« タイ洪水被害の影響 | トップページ | 証明写真のネガは何処へ »

2011年11月10日 (木)

出合い系物産展

Dsc00114_w Camera : NEX-5n, Lens : Zuiko Auto-W 21mm F2

今日から、新橋駅のSL広場で「出合い系」物産展が開かれております。要は全国から名産品を集めた物産展なのですが、お金を払って飲み食いが出来る、ところがミソでしょうか。試食、試飲じゃないですから、デキアガルまで飲むことが出来ますよ。

ここで、私が出会ったのは、月山ワイン。やまぶどうか、やまぶどうの交配種のワインを探していたので、まさに運命的な出会いでありました。月山ワインにはその両方があるのです。

私、アルコールは体質的に苦手ですが、お酒類の味は大好きなので、何時も悲劇が繰り返されます。

どうせ繰り返される悲劇ならば、日本産の葡萄から作ったワインと心中したい、もとい、限りあるアルコール耐性を日本産ワインに捧げたい訳です。

日本産のワインといっても日本で生産された葡萄から作られるワインは少数です。その少数のワインのなかでも、日本の気候に適したアメリカ系の葡萄で作られるワインが半数あり、続いて日本では栽培が難しかった欧州系の葡萄のワインがあります。そして、極少量に日本産の甲州種他で作られるワインが来るのです。

甲州種は白ワインを作る品種なので、日本原産の葡萄で赤ワインだとやまぶどうかやまぶどうの交配系になります。

やまぶどうは子供の頃よく採って食べたし、家ではぶどう酒も作っておりました。とても郷愁のある果実だし、ワインが作られているなら是非飲んで見たい、と思っておりました。

早速、やまぶどうの交配種である、「ヤマ ソーベニオン」で作ったワインを買って飲んでみましたが、なかなか行けますよ。ちょっと酸味が強いけど。やまぶどうの面影があって私的にはいい感じです。

|

« タイ洪水被害の影響 | トップページ | 証明写真のネガは何処へ »

コメント

良いものをみつけられましたねー。私、東京駅グランスタで山形県のワイナリーの方の試飲イベントを覗いてみました。月山周辺では意欲的な方が多いようでした。タケダワイナリーさんなどは放射性物質の自主検査をなさるなどそのご努力には頭の下がる思いです。酒は分別のある大人が飲むものであり、子供たちの口に届くこともないと思うのですが.......

投稿: ぐるぴん | 2011年11月11日 (金) 11時05分

ぐるぴん さま今晩は

日本のワインも随分美味しくなりましたね。
ウィスキーは良いものが出来るのにワインはダメだと思っておりました。
そんなに飲めない私は、これから先、国産ワインで充分です。

投稿: kk | 2011年11月11日 (金) 21時36分

商品を販売する側からすると、最高のチャンスですね。
試供ではなく、お金払ってもらってPRも出来るんだから
願ってもないことだと思います。
客側も珍しいものに出逢えるチャンス、まさに出会い系ですね。

投稿: SCR | 2011年11月12日 (土) 18時00分

SCR さま今晩は

私は、これまで営業的な仕事に就いたことはなく、出合いは全て負の意味合いだけなので、実感はいま一つ沸きません。
でも、ポジティブな出合いがしたいなぁ、と切実に願う毎日であります。

投稿: kk | 2011年11月13日 (日) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイ洪水被害の影響 | トップページ | 証明写真のネガは何処へ »