« デジタルで白黒 | トップページ | 稲刈りボランティア »

2012年9月30日 (日)

九月の十二湖

Dsc01161_w_2


Camera : Nex-7, Lens: SEL18-200

現在は十二湖の象徴である青池には車が入ることができず、手前の駐車場に車を止めて10分くらい歩くことになります。

この距離は微妙で、もっと手前から車をシャットアウトしてしまえば観光客は減るだろうし、このくらいの距離は歩いたほうが青池のありがたみが増すというものです。

青池も大きい訳でななく、ただ水が常に青く見えるというだけと言ってしまえばそれまでですが、やはり神秘的です。

十二湖の九月は、森の緑に疲れが見えるものの、桂の木はうっすら黄ばみ始めます。もともと十二湖は沢が地震でせき止められてできた湖たち、そのせいか、桂の大木もいたるところにあります。

道を歩いていても、桂の葉の香りが心地よく感じます。九月の十二湖もよいものなのですよ。

落ち葉が浮かぶ青池の水面。

Dsc01216_w


青池以外の湖は、周囲の緑を映して緑っぽく見えます。緑の水面を気持ち良さそうに泳ぐヤマカガシさんは赤が映えて綺麗ですね。

Dsc01221_w

|

« デジタルで白黒 | トップページ | 稲刈りボランティア »

コメント

こんばんは。
これが青池なんですね。
もっと大きな物かと勝手に想像してました。
神秘的な青色何時か見てみたいと思います。

投稿: ken | 2012年10月 6日 (土) 19時03分

ken さま今晩は

お天気に関係なく、常に青いというのも不思議ですよね。
水質的にはただの湧き水のようですから、湖底の地質が影響しているように思われます。

投稿: kk | 2012年10月 6日 (土) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジタルで白黒 | トップページ | 稲刈りボランティア »