« 一月遅れの満開 | トップページ | perfection XR-1 現像液 »

2012年3月24日 (土)

横浜の一角の春

Dsc00310_w Camera : NEX-7, Lens : SEL18200

写真は風景を切り取って独立した世界を作るものですから、実は、写真と現実は大違い。写真は現実を映さないものなのです。

などと、大げさな事を書きましたが、表題の写真は私の家の近所。横浜の現代の写真です。

写真を見て、古の日本の、のどかな田園風景を想像してもらえれば、写真を撮った私の意図通りということになるでしょうか。

難点は、ファインダーに飛び込んできてくれた蝶々が、菜の花に止まるどころか高速でUターンしてしまい、役者が綺麗にそろわなかったところ。

写真は必ずしも全ての現実を映しません、が、そこに現実の一部が確固としてあるのも事実です。

この場所でカメラを構えて、蝶々でもやってこないかなぁと待つ間、菜の花の香りが漂い、小鳥のさえずりは聞こえ、陽光に背中を温めてもらって、私の気分は、まさに古の日本ののどかな田園風景にいたのですから。

|

« 一月遅れの満開 | トップページ | perfection XR-1 現像液 »

コメント

古民家を移築するか保存してあるのでしょうか、
いい風情のところに菜の花の満開だと役者はそろっていますね。
先日佐賀市で菜の花とぞっとするほどの土筆の群生を発見。
どちらも収穫して食べましたが風情がないなぁ。

投稿: 610 | 2012年3月24日 (土) 22時20分

610さま今晩は

ここは、古民家がそのまま資料館になっております。菜の花は道路を隔てた菜の花畑。おそらく若芽は野菜で使われ、残って花を咲かせているものは種を取るためでしょう。
実は、今日もこちらは肌寒い天候でした。

投稿: kk | 2012年3月24日 (土) 22時59分

北海道には茅葺き屋根や瓦屋根は少ないのでとても新鮮に見えます。被写体としても魅力的ですね。今年は雪解けも遅く今朝も雪が降りました。

投稿: グライフ | 2012年3月25日 (日) 08時59分

グライフ さま今晩は

茅葺屋根はもう保存家屋くらいしか残っておりませんが、瓦屋根は多いですね。実は秋田あたりで、もう瓦屋根は少なくなっていきます。

台風があまり来ない事と、雪が積もるので屋根の重みを嫌う為だと思います。

投稿: kk | 2012年3月25日 (日) 20時20分

菜の花の黄色がまぶしい一枚ですね。
こちらは昨日から春一番が吹き荒れて寒かったです。

投稿: ken | 2012年3月25日 (日) 20時28分

ken さま今晩は

こちらも昨日は寒うございました。
今年は花も遅く、春の訪れに焦らされている感じもしますね。

投稿: kk | 2012年3月26日 (月) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一月遅れの満開 | トップページ | perfection XR-1 現像液 »