« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月21日 (木)

まもなく開花

P1020733_w


熱海の梅も河津の桜もまもなく開花、らしいのですが。

最近寒いなぁ。本当かなぁ。

| | コメント (4)

2013年2月13日 (水)

根性無しの南低

P1020724_w


朝、目を覚ましてみれば、一面の雪景色......のハズでしたが、またスカでした。

今年の二月は南低祭り、の様相だったのですが、いま一つ寒気を呼び込めず横浜では雨ばっかり。

雪景色は見れなかったものの、今朝の景色は素晴らしかった。

雪が積もった梅の花も良いですが、雨上がりできらきら輝く梅も良いなぁ。

でも、この次は頑張ってね、南低さん。

P1020722_w_2

| | コメント (2)

2013年2月 8日 (金)

明日はダイヤモンド?

P1020699_w


振り向けばダイヤモンド富士、のハズでしたが、一日早かったか。

毎日、ひそかにチェックしていたのですが、最近は曇天で、11月の時のように行き過ぎてしまったかと思っておりました。

ちょっと手前ですが、夕方に晴れるとは限らないので、これでも見れて満足。

P1020701_w

| | コメント (2)

2013年2月 5日 (火)

中湧別駅

20130105011_w


Camera : Pentax SL, Lens : Super takumar 55mm F1.8, Tri-x

先日紹介した、白滝駅を発車した混合列車は遠軽に着きます。この時は遠軽まで夜行の大雪に乗り、遠軽発、5:45分の混522レで折り返し、白滝到着、白滝発6:42分混523レで遠軽まで戻ってきたものと思われます。

その後のネガに写っていた写真が表題の写真。でもこれは、中湧別駅であると、すぐにわかりました。何故なら、この駅は現在も「駅」だからです。

ただし、鉄道は廃止されてしまったので、道の駅となり、正式には「かみゆうべつおんせんチューリップの湯」と言うそうです。

この写真は湧別方向から見ており、列車はおそらく湧網線、網走行きの貨物列車1991レ12:13分発でしょう。

この機関車は、遠軽機関区の49600。遠軽から中湧別まで単機回送、中湧別から湧別まで貨物を牽き、湧別から中湧別まで貨物を牽いて戻り、中湧別から網走へ湧網線の貨物を牽く。網走で駐機。翌日、網走から中湧別まで貨物、そして中湧別から遠軽へ単機回送で帰還。そんな仕業だったでしょう。

今思えば、一日2往復しか旅客ダイヤがなかった中湧別ー湧別間に貨物列車があったんですねぇ。

ところで、私はこの後どうしたか、というとその湧別駅まで行ってしまいました。周りの景色も覚えておりませんが、そこに行ってしまったことで、もの凄い後悔をしたことだけは覚えております。

| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

誤報だと言って欲しい

先ほど、市川團十郎丈が亡くなったとの報道を目にしました。

勘弁して欲しい。誤報だったと訂正して欲しい。

12月に南座で見てきた(その後休演されましたが)ばかりなんですよ。

新しい歌舞伎座なんて要らなかった、代わりに失ったものを返せ。

市川團十郎丈って本当に特別な役者です。上手下手なんて物差しを完全に超越した役者です。何時、どんな役をやっても、どんな役者を相手にしても「市川團十郎」の気品は変わらない。

居るだけで歌舞伎。ゆったりとした空気が流れる。こんな役者、他におりません。

辛い、本気で辛い。

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »