« 12月になった | トップページ | 皆既月食でした »

2011年12月 4日 (日)

Pentax 645 A35mm と FA35mm

Dsc00320_w 低気圧の悪天候の為、自宅に引きこもっておりましたが思うところがあって、Pentax645DでMFの35mmとAFの35mmを比較してみることにしました。

Pentax645の35mmもAF化される時に光学系も一新されていたレンズなのです。AFの35mmはHasselbladのDistagon40mmIFと比べても、開放以外は解像度に優れると評判のレンズですが、古いMFレンズも素晴らしいレンズでした。どう違うのか興味を持っておりました。

まず、スペックですがMFレンズは8郡9枚のレンズ構成で、フロート機能を持ち最短は30cmまで寄れるレンズです。

一方AFレンズは7郡10枚の構成で非球面レンズも使用したインナーフォーカスレンズです。これも最短は30cmまで寄れます。

表題の写真では、大きさが随分違うことが解ると思います。

この2つのレンズを解像度と被写界深度のバランスが最高と思われるF11で撮り比べてみたものが下の2枚。手持ち撮影であることと日差しが微妙に変わっていることは脳内補完して見てください。

Imgp1157_w Camera: Pentax 645D, Lens : SMC Pentax645 A35mm f3.5

Imgp1158_w Camera: Pentax 645D, Lens : SMC Pentax645 FA35mm f3.5

この2枚からでも、AFレンズはコントラストが高く、色も濃い目に出ていることが解ります。MFレンズも悪くはありませんがAFレンズが出来すぎな分古さを感じるかも知れません。ただ、MFレンズもAFレンズに比べてマイルドな分、下の部分拡大で確認できるように、色収差は目立たなくなります。上がMF下がAFです。

Imgp1157_w1

Imgp1158_w1

|

« 12月になった | トップページ | 皆既月食でした »

コメント

さすが、巨大な画像素子で比べると一目瞭然に判りますね。
ワタシの場合、色収差より奥になっている柿が気になって気になって・・笑
ワタシはMFしか持ってませんが、PENTA独特の色調がこのテストでよく解りました。

投稿: SCR | 2011年12月 5日 (月) 08時55分

SCR さま今晩は

645Dの色は何もいじらないと、緑が少し黄緑っぽくなる傾向があるみたいですね。
冬なんだから、もう少し緑が落ちて欲しいところです。

投稿: kk | 2011年12月 5日 (月) 19時58分

MFの方を持ってますがコントラストなど少し違うんですね。
まあ見なかったことにします(^^;)。

投稿: ken | 2011年12月 7日 (水) 22時16分

ken さま今晩は

MFも良いレンズですね。私ずーっとMFでした。
でもAFにはMFに無いヌケの良さがあり、貴重なレンズだと思います。

投稿: kk | 2011年12月 8日 (木) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月になった | トップページ | 皆既月食でした »