« 浅煎りのほうじ茶 | トップページ | 箱根駅伝のポスターがエヴァンゲリオン風であること »

2014年12月26日 (金)

茅束の外断熱

Dsc0405_w


古民家でも実際に生活をされている家では、茅葺をトタン屋根に葺き替えたり、窓をアルミサッシにしたり、壁面をサイディングにしたりして、少しでも快適に暮らせるように改良されているケースがほとんどです。

この家も壁面はサイディングであったと思います。

それでも、防寒の為、周囲を茅を束ねたもので覆っておりました。

外断熱のつくりの家と同じ効果があるものと思いますが、それ以上に見た目が温かそうです。

雀も暖をとりにくるのか、残った実でも探しているのか、やって来て、くつろいでいるようにも見えますね。

雪国であっても、何処と無く暖かさを感じる景色です。

|

« 浅煎りのほうじ茶 | トップページ | 箱根駅伝のポスターがエヴァンゲリオン風であること »

コメント

雪国の事は全て想像の域を出ませんが
萱を外壁に纏うというのは効果抜群な気がします。
サイディングの壁も絶対持ちが良くなりそうです。
中に住んでいる人の心根まで伝わってくるようです。

良い年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。

投稿: 610 | 2014年12月28日 (日) 19時42分

610 さま、今晩は

風も吹くので、どの程度の効果かわかりませんが、視覚的には暖かそうです。

610さまも良いお年を。
また、来年もよろしくお願いします。

投稿: kk | 2014年12月28日 (日) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浅煎りのほうじ茶 | トップページ | 箱根駅伝のポスターがエヴァンゲリオン風であること »