« 皆既月食でした | トップページ | 宴の後で »

2011年12月11日 (日)

Arsat 500mm F5.6 と Hartblei 500mm F8

日付が変わって、皆既月食は部分月食に変わりました。月の色も白色になりました。これだけ明るくなれば、Iso感度を上げれば手持ちでも月の撮影は可能になります。

昨日はダメだったミラーレンズ、私の持っているバージョンはArsatではなくHartblei(同じモノなんだけど)でも撮影が可能になりました。

二枚並べて表示してみます。ノートリミングです。上は昨日と同じArsat500mmF5.6。下のものはHartblei 500mm F8。一体ウクライナのレンズの焦点距離って何?というくらい、同じ500mmで大きさが違います。前に書いたことがありますが、Hartblei500mmF8のレンズは、実際には700mm弱F11くらいのレンズにアレンジされているのです。カメラはPentax645D。

Imgp1174_w

Imgp1184_w

|

« 皆既月食でした | トップページ | 宴の後で »

コメント

今回の皆既月食は天気に恵まれ、全国各所で楽しめた
様ですね。ウチは外に飛び出して子供と見ておりました。
レンズもさることながら、さすが645Dですね。
美しいなぁ・・・。

投稿: SCR | 2011年12月13日 (火) 17時42分

SCR さま今晩は

こんなコンディションで皆既月食を見たのは初めてで興奮しました。でも絵柄としては完全食から開けたあたりが一番綺麗だったかも....。撮ってません。涙

投稿: kk | 2011年12月14日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皆既月食でした | トップページ | 宴の後で »