« 義経千本桜の吉野山 | トップページ | その時、分厚い雲が »

2012年5月20日 (日)

全く同じボロ車を買うバカ

Dsc00599_w


先日、車が故障しそのまま、廃車になってしまいました。当家では車が必要な生活をしているため、しばらくレンタカーを使っておりましたが、ついに新しい車が納車されました。

14年式のモビリオスパイク。何のことは無い、廃車になった車と全く同年式、同型、同色であります。

何故そんな古い車をまた、買うかなぁ?と、家族にも友人にも散々バカにされましたが、車はこれしか知らないので仕方がありません。

それまで使っていた車が突然廃車になったので、新車を買って納車まで1月、なんていうオプションはありません。当然、現在存在する車が対象になる訳ですが、車なんて詳しくありませんから、それまで乗っていた車を探す。自分的には至極当然の事でありました。

幸い、ネットで調べたら、東京に同じ車が売りに出ており、そのままネットでポチして終わりです。

いろいろな手続きを経て、本日納車となった訳でありますが、新横浜から町田を通って、小田急線の鶴川という駅に降り、そこからバスで車屋に向かいます。小田急線なんて、何年間も乗ったことが無い私にしてみれば、車を取りに行くといっても旅情気分満載です。

こうして交通機関を乗り継いで車を取りに行く中で、ふと思い出しました。

そういえば、先代のモビリオスパイクの時は、新横浜から新幹線に乗って名古屋からさらに名鉄に乗り換えて車を探しに行たっけ。遠かった。それに比べたら、今回は近くて楽。自宅から2時間もかからないからね。ちょっと、オバカな話ではあるけれど。

|

« 義経千本桜の吉野山 | トップページ | その時、分厚い雲が »

コメント

そこまでモビリオという車に愛着があるとは、設計者もさぞや嬉しい事でしょう。

投稿: ら・ぺるら | 2012年5月21日 (月) 17時04分

ら・ぺるら さま今晩は

それまでは、ワーゲンキャンパーという車に乗っておりました。
あるとき、車の中に電気コタツを入れてオートキャンプをしたい!と思い立ち、探した車がコレでした。

当時、無改造でそんな願いをかなえてくれるのはコレしかなかった。そして、当時乗っていたタイプ1のワーゲンブルーにもっとも近い色をもつ国産車もこれしかなかった。

でも、当時でさえ、この色はディスコン。必死で中古車を探したものでした。

私には必要なもの、と思っております。

投稿: kk | 2012年5月21日 (月) 22時56分

うちの息子も高校卒業後から何十年ワーゲンばかりに乗っています。
仕事で遠出が多かった時期にやっと国産車に乗ったと思ったらスバルの「フォレスター」、水平対向4気筒らしかったです。
それも遠出の用がすんだらワーゲンバスに戻りました。

投稿: 610 | 2012年5月21日 (月) 23時13分

610 さま今晩は

610さまのところは、ワーゲンのモーターさえ巻きなおしてしまう超弩級のメカニックがいるから、ワーゲンバスでも全く無問題.....。

実は、私、ワーゲンで随分苦労しました。疲れ果てたところにやってきたのがモビリオスパイク。結果的に、この車も高速でエンコしてしまいましたが、走行距離の短い車に変えたのでまだまだいけます。

投稿: kk | 2012年5月21日 (月) 23時32分

お久しぶりです。やはり永年乗り馴れた車だったら買い替えの際も同じ車種がしっくり来ますよね。私も古いディーゼル車に乗ってますが何時まで乗れるか戦々恐々です。まあ手入れを怠らなければ長く乗れるでしょうけど。部品が何時まで有るのやらって感じですよね。

投稿: グライフ | 2012年5月22日 (火) 08時22分

グライフ さま今晩は

北海道にはディーゼル車が似合うような気がします。
もっとも、札幌ではそんなことは無いかも知れませんが。

北海道で身に着けた技「たとえ目的地が見えても急ぐな、
実はまだ遠い」でした。

投稿: kk | 2012年5月22日 (火) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 義経千本桜の吉野山 | トップページ | その時、分厚い雲が »