« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

今月のヤマトタケル

Dsc_0178_w


今月は四代目市川猿之助の襲名興行があり、千秋楽のヤマトタケルを見てまいりました。口上で新猿之助丈が言っていたとおり、この演目は7月にも続けて上演されるので、千秋楽のような気がしない千秋楽ではありました。

それでも千秋楽のチケットを確保したのは、カーテンコールで二代目猿翁丈が登場するであろうと言う、期待の為。もっとも、今月は千秋楽でなくとも随分お出ましになられたそうですが。

前回、ヤマトタケルを観劇したのは、平成7年の4月と5月の公演。今から17年も前だったことに改めてびっくりしますが、その時でさえ、待ちに待った再演

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! と思ったものです。

初演は昭和61年の2月。あの頃自分は何をしていたんだろう。東京には居たハズ。結婚するとかしないとか、今にして思えば、バカなことにエネルギーを費やしていたのかも。ただ世間の片隅で眺めた新聞や雑誌に掲載された記事は、私の脳みそに潜在的に刷り込まれていたでしょう。

その後、平成の御世となり、私が歌舞伎を見始め、いつか返さねばならない借り、みたいにこの芝居の観劇希望は私の中で沸々としておりました。やっと希望が果たせた訳ですが、その時のインパクトは大きかった。江戸時代の情熱で現代に歌舞伎が生まれたら、まさにこれ。各種のエピソード、趣向を盛りながらストーリーの流れは一貫し破綻が無く、美術的、音楽的にも申し分無し。カーテンコールでは美しさで涙がこぼれた。

その時のインパクトが大きすぎたせいか、その後右近丈や段治郎丈が演じた再演には行かずじまい。お芝居ってテレビや映画とは別です。ある瞬間を脳みそが味わうと、それを保護しようとして、記憶を塗り替える要素があるものを、新たに受け入れるには、覚悟が必要になるのです。

しかし、実際は、脳みそなんてフレキシブルですから、新たなものをわりとたやすく、そして楽しく受け入れてしまいます。今回の観劇もそうでした。

四代目猿之助の口跡は、口上では三代目がしゃべっているのかと思うほどそっくり。内容も。逆に、固定されている劇中の台詞では、先代との違いが楽しめました。

歌舞伎は同じ演目を繰り返しても、演じる役者が異なれば印象も変わり、いつまでも楽しめる、と言いますが、その通りでしょう。今後、四代目市川猿之助でこの素晴らしい戯曲が続くことを期待します。

こんなことなら、右近丈や段治郎丈のヤマトタケルも見れば良かったなぁ。この次、機会があれば、今度は逃しません。

| | コメント (4)

2012年6月23日 (土)

鳥さんも撮れるポケットコンデジ

P1000048_w


camera: Lumix TZ-30

長らく愛用していたFinpix F70を水没事故で失ってしまい、ポケットに入るコンパクトデジカメを探しておりました。

最近のコンデジは素子が小さくなっている割に画素が増えて、いまひとつです。Sonyから1インチのコンデジが出るというニュースはありましたが、待ちきれず、TZ-30を買ってしまいました。

このカメラは高倍率ズームレンズ付コンデジの中で一番小型であることと、USB充電が決め手です。コンデジの望遠は、期待してはならないと思いながらもあれば便利です。メモ代わりに使うとしても、裸眼では確認出来ない距離の文字も、このコンデジを使えば判別することが出来ます。

表題の写真は、このカメラの最大ズームを使って撮ったアオサギさん。何か獲物を見つけてロックオン状況にあります。

いかに人を恐れないアオサギさんでも近づくには限度があり、狩りの邪魔をする訳には行きませんから、35mm換算で480mmの望遠は便利です。

EDレンズを2枚使用している為か、この倍率でも色収差はほとんど気になりません。

胸ポケットからカメラを出して、何気なく野鳥を撮れてしまう、なんて素敵なことが出来るようになりました。

| | コメント (6)

2012年6月21日 (木)

院内油田

P1000120_w


Camera: Lumix TZ-30

奥羽本線の秋田県と山形県の県境に院内という駅があります。この地名はまた院内銀山のあったところとしても有名です。

ところで、院内油田と言う、かつては日本最大級の油田も秋田にありました。山中に点在する油井にはワイヤーが張り巡らされ、巨大な集中動力から動力が伝達されていた、古典的かつ大仕掛けな油田でありました。

実は、私は、この院内油田も奥羽本線の院内駅の近くにあるものとばっかり思っており、院内駅を通過する度に「何時か行かねば」と思いを馳せ、山々を見回しておりました。

ところがひょんなことから、院内油田の院内とは、秋田県にかほ市にある地域の名であることを知りました。大好きな土田牧場のあるにかほ高原のふもとです。

ちょっと考えてみれば、当たり前の話で、銀を掘りながら油を掬っていたなんて話、聞いたことがありません。

私の場合、ウチに秘めた「鉄分」が冷静な理解を妨げているのでしょうね。

P1000123_w


ところで、院内油田の跡地ですが、なかなか立派に整備されておりました。アプローチも狭いながら舗装されております。ポンピングパワーもきちんと保存されておりました。院内油田の命は、写真で確認できる平ギアーと平ベルトで、この巨大ギアで強力なトルクのピストン運動をつくり、ワイヤーで各方向へ伝達し100基以上の油井に伝え原油をくみ上げておりました。

最近、佐渡の海底に油田が見つかった、とかいうニュースが流れました。改めてGoogleマップを見てみると、同じような形状の地形は秋田沖にもありそうです。かつては浅瀬で小規模ながらも海底油田があったのだから、深度を下げれば秋田沖にも海底油田が見つかってもよさそうなものですが、どうでしょう。

| | コメント (0)

2012年6月18日 (月)

大人の休日的、銀河ドリーム号

Imgp1765_w


Camera : Pentax 645D, Lens: FA 80-160mm

週末は大人の休日切符を使って、銀河ドリーム号を楽しんで来ました。銀河ドリーム号はD51498号が北上から釜石まで2日で1往復するイベント列車で、今週末まで走り、大人の休日切符と重なってくれました。

釜石線にSLのイベント列車が走るのは実に久しぶりです。噂では、地元の人たちが列車を撮影する、いわゆる撮鉄にうんざりして中止していたとか。それが、今回の震災と岩手DCによって看板列車として復活したとか。

噂はともかく、地元の人が撮鉄にうんざりなのは、よく解ります。

表題の写真はこの沿線で最も有名はお立ち台からですが、三脚を構えたオヤジたちから地元のオバサン、子供に怒号が飛び交っておりました。私は、土手に座っていたので、怒鳴られたオバサンを招いて一緒に撮影しました。「偉そうなバカは何処にもいるから、気にしないで」と。でも、その偉そうなバカはよそモンなんですよ。

このお立ち台は道の駅なので、駐車スペースは充分です。しかし、ここから車で追っかける人たちで、道路はパニックになります。

でも、そんなに急がなくても、この列車は遠野で長い時間停車するので、充分追いつきます。

Imgp1776_w


次にやってきたのは、上有住。列車の撮影地としてはマイナーですが。今回はここから列車に乗ります。指定券は遠野から釜石まで取れたのですが、せっかくだからめがね橋で撮影したかったので、遠野の長停を利用して、ここで追いついて乗ることにしたのです。

銀河ドリーム号も撮影地では怒号が飛び交い、雰囲気は悪いですが、乗ってしまえば、とても良い感じです。乗客と沿線の人たちが手を振り合える機会は良いもんです。企画は悪くありません。

あとはこの撮鉄をどうするかですね。例えばSLを黄色に塗ってみるとか、字を書いてしまうとか。昔、北海道にあったゼブラの蒸気機関車とか、昔の春闘の時の「団結」号のように。そうすれば、二割くらいは減ると思います。

P1000098_w


今回撮った写真の中で一番お気に入りがこれ。ちなみに私自身ではありません。私の向かいに座っておられた方です。今回は幸いなことに母親が付き合ってくれたので、私は家族旅行のように見られたハズ。でも、セルフポートレートのつもりでこの写真は撮りました。

| | コメント (0)

2012年6月10日 (日)

田植えのヴォランティア

Dsc_0168_w


微妙なヴォランティアでしたが、週末、田植えに行ってまいりました。

微妙な、と書いたのは、このヴォランティア話は、NPO→NPO→旅行代理店→企業と回ってきたモノのようである事。なんとなく各所の思惑が見え隠れするようであります。

ただ、確固としたところは、このような話は、全くあったほうが良い。

かすかでも地元への貢献が出来、苗も田んぼに植えられ、後は.....経済的にそれなりの貢献が各所に出来た。こうして、ヴォランティアの裾野も確実に広がって行く事もありましょう。

写真は「代掻き」をしているところです。代掻きは田んぼの整地が目的ですが、ここでは用水が無いため、雨水を冬から田んぼに溜めております。人間が歩くことによって、整地とメタンガス抜きが出来るそうです。

今回の作業で、素朴に疑問に思ったのが、この作業。ここは小型の耕運機で事前にやっておれば、もっと綺麗に手植えが出来たのではなかったかと思われます。小型の耕運機であれば、深耕しすぎて粘土質を壊すこともないでしょうから、平坦に代掻きする為には効果的なハズ。小型耕運機も借りられない状態なら仕方ありませんけど、趣味的な選択だとヴォランティアの士気も下がってしまいます。

手植えの方法は、間縄を使って苗の位地をきめる前進方式。東北のやり方という事ですが、少なくとも私の育った時代の秋田は、田植え定規を使って、土壌にマークをつける後退方式でした。

当時は苗代で、苗を育て、苗を束ねて腰につけておりましたので、今のように苗をプラスティックのプレートで育て、そこから抜き取って植える方法では前進式の方が合理的なのかも知れません。

間縄を使って田植えをする場合、大人数が横一線に並ぶ必要があるので、このようなヴォランティアは有効な方法でしょう。

せっかく植えた苗なので、丈夫に育ってくれることを願います。

| | コメント (4)

2012年6月 6日 (水)

ぎりぎり間に合った金星通過

Dsc04745_w1


Camera : NEX-5, Lens : Hartblei 500mm F8

ここ数日、天気図を眺めてはため息をついておりました。「めぐり合わせが悪くなってきた」「最近の行いの中で何が一番悪かったのだろう」なんて。

かなりの確率で、今日の金星の太陽面通過が雲で隠れてしまう。

思えば、この前の金環食も、月食も曇っていた。まだ入梅する前の横浜で、金環食なんて東京でさえ見れたのに、自分の居る所に限って雲が現われる、そんな疑いすら持ってしまいます。

確かに、ニワカ天体ファンだけど、人生最後の天体ショーなんだから、すっきり見せてくれても良いじゃないか、ケチ、と思う訳です。

案の定、本日の朝は雨。テレビでは好天の関西で金星が太陽の日輪の中に入った画像が流れました。幸いチャンスは数時間あるので、古いNEX-5にR72フィルターを装着したHartblei500mmをつけてカバンにしまいこみました。このセットならポーチにも入ってしまいますので、歯磨きをするフリをして仕事を抜け出し、手軽に太陽の写真も撮れるというものです。

日中も雨や曇りが続き諦めかけた1時半頃、ようやく雲が薄くなりました。慌てて外に飛び出し、雲の切れ間からお日様がのぞいたところをパチリ。

R72をつけた500mmのレンズなんて真っ暗です。雲に太陽が隠れているうちは何も見えません。太陽が顔をだせばかろうじて像を確認できますが、もともとこのパチモンミラーレンズの焦点距離は600mmを超えていますから、換算で1000mm、手持ちですからほとんど感に頼った撮影になります。もちろん金星なんて確認出来ません。

ただ、太陽面を出る時間は解っておりますから、太陽さえ写れば確実に金星の影があるハズ。表の見づらい状況でプレビューを見て、赤い太陽を確認し、後はゆっくり暗いトイレで金星の影を確認できました。ニヤけた顔をして残りの仕事を流せば、本日は好日のまま終了です。

ところで、フォトショップのオートで画像修正したら下のような絵になりました。R72フィルター使っていたし。ちょっと面白でしょ。

Dsc04745_w

| | コメント (5)

2012年6月 3日 (日)

田植え道具?

Dscf3400_w


被災地で田植えのボランティアが出来ると知って、喜んで申し込みました。これは、田舎育ちの私にぴったりの仕事ではないかと。実際、私は子供の頃、手植えの田植えを手伝ったことがあります。

ところが、ボランティアの案内書が届いてびっくり。鉄板の靴底か、それを仕込んである安全長靴とゴムびきの軍手は必須。事前に用意しなくてはなりません。自分の記憶にある、のどかな田植え姿とは随分かけ離れてきました。

ちょっと考えればあたりまえの事。津波の被害にあった田んぼでは、硝子の破片やら釘やらが漂着していてもおかしくありません。田植え一つにこれだけの装備は最低必要なのです。被災地で通常の田植えが出来るようになるにはまだまだ先の話になるでしょう。

それにしても、安全長靴というものはなかなか重い。これを履いて泥田の中で行動するのは結構大変かも。都市化した中年オヤジにはなかなかシンドイ経験になりそうです。なにより足をひっぱらないようにしなくては。

いまさら筋トレは無理でも、出発まで節制した生活を送らないと..。

| | コメント (4)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »