« 秋の姫島のアサギマダラ | トップページ | 西明寺栗の渋皮煮風 »

2014年10月29日 (水)

レトロ大館号

Dsc03303_w


大分の姫島でアサギマダラを追いかけていた翌日の26日、秋田で、臨時快速列車のレトロ大館号を追いかけていました。

秋田空港に一番に到着する航空便が8:15、レトロ大館号は同時刻に秋田駅を発車しますので、この列車に乗るには、終点の大館の間で、列車を追い抜く必要があるのです。

空港でレンタカーを借り、高速道路で追いかけますが、おそらく乗車できるのは、終点のひとつ前の鷹巣からでしょう。この駅では8:40に到着し、12分間停車するので、その停車時間を含めてぎりぎりの勝負をかけます。

この列車は、日頃、「ばんえつ物語」で使われている客車を使って運行されるイベント列車でありますが、私の目的は、牽引するED75777という機関車。

ED75777が牽引する列車に乗りたい、その一念で列車を追いかけております。指定券が取れたのは、下りだけでしたので。

もっとも、客車に乗ってしまえば、どんな機関車が牽引しても同じ、なんて言う事を言ってしまえば、もともこうも無いのでありますが。

とにかく、計算通り鷹巣駅で間に合いました。計算外だったのは列車が遅れていたこと。なんでも撮り鉄が線路に立ち入った為、安全確認して遅れたとか。おかげて鷹巣駅はすぐの発車となり、機関車を楽しむ余裕もありませんでした。

大館駅では、客車の展示会を行うので、入換え作業があります。

大館と止まりの貨物列車を牽引するEF81と入換えの途中並んでみたりしました。なんとも懐かしい光景です。Dsc03341_w

青のEF510との並びは、隔世の感がありますが、これも良いものでした。Dsc03353_w

|

« 秋の姫島のアサギマダラ | トップページ | 西明寺栗の渋皮煮風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の姫島のアサギマダラ | トップページ | 西明寺栗の渋皮煮風 »