« ふるさとの丘に咲く花 | トップページ | SL人吉号、見学始末記 »

2013年11月16日 (土)

Sony α7r

P1030287_w


Sonyから待望の135フルサイズミラーレスカメラが発売されたので、早速購入してしまいました。

こんなことぐらいしか、楽しみないしネ。

表題の写真はContax G用のBiogon28mmを装着しております。アダプターを使って、G用のレンズもオートフォーカスで使えるのです。

Contax Gはどこにピントが合っているのか不安にさせるカメラでしたので、α7rの方が、ピントあわせという意味では使い安いくらい。

そして、私が好きなローライのプラナー50mmF1.4もこのカメラでは全く問題なく使用できます。このレンズもピントあわせに問題があるというレンズでしたが、当時のローライフレックスSLのどのボディより、α7rのほうがピントを合わせ安いです。下の作例を見てください。

Camera :α7r, Lens : Rollei HFT 50mm F1.4, 開放

Dsc00024_w

どこにピントがあるのか.....それは一番上の花にいたアリさんにピントを合わせたのですよ。

Dsc000241_w

|

« ふるさとの丘に咲く花 | トップページ | SL人吉号、見学始末記 »

コメント

こんばんは。
α7r良いですね。
ローライのレンズのボケも綺麗です。

投稿: ken | 2013年11月16日 (土) 20時23分

Ken さま今晩は

α7r気に入りました。
これはPlanar50/1.4シリーズのうち、ドイツのローライ製です。Zeiss製より良く出来ている気がします。

投稿: kk | 2013年11月16日 (土) 22時13分

お久しぶりにカメラネタですね。ほんとどこにピントが合ってるか判り辛いですね。笑)話変わりますが以前話してた本が今月下旬くらいに発売になります。タイトルは「いとしの大衆食堂(北の味わい32店)」デ〜ス。AMAZON辺りで捜してみて下さい。もしくは書店の北海道の本のコーナー辺りで。宜しくどうぞ。

投稿: グライフ | 2013年11月17日 (日) 08時37分

グライフさま今日は

本、検索しました。北海道新聞から刊行されるのですね。アマゾンではまだ見つからなかったので紀伊国屋にでも予約します。楽しみです。

このカメラって、拡大して、画角の中から任意の一点、写真で言えばアリさんにピントを合わせることが出来るのです。アリさんは動いていたので、ちょっと甘かったかな。それでも開放値F1.4でここまでくっきり解像するレンズもすごいでしょ。

投稿: kk | 2013年11月18日 (月) 12時53分

早速ご寄進ですね,素晴らしい.ところで何故QBMが..ああ,AFではなくMF,でも合わせやすそう.周辺光量も心配したより大丈夫そう.
GでAFできるのは凄いですね.もうGレンズは高騰してたのが,今度は市場から消えてしまいそう.シンメトリーの28mmは普通に写るのでしょうか.まあそれは追々話題になるのでしょうね.楽しみに待ちます.

投稿: lensmania | 2013年11月19日 (火) 21時34分

lensmania さま今晩は

Biogon28mm普通に使えます。快適ですよ。

投稿: kk | 2013年11月30日 (土) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふるさとの丘に咲く花 | トップページ | SL人吉号、見学始末記 »