« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

九月の十二湖

Dsc01161_w_2


Camera : Nex-7, Lens: SEL18-200

現在は十二湖の象徴である青池には車が入ることができず、手前の駐車場に車を止めて10分くらい歩くことになります。

この距離は微妙で、もっと手前から車をシャットアウトしてしまえば観光客は減るだろうし、このくらいの距離は歩いたほうが青池のありがたみが増すというものです。

青池も大きい訳でななく、ただ水が常に青く見えるというだけと言ってしまえばそれまでですが、やはり神秘的です。

十二湖の九月は、森の緑に疲れが見えるものの、桂の木はうっすら黄ばみ始めます。もともと十二湖は沢が地震でせき止められてできた湖たち、そのせいか、桂の大木もいたるところにあります。

道を歩いていても、桂の葉の香りが心地よく感じます。九月の十二湖もよいものなのですよ。

落ち葉が浮かぶ青池の水面。

Dsc01216_w


青池以外の湖は、周囲の緑を映して緑っぽく見えます。緑の水面を気持ち良さそうに泳ぐヤマカガシさんは赤が映えて綺麗ですね。

Dsc01221_w

| | コメント (2)

2012年9月29日 (土)

デジタルで白黒

Imgp1823_w


Camera : Pentax 645D, Lens : Summicron 90mm F2

職場にバルナックライカと白黒フィルムで写真を楽しむ同僚が現われたので、ちょっと刺激を受け、週末白黒フィルムを解凍しました。

カメラに入れて散歩に出ようとしましたが、そのカメラの裏蓋を開けた瞬間、何時入れたか忘れていた撮りかけのフィルムが出てきました。フィルムはネ、ちゃんと一本撮り終えて、すぐ現像しなくてはならんのですよ。怠けちゃいかんのですよ。

一気に萎えて、結局デジカメを使います。古いライカのレンズを着けて気分だけ味わいましょう。ついでに白黒でRAM現像してしまいましょう。きっとフィルムと大差ないハズ。

ところが、いざ、現像してみると、フィルムとは全く別物。どっちが良い悪いでは無く、全く別物です。

例えばこの写真。とりあえず、このように白黒現像してみましたが、どんなイメージの白黒写真にも変わります。その場の雰囲気と全く異なったイメージにもすることが出来ます。

Imgp1827_w_2
実際の状況はこんな感じでした。同時記録したJPEGをリサイズしただけです。森の中にふわっとした感じで彼岸花が咲いていたので、古いレンズの絞りを開放にして、そのイメージを残しております。カラーはいじりすぎると変になる一方ですが、白黒だとかなりいじっても妙に受け入れられる画像になるのが不思議です。

Imgp1827_w1_2

| | コメント (8)

2012年9月25日 (火)

新橋古本市2012.9

20120925_182153_w


昨日の月曜日から今度の土曜日まで、新橋駅前のSL広場で恒例の古本市が開催されております。

ひところ、もう、欲しい古本が無いとぼやいておりましたが、今回は5冊も買い込みました。秋であることが影響しているかも。

20120925_213107_w


昔の駅の写真集を2冊。「日本の美女」はこれまで日本の芸術作品に登場した女性の表現の歴史みたいな本。グレングールドの研究本。1969年の道路地図。

20120925_182953_w


特に「グレン・グールド大研究」は写真も、石森章太郎の漫画も掲載されていて、個人的に掘り出し物。グールドの研究本は他にもでていたので、誰かまとめて売ったものかも。本当は全部欲しかったのですが、置き場所も無いので我慢しました。

道路地図は、関東、東北地方のページがどっさり抜けていたので、300円のところ100円にしてもらったのは良いものの、不ぞろいの地図って、どこか間が抜けてますね。それでも古い道路や線路が確認できるのは嬉しいなぁ。

| | コメント (2)

2012年9月23日 (日)

漫画カメラ

_13_2


今週末はお天気も悪く、格好の内向オタク趣味日和でしたね。

と、言う訳で今週は嵌っていたのが、Iphoneアプリの「漫画カメラ」。

撮影した写真に特殊な電子フィルターをかけて遊ぶアプリは多いのですが、ちょっとこれは傑作。

各種の背景が用意されているだけでなく、セリフまであるので、それにあわせた写真をイメージする、という遊びが出来ます。

「お題」をいただいてフォトコンテストに応募する要領ですね。

フォトコンテストは嫌いですが、お題をもらって写真を撮るのは大好きです。週末は部屋に篭って、Iphoneで自分を撮って遊んでおりました。

写真は撮るくせに、自分の写真は嫌いで、記念写真もほとんど無い私ですが、Iphoneを反対にしてブラインドシャッターを切るのは楽しい。ちょっとこの暗い一人遊びから抜けられそうにありません。

_15

_11


_21


_16

_22

| | コメント (6)

2012年9月17日 (月)

街の自転車屋

Dsc01350_w


街の中で古い自転車屋を見かけるとワクワクします。店のなかでおじいさんが油まみれになって自転車のメンテナンスなんかしていたら、もう、たまりません。

自転車屋もホームセンターで大量のママチャリを売るようになってから、一度は寂れた感がありますが、ある店はマニアック路線へ転換し、またある店はメンテナンスに徹することで街に根ざして営業を続けております。

私は、こういう自転車屋を見かけると、用も無いのに、「空気入れ貸して」、と、20円用意しては、古ぼけたコンプレッサーの自動販売空気入れを借りながら、店の中の様子を伺うのが好きなのです。

工具や油、ぼろきれの配置、こういうものが微妙に配置されております。店のオヤジの性格によって几帳面に整頓しているケース、割とルーズに置かれているケースと、まちまちではありますが、いづれの場合でも、とても人間くさい、温かみのある鈍い光を発しております。本当、たまりません。

今日は自転車がパンクしていたので、祝日でも空いている自転車屋を車でさがしました。自転車屋がありそうなところは感で解ります。

私が入ったときはオジサンも暇そうでしたが、私のパンクの修理が終わる頃になると、ワラワラとおじさんたちが方々から自転車を押してやって来ました。みんなパンクの修理。どうしたのでしょうね。

猛烈な暑さから開放されかけて、自転車に乗ろうとしたらパンクしていたのでしょうか。

Dsc01353_w


パンクを直す自転車屋のオヤジを囲むように覗き込むオヤジ達の姿。ちょっとタイムスリップした感があって、たまらない景色でしょう。

| | コメント (4)

2012年9月16日 (日)

ビーチコウミング

Dsc01145_w


Camera : Nex-7, Lens : E18-200

今年は秋田も夏が長く、未だに30度を超える日が続いておるようです。

でも、さすがにカレンダーは初秋、海水浴場に行っても人っ子一人おりません。海水はまだ暖かいので、泳がなくても水辺で遊べそうなものなのに、だーれもおりません。

実は、私、こんな海水浴場が大好きであります。特に水着のおねーさんがどーでもよくなってからはこの傾向に拍車がかかりました。

こんなだーれも居ない海水浴場での楽しみは、ビーチコウミング。砂浜に落ちているものを観察して歩くことです。

最近は、日本海にはハングル語の入ったプラスティックのかけらが漂流しており、ちょっとゲンナリではありますが、そういうものを見なかったことにすれば砂浜にはいろいろな宝物が落ちております。

貝殻、石、ビーチグラス、流木、あるときは見たことの無い魚の死骸とか。

こういうものを探しながら浜辺を散歩していると、いつまでも飽きない。

そうしている内に、向こうからビーチコウミングをしている団体さんがやって来ました。

千鳥の仲間ですか?私の知識ではそこまで、でも楽しい出合いでした。

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

国産の映画用フィルムが消えた

2009060022_w


Camera: Contax G1, lens: planar 45mm, Film : Reala 500D, 自家現像

今日のニュースにこんな記事がありました。

=>富士フイルムは12日、映画用フィルムの生産を終了することを明らかにした。制作現場や映画館ではデジタル化が進んでおり、フィルムの需要は減少の一途をたどっていた。今後、主な販売先である日米欧の映画会社などから最終注文を受け付け、来春ごろには販売を終える予定。映画用フィルムは1934年の創業時から生産してきたが、80年近い歴史に幕を閉じることになった。(時事通信)

寂しいですね。私は富士の映画用フィルムはリアラ500Dしか使ったことがありませんでしたが良いフィルムでした。

無くなるならエテルナも入手しておけば良かった。

映画の撮影用のフィルムはネガを使います。通常のネガフィルムとの違いは、バッキングという層があること。

現像する時にこのバッキングをいかに綺麗に除去するかがポイントでしたが、富士フィルムはコダックに比べて除去し易かった。

いまにしてみれば、良い思いでですね。

| | コメント (5)

2012年9月 9日 (日)

寒風沢島再訪

P1000451_w_2


初夏にボランティアに参加して稲を植えてきた田んぼを、もう一度見たくて寒風島によって来ました。

実は、田んぼの様子を見に行くだけと思っていたので、塩釜からフェリーに乗り、寒風沢島に着いたらダッシュで田んぼを見て、折り返しのフェリーに乗って帰るつもりだったのです。

ところが、いつものお約束の通り、帰りのフェリーにはちょっとの差で乗り遅れ、予定外に島を楽しむことになりました。

計算では充分のハズでしたが何故間に合わなかったのか.....後で写真のデータを見たらフェリーの到着がちょっと遅れていたようです。時間を見ないでとにかくダッシュした私のミス.......いつもの事です。

せっかくなので、予定外に撮った写真でも。

P1000455_w


盆栽が趣味の家。よく流されずに済みましたね。良かった。

P1000458_w


クマの木彫りだけが残りました。

Dsc01024_w


島には地蔵様がいっぱい。

Dsc01040_w


ボタンクザギの蜜を吸うクロアゲハ、それを狙う蟷螂

Dsc01061_w


田植えをした田んぼの先は海水浴場

Dsc01072_w


反対側の田んぼは堤防が決壊し海水に浸されたまま、復旧工事が続いております

P1000503_w


やっと帰りのフェリーに乗りました(写真は寒風沢島の港ではないけど)

P1000572_w_2


かっぱえびせん、の正しい使い方。

今日は、本当に良い日でした。ツイテたなぁ。

| | コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

本日気になった事

P1000439_w


木曜から日曜まで新橋のSL広場で、全国うまいもの市?みたいなものをやっております。

各地の地酒とか名産品を、お土産とするか、または買い食いも出来るイベントであります。

こんなイベントでへべれけになるまで食い、飲むのは、下品と思いつつ、いつもはまってしまいます。

ところで、今回心配だったのは、いわきの焼きウニにイマイチ人がたかっていなかったこと。確かに他の出し物にくらべちょっと値段がはることもあるでしょう。でもそれだけでしょうか。風評被害はしばらく続いてしまうのかも知れません。

P1000433_w


私?もちろんいただきました。美味しかったですよ。

| | コメント (2)

2012年9月 2日 (日)

ツエルマットのGornergraに初雪か

1346571102716_w


私の大好きなAndroidアプリに「Worldscope Webcams」があります。これは世界中のWebカメラが見れるアプリケーションなのですが、とりわけ好きなWebカメラはZermattのGornergra駅近に設置されているWebカメラ。

私の日課はこのアプリでマッターホルンの毎日の様子をチェックする事。

山の景色は毎日、その瞬間ごとに違うので飽きることは無いのですが、山と言ってもあのマッターホルン。マッターホルンの今を日本に居ながらにして見れるなんて、本当に素敵なことです。

昨日は一日荒天で何も見れなかったので、もしやと思って現地時間の朝の様子を見てみたら、一面、白銀の世界。初雪が降ったのでしょう。

東京はまだまだ残暑が厳しいですが、寒い季節は高山から、そして北から確実に近づいているのですね。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »