« 大人の休日パスで帰省 | トップページ | ファインダーが欲しかった »

2012年1月28日 (土)

炭住に積もる雪

Imgp1263_w Camera : Pentax 645D, Lens : FA 35mm F3.5

前に、「雪は命の試金石みたいなものだ」と書いたことがあります。生きていて使われているものは雪を撥ね退け、そうでないものは、ただ雪に覆われていくばかり。とか。

ある意味それは正しいでしょう。こんな写真からでさえ居住部と非居住部が想像つきます。それにしても、今年の雪はちょっと辛すぎる。

ここは北海道の幾春別。写真は去年の暮れのものですが、現在はさらに積雪が進んでいるそうです。もともと雪が多いところですが、今年は異常です。

Imgp1268_w この住宅は、住友奔別炭鉱の炭坑住宅でしたが、現在、日本で最も当時の面影を保っている炭坑住宅だと思います。このような豪雪の中、空家になった住居の部分の除雪も気にしながら、毎日雪かきをしながら暮らして行くのは大変な事でしょう。

早く寒気が緩んで欲しい、そして春になって欲しい。そう切に願います。

|

« 大人の休日パスで帰省 | トップページ | ファインダーが欲しかった »

コメント

凄い雪ですね。
雪かき帰省お疲れ様です。
見てるだけの分には絵になってて良いのですが住まわれてる方は大変なんでしょうね。

投稿: ken | 2012年1月28日 (土) 18時43分

ken さま今晩は

この近くの岩見沢でラッセル車も立ち往生したとか、とにかく、この辺り今年はハンパでない雪の量です。

私も雪国育ちなので、雪は嫌です。早く春にならないかなぁ。

投稿: kk | 2012年1月28日 (土) 23時45分

九州では積もらずに雪が舞うだけでも大変な騒ぎにしますが・・・
このような過酷な世界で暮らすと人間の精神構造も変わるのではないかなぁと思います。

投稿: 610 | 2012年1月29日 (日) 15時33分

610 さま今晩は

雪国で一番トラブルになるのは、隣家の屋根の雪が落ちてきたり、駐車スペースに雪を投げられたり、春になれば融けてしまうようなものが全く洒落にならなトラブルの元になります。

それだけ、雪によってヒトは消耗させられるのですよ。

投稿: kk | 2012年1月29日 (日) 21時29分

まったく玄関が見えないということは、もう何方もお住まいではないのでしょうね。
雪に強いはずの雪国でも難儀する今冬は、やっぱり異常なんでしょうね。

↓日本海乗車が羨ましい・・・。

投稿: SCR | 2012年1月31日 (火) 12時09分

SCR さま今晩は

今年の雪は異常。量も凄いし、降ったら融けない。

昔、秋田の高校生は白鳥に乗って京都に修学旅行に出かけ、日本海で帰って来たものでした。とても懐かしい列車です。

投稿: kk | 2012年1月31日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大人の休日パスで帰省 | トップページ | ファインダーが欲しかった »