« perfection XR-1 現像液 | トップページ | ライトアップの無い浜離宮 »

2012年4月 5日 (木)

3日も死ねば慣れて来る

Dscf3275 自分だけは、漠然と、死ぬ日が解るのでは無いかと期待しております。

しかし、一方で不慮の事故に遭って亡くなった方のニュースを見ると、死期を悟るのは、自殺者を除けば何人も不可能なのでは無いかと思えます。

自分の思い込みは高慢な自分がなせる業であり、真実ではないでしょう。

そして、死期を悟れないとしたら、自分の場合、死期を迎えたら、後悔することは沢山あるでしょうね。

例えば......。PCに保存したあの画像、アレは削除しておきたかった。自分の生が続くと思っていたから、もったいなくて削除できなかったんだよ。死ぬと解っていれば、真っ先に削除してたんだよ......みたいな。

それでも、最近思います。突然死のショックはあるでしょうが、死んで三日目くらいになれば、全てのことは諦めて、許容して、慣れてゆくのでは....と。

あの頃はバカな事してたなぁ。でも楽しかったなぁ、と。

|

« perfection XR-1 現像液 | トップページ | ライトアップの無い浜離宮 »

コメント

へへ、わたしはお地蔵さん撮ったりして、削り作られ数百年、風化して最後には小さく割れちゃうんだけど、形らしく見える間は、生きている者が過去を思うために存在してるのかな?っておもいます。これは物側から見た場合。

逆に、死んだ側から見ますと、死んじゃったら脳もパソコンの火が消えるように土と化して、思いを繋げた物だけが残る・・・・だから、苦しい社会活動の合間の快楽こそに力を注ごうと自己中心的な生き方しちゃっています♪。

投稿: ら・ぺるら | 2012年4月 6日 (金) 11時52分

ら・ぺるら さま今晩は

=>苦しい社会活動の合間の快楽こそに力を注ごう

私も同じなんすけど、生に執着する為のおまじない、と思ってしょうもないものを保存していたりして、さらに悪い事に、その存在を忘れていたりしますから、困っております。

投稿: kk | 2012年4月 6日 (金) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« perfection XR-1 現像液 | トップページ | ライトアップの無い浜離宮 »