« 国産の映画用フィルムが消えた | トップページ | 街の自転車屋 »

2012年9月16日 (日)

ビーチコウミング

Dsc01145_w


Camera : Nex-7, Lens : E18-200

今年は秋田も夏が長く、未だに30度を超える日が続いておるようです。

でも、さすがにカレンダーは初秋、海水浴場に行っても人っ子一人おりません。海水はまだ暖かいので、泳がなくても水辺で遊べそうなものなのに、だーれもおりません。

実は、私、こんな海水浴場が大好きであります。特に水着のおねーさんがどーでもよくなってからはこの傾向に拍車がかかりました。

こんなだーれも居ない海水浴場での楽しみは、ビーチコウミング。砂浜に落ちているものを観察して歩くことです。

最近は、日本海にはハングル語の入ったプラスティックのかけらが漂流しており、ちょっとゲンナリではありますが、そういうものを見なかったことにすれば砂浜にはいろいろな宝物が落ちております。

貝殻、石、ビーチグラス、流木、あるときは見たことの無い魚の死骸とか。

こういうものを探しながら浜辺を散歩していると、いつまでも飽きない。

そうしている内に、向こうからビーチコウミングをしている団体さんがやって来ました。

千鳥の仲間ですか?私の知識ではそこまで、でも楽しい出合いでした。

|

« 国産の映画用フィルムが消えた | トップページ | 街の自転車屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国産の映画用フィルムが消えた | トップページ | 街の自転車屋 »