します。ここは秋田駅の手前の歩道橋。SL時代に良く撮影したところです。このカットの前はカーブしてくるので編成も入っているのですが、機関車のビームライトでハロがひどくなってしまいました。

夜間は正面は避けた方が良いかも知れません。

Dsc04925_w


Camera : A7r, Lens : Planar 85mm F1.2 大阪行き0:37

| | コメント (2)

2015年3月 2日 (月)

R22編成の今

P1020108_w


この時期に大人の休日切符が10周年記念で発売されたので、休日は、北陸新幹線の開業でJR東日本から消える信越本線に乗っております。

この切符、4日間も乗れるので、本日は仕事帰りにR22編成の「やまびこ」に乗って来ました。

R編成と言うのは、E3の「こまち」用の車両のことで、昨年「こまち」がE6に置き換わって、大抵の編成は廃車になるか「つばさ」用に組みなおされたものの、R21編成とR22編成はもとのまま、「やまびこ」や「なすの」にE5と組んで使われております。

時刻表で16両編成の「なすの」や「やまびこ」がそれにあたります。

私は、E3の「こまち」が大好きでしたので、前からR編成の「やまびこ」か「なすの」に乗りたいと思っておりました。

東京駅で出発を待つ姿は、そのまま昔の「こまち」そのものですね。

P1020110_w


ただ違うのは、側面の「こまち」のロゴが無い事、そして車内のどこにも秋田が出てこないことです。

まあ、それさえ、シンプルな美しさがあって良いですよ。もう少し頑張って走って欲しい。そしていよいよ最後となれば、臨時で「なつかしのE3こまち」とかで秋田新幹線を走って欲しいな。

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »