« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

良いお年を

P1010694_w


大晦日の早朝から、みどりの窓口にならんで北斗星の切符を狙いましたが、ダメでした。

その後、家事にあけくれ、ようやく一息であります。

それにつけても、無くなるまで北斗星には乗りたいなぁ。来年に期待。あまり時間は無いけれど。

みなさま、良いお年を。

| | コメント (0)

2014年12月28日 (日)

canon EF100-400mm IS ii

Dsc04108_w


Camera : Sony A7r, Lens : Canon EF100-400mm IS ii & Extender 1.4, 490mm

CanonのEF100-400mmは持ち運びが良く、また画質も優れれた素晴らしいズームレンズです。私は、主に使うカメラがSonyのα7rになってからも、アダプターを使ってこのレンズを使っておりました。

この度、このレンズがモデルチェンジしたので、私も古いレンズを下取りに出して、新しいモデルに更新しました。

私にとって、最大のモチベーションは最短距離が半分に短くなったこと。今年の秋もアサギマダラを撮影して、もう少し寄れたら良いのになー、と思っていたものでした。

このレンズ、傑作の旧型から満を持して更新しただけあり、画質についてもアップグレードしていることを感じます。

私は、α7rでマニュアルフォーカスで使うので、解りませんが、AFも良くなっていることでしょう。α7rでもISの効き目はより良くなっていることが、確認出来ます。

Dsc04222_w


Camera : Sony A7r, Lens : Canon EF100-400mm IS ii 400mm

| | コメント (2)

2014年12月27日 (土)

箱根駅伝のポスターがエヴァンゲリオン風であること

P1010689_w_2


今年というか来年の箱根駅伝のポスターがあちらこちらに貼られておりますが、これを見て、第三東京を襲うエヴァンゲリオンの使徒のようだと思ったのは私だけでしょうか。

ちなみに、この色は参加校のたすきの色です。

| | コメント (0)

2014年12月26日 (金)

茅束の外断熱

Dsc0405_w


古民家でも実際に生活をされている家では、茅葺をトタン屋根に葺き替えたり、窓をアルミサッシにしたり、壁面をサイディングにしたりして、少しでも快適に暮らせるように改良されているケースがほとんどです。

この家も壁面はサイディングであったと思います。

それでも、防寒の為、周囲を茅を束ねたもので覆っておりました。

外断熱のつくりの家と同じ効果があるものと思いますが、それ以上に見た目が温かそうです。

雀も暖をとりにくるのか、残った実でも探しているのか、やって来て、くつろいでいるようにも見えますね。

雪国であっても、何処と無く暖かさを感じる景色です。

| | コメント (2)

2014年12月 7日 (日)

浅煎りのほうじ茶

P1010496_w


私の好きな料理屋さんである「たかむら」でコースの最後のだしてくれるのが浅煎りのほうじ茶。

このセンスが絶妙です。「日本料理を召し上がっていただいた後、どんな飲み物が良いのか」考えぬいた結果、浅く煎ったほうじ茶に落ち着いたそうです。飲み物によって、それまでの料理の余韻を一新することがなく、かつ口中がスッキリします。

「たかむら」ではお茶を選ぶのが難しいので、とにかく高級なものにしているそうですが、私にマネのできる選択ではありません。

そこで、自分で煎ってみることにしました。でも、コーヒーに比べれば簡単です。フライパンでできるし。

煎るお茶は、「釜茶」を使いました。「釜茶」とは茶葉の醗酵を止めるために蒸すのではなく煎ったものです。緑茶とするには、煎茶より素朴な方法と言えるでしょう。

九州は大々的なお茶の産地は少ないものの、小さな農園で、さまざまな「お茶」を作っているようで、このようなお茶が各所で出回っています。

「釜茶」は煎茶にくらべると、蒸す代わりに煎る、茶葉をねじっていない等々、手間が少ない素朴なお茶で値段も安いのが普通です。写真のものは450gで1000円。

そして、もともと煎っているお茶ですから、追加で煎るには適しているように思います。少なくとも飲む直前にフライパンで煎るには手ごろなお茶だと思います。

下の写真は左が浅く煎っ後、右が煎る前のお茶です。ほとんど変わりが無いように見えますが、お茶の色は淡いほうじ茶の色となり、緑茶のそれとは違うようになります。もっとも大きい変化は、その香りで、煎る前の緑茶より数段良い香りのお茶になりますよ。

P1010495_w

| | コメント (3)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »