« あけましておめでとうございます | トップページ | 大潟村冬景色 »

2012年1月 3日 (火)

おせちは、マンネリが一番かも

Dscf3130_w 表題の写真は、私が作った今年のおせち。それなりに凝ってみましたが、斬新なレシピは不評で、やはり、まんねりレシピが一番だったようです。

左の弁当箱には作ったものは、あわびの酒蒸しくらい、後はできあがりを買ったもの、かまぼこ、子持ち昆布、若桃煮、栗の渋皮煮、が入ってますが二の重のつもりです。二の重は本来は酢の物を詰めるらしいのですが、酢の物は別鉢にして自由に詰めてます。

真ん中が、一の重のつもり。丹波黒豆、伊達巻、椎茸の旨煮、海老の旨煮。定番通り5品です。黒豆は丹波の黒豆を関西炊きにしております。伊達巻は市販品は甘すぎるので自分で巻きます。海老は養殖ものでも車えびが美味しいし、何より綺麗ですね。

右が三の重のつもり。煮しめです。あわびの酒蒸しの蓋で使った昆布で鰊蕎麦用の鰊を巻いた昆布巻きも入ってます。この組み合わせが意外と合うからね。

左下は和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。和牛のほほ肉を山葡萄100%の赤ワインで煮込みました。付け合せに金時人参と使って、思いっきり和風。箸で持てる大きさで作りましたが、コラーゲンが固まって御節には不向きでした。お味は最高なんですがね。

その右はなます。私はゆずの果汁を加えて薄味で作ります。完全にサラダ化してます。

その右は栗きんとんですが、きんとん部分は生クリームとシロップ漬けの栗のシロップをつかって作ってあります。この栗きんとんは当家では定番です。

その他、白レバーのテリーヌを生クリーム入り、抜きで二種類作りましたがやはり、おせちにレバーは不評で、どちらも家族的にはボツ。クラッカーに少量を乗せて食べてもらいました。さらにアボガドとクリームチーズ、海老のテリーヌも作ったものの、これも合わないと不評。

さらに、牛スジの実山椒煮も作ったものの、これも不評。和牛のスジの綺麗なゼリーだったのですがね。どうもテリーヌやゼリー状のものは当家では好まれないようです。

結局、伝統的なレシピが一番ということなのでしょう。ちなみに、これらの正味期限は1日。黒豆以外、極薄味なので。

Dscf3126_w コラーゲンの為御節にはいまひとつでしたが、この組み合わせのホホ肉の赤ワイン煮込みは美味しいですよ。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 大潟村冬景色 »

コメント

今年も宜しくお願いします。凄いですね。kkさんプロなんですか?
私も料理作りますがここまでこった物は作りませんよ。牛のホホ肉は
旨いですよね。赤ワインかトマトソース煮込みくらいしか思いつきま
せんが・・・。そしてテリーヌまで作られるとは・・・恐れ入ります。

投稿: グライフ | 2012年1月 4日 (水) 08時58分

グライフ さま今晩は

あんなに美しい食材の写真を見た後で恥ずかしかったのですが、これも一つの記録かと。私はただの食いしん坊なデブオヤジです。

ホホ肉の赤ワイン煮込みは、月山ワインの山葡萄ワインを飲みながら思いつきました。
このワインは醗酵を半分で止めて、アルコール度は7%、山葡萄果汁のを残した状況で作られております。
いかにも和風の赤ワインで黒毛和牛のホホ肉のワイン煮込みを作ったら美味しいだろうなぁと。

見た目はちょっと失敗しましたが、味は最高。ほんの少量の塩と砂糖で味を調えただけ、あとは香辛料も使っておりません。

投稿: kk | 2012年1月 4日 (水) 20時35分

いやいや、十分美味しそうですよ。読んでるだけでも美味しさが想像出来ますね。ホホ肉って聞いただけで「あ、この人食通だ」って判りましたよ。ハーブを擦りおろして煮込むとオリジナルな味になってイイですよ。無難なのは月桂樹、バジル、辺りですね。

投稿: グライフ | 2012年1月 5日 (木) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます | トップページ | 大潟村冬景色 »