« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月26日 (土)

小さな木の実のイメージ

Dsc00281_w Camera : Nex-5n, Lens : E 16mm wide converter

秋になると、「小さな木の実」という歌のイメージで、景色を探している自分に気がつきます。「小さな木の実」はみんなの歌で流れていた歌で、こんな詩の歌です。

小さな手のひらに ひとつ
古ぼけた木の実 にぎりしめ
小さなあしあとが ひとつ
草原の中を 駆けてゆく

パパとふたりで 拾った
大切な木の実 にぎりしめ
ことしまた 秋の丘を
少年はひとり 駆けてゆく

小さな心に いつでも
しあわせな秋は あふれてる
風と良く晴れた空と
あたたかいパパの思い出と

坊や 強く生きるんだ
広いこの世界 お前のもの
ことしまた 秋がくると
木の実はささやく パパの言葉

なにかドラマを感じさせる詩でありますね。作詞は海野洋司さん。作曲はビゼーとありますが、オリジナルの曲からはかなり編曲されていて、石川皓也さんの編曲がこの曲のイメージを決めております。

ところで、私がこの曲のイメージの風景を探すようになった訳は、子供の頃この曲を口ずさみながら、近所の手形山という丘みたいな山で遊んでいたからで、その時の情景が私の原風景の一つになったためと思われます。

その頃は、その手形山も手入れの良い里山で、背の低い草に陽樹が点在し、日本海に沈む夕日が見れた。現在は手形山の景色も荒れてしまって、たまに帰って見て見ても、当時の風情は感じられません。

そのため、私は、各所で当時のイメージと近い景色を探してしまうようになったのでしょう。ちなみに表題の写真は近所の公園。横浜でも根岸の森林公園あたりは、もっとイメージに近いと思われます。

ところで、この曲のオリジナルのビゼーの曲は「美しきパースの娘」のセレナーデなのですが。これはこれで素晴らしい曲です。

フランス語の歌詞を超訳すると、「可愛いお嬢さん、窓を開けて姿を見せておくれ」となります。カレがカノジョの家の窓の下で歌う歌なのです。

「美しきパースの娘」は今で言うと、ラブコメのミュージカルみたいなものでしょうから。こんな歌詞の歌が出てくる場面もあるでしょう。

私は、ロベルト・アラーニャさんの録音で、オリジナルのビゼーのセレナーデを聞いたことがありますが、とても美しいフランス語の歌でした。彼の歌を聴いているとまた別の景色も見えてくる。それは「小さな木の実」とは全く別のものでありますが、日本以外では、そちらの景色の方が普通なのでしょうね。

| | コメント (2)

2011年11月22日 (火)

桂の葉の薫る季節

Dsc00261_w Camera : NEX-5n, Lens : E16mm + wide converter

横浜でもやっと桂の葉が落葉し始めて、香りが漂うようになりました。家の近所の公園でも先日の荒天で大量の落葉があり、桂の木が多く茂っているところは、メープルシロップのような香りに包まれております。

家の近所の公園はくぼ地になっているので、水分が多く桂の木も大木が林のようになっているところもあるのです。

ただ、油断していると鼻をつく匂いが風に乗ってきます。これはおなじように大木が林のようになっているイチョウから落ちたギンナンの匂い。

この公園にも晩秋の気配が漂いはじめました。

この日曜日は天気も回復し、シーズンも最後のほうになる外来魚の駆除キャンペーンをやっておりました。キャンペーンといっても、公園に遊びに来た人たちに釣竿を貸して、釣ってもらう訳ですが、日頃は釣りが禁止されている公園の池でおおぴらに釣りが出来るので結構にぎわっておりました。

Dsc00286_w

釣られてしまったブルーギルさん、モツゴさん、そしてアメリカザリガニさん、さようなら。

| | コメント (4)

2011年11月20日 (日)

秋田機関区の思い出ー扇形機関庫

20111116011_w Camera : Olympus Pen EE-2, lens : Zuiko 28mm f3.5, Light pan ss

秋田駅は、もともと久保田城の東南にあった沼を埋め立てて作られたせいか、駅の入り口は西側だけにあり、東側は機関区などの鉄道の裏方施設が置かれておりました。そしてそのさらに東側は一面の田んぼ。農家の家屋さえ無かったのは、このあたりが湿地帯であったからでしょう。

国土地理院の空中写真で1948年に米軍がこの辺りを撮ったものを見ることができますが、見事なまでに田んぼしかありません。そしてその田んぼの中にはデルタ線を確認することができます。

秋田駅には、機関車の転車台のほかにデルタ線まであったのです。デルタ線とは列車が編成ごと方向転換できるような、「人」の形をした線路のことです。それだけ東側には何も無かったということなのでしょう。

そのデルタ線の先端は現在の秋田銀行明田支店のあたりまで来るでしょうか。そしてそのデルタ線の底辺のちょっと上のあたりに転車台があり、その底辺あたりに扇形機関庫がありました。

現在の建物で言うとアルヴェの南端から駐車場にかけて、扇形機関庫と転車台があったと思われます。そして駐車場から南側の空き地?にかけて、給炭、給油、給水施設があったように記憶しております。

そしてNHKとそこから南側にかけて、昔は各種の職員用施設がありました。機関区の中の石炭の煙の匂い、油の匂い、そして職員用施設の浴場から流れる石鹸の匂い(蒸気機関車の乗務員には必須の施設です)が入り混じった匂いが機関区の匂いでした。

ところで、私が機関区に行くのは何時も午後。完全逆光になるので、扇形機関庫の全体が写った写真がありません。何線あったのでしょうね。あと、羽越本線が電化されてD51とC11が居なくなった後、ボイラー用?か何かで、9600が一台、ポツンと居た記憶があります。どなたか記憶を補完していただければ幸いです。

転車台をはさんで、西側が扇形機関庫、東側が青空駐機線、南北が通過線でした。ところで、一番手前のジョイントがデルタ線の名残ではないかと思っております。

20111118008_w

転車台に乗るのは機関車だけではありません。めずらしいキハ80の中間車の転車風景。先頭車が機関車の役割で、中間車を転車台に乗せます。

20111116016_w

| | コメント (2)

2011年11月17日 (木)

ライトパンSS

20111114007_w Camera : Olympus Pen EE-2, Lens : D Zuiko 28mm F3.5 Film : Light Pan SS

今は昔、ライトパンSSというフィルムがありました。おそらく当時手に入るフィルムでは最も安価なものであり、写真が好きな中学生にとっては唯一無二のフィルムでありました。
撮影枚数は16枚。当時のフィルムは12枚撮り、20枚撮り、36枚撮りと分かれておりましたから、ある意味、12枚撮りと20枚撮りフィルムの中間的位置づけであったのでしょうが、なんとも中途半端な撮影枚数です。

もっとも、今にして思うと、12.20.36という配列こそ不自然で、20枚撮りのフィルムはいろいろな意味で、巧妙に、フィルムメーカー、現像所に有利なように設定されていた枚数であるように思います。
ライトパンSSは撮影枚数を16枚に設定することで、20枚撮りから4枚足りない分以上の値引きをしていたとも思われます。販売していたのは愛光商会。フィルムメーカーでは無いので、自前の工場は無かったと思われます。それでも、このフィルムはMade in Japan。中身はフジフィルムのネオパンSSそのものか、その端切れか、無検査品かと言われておりました。

なにはともあれ、このフィルムはハーフ判のオリンパスペンEEー2では32枚撮れた。実際は16のABの後にE(Endの意味)ABがあったから34枚も撮れました。

表題の写真は羽越本線と並行して走る車。私はこの場所の、車から見える羽越本線の蒸気機関車が好きでした。この車からは今、私が乗っている蒸気機関車の牽く客車が見えているのだなぁ、と言う羨みの気持ちでシャッターを押したのだと思います。

向かった先は折渡信号所(当時)。ネガの傷は酷いですね。何故こんな所に向かったのか?多分、ここは秋田から南の羽越本線で最初にトンネルがあるところ。トンネルを抜ける蒸気機関車が見たかったのでしょう。もっと近くに海が見える場所がいっぱいあるにもかかわらず.....変な趣味でした。

20111114008_w

そんな変態中学生がこれ。このカットは過去に引き伸ばし機にかけたことも無かったので無傷で残っておりました。

20111114009_w

| | コメント (4)

2011年11月16日 (水)

タイムカプセルを目指していた

20111115010_w 実は、先日の同窓会をきっかけにフィルムをスキャンをしてから、ずーっと嵌ってスキャンしております。

何十年ぶりに初めて出会う、あの日、あの時、あの場所の光景。

まるでタイムカプセルを開けた時のようです。新鮮な驚き。

タイムカプセルとは小学生が絵とか作文とかカプセルに入れて、校庭かどこかに埋めて、20年後に掘り返して「いやー」、とか「うぉー」とか言い合う、あれの事ですよ。

私の場合、怠け者の性格が功を奏して、特別なことをしなくても、タイムカプセルがせんべいの缶で出来上がっていた訳です。

実際は、何の価値も無いどーでも良い写真だったりする訳ですが、私的には懐かしい写真ばかりです。

表題の写真も秋田が出身の人は懐かしいハズ。今は、千秋公園のお堀がこんなに凍ることも珍しいし、なにせ本金デパートとか「水族館」とか写ってますからね。

また、この写真の面白いとこは、何処からどう撮ったか謎な事。フィルムはフジクローム100、カメラはペンタックスSLであることははっきりしております。ある程度高いところから撮っているので、歩道橋からだと思いますが、その場合、結構な望遠レンズを使っているハズです。その当時私はサンズームしか望遠系の交換レンズは持っていなかったのですが、どうしてもこの写り方はサンズームとは思えないので、悩んでおります。

| | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

証明写真のネガは何処へ

201102008001_w 証明写真を撮ると、焼き増しの為に、写真屋さんはある期間はネガをとっておいたものと思われます。現在はデジタルデーターなので長期間の保存も可能ですが、写真のネガでは管理も大変なので、ある期間が過ぎたら廃棄していたでしょう。

ネガを長期間保存しても、こんな風に劣化するし....。もっとも、これは、ズボラな私が保存している35年前のネガではありますが。

この写真を見ると、このネガはおそらく高校2年の新学期。学生証に貼り付ける証明写真用に私が級友の写真を撮ったものだと思われます。私は男子のみのクラスでしたが、女性も写っているのはクラブが一緒だった為でしょう。

現在はデジカメで証明写真も簡単に撮れますが、昔は写真屋さんで撮ると、それなりに高価なもので、私が撮れば、級友はその費用をお小遣いに変えることが出来たのですね。ひょっとしたら、私も、この作業でお小遣いを稼いでいたのかも。

今、見ると、フィルムは懐かしいネオパンSSS。それも長巻から切り出したものです。現像はちょっと薄いようです....疲びたD76を使ったのかも。

でも、この後、トリミングして学生証用の写真を1枚ずつ焼いていたハズなので、当時は写真が好きだったのだなぁ、と思います。

ちなみに当時私の部屋には、押入れに引き伸ばし機を、ベットの下には全紙用のパットが置かれ、現像液と定着液にまみれて暮らしておりました。これは、当時の写真好きの少年の普通の生活ですが、今の少年は、たとえ写真が好きでも現像パットの上では寝ないでしょう。

ところで、今日、私がこの記事を書いているモチベーションは、昨日同窓会があり、懐かしい級友達と再会することが出来たからで、その想いをちょっとデフォルメして、写真のネガの記事として書いている訳です。

そこで、ついでにもう一枚。今度はKodakのPlus-x。フィルムベースはネオパンよりしっかりしているかも。

20111113003_w このネガは上のネガよりさらに1年前、新入生の頃、クラブの新入生歓迎登山のスナップです。あの日あの時こんなイメージの人が居た、みたいな人間の脳内フォトメモリーって意外と正確なのかも、なんて思います。

最後に、この記事で無断掲載された肖像の皆様。これらの肖像による、肖像権の侵害なんて、もう時効ですよね。きっと。

| | コメント (7)

2011年11月10日 (木)

出合い系物産展

Dsc00114_w Camera : NEX-5n, Lens : Zuiko Auto-W 21mm F2

今日から、新橋駅のSL広場で「出合い系」物産展が開かれております。要は全国から名産品を集めた物産展なのですが、お金を払って飲み食いが出来る、ところがミソでしょうか。試食、試飲じゃないですから、デキアガルまで飲むことが出来ますよ。

ここで、私が出会ったのは、月山ワイン。やまぶどうか、やまぶどうの交配種のワインを探していたので、まさに運命的な出会いでありました。月山ワインにはその両方があるのです。

私、アルコールは体質的に苦手ですが、お酒類の味は大好きなので、何時も悲劇が繰り返されます。

どうせ繰り返される悲劇ならば、日本産の葡萄から作ったワインと心中したい、もとい、限りあるアルコール耐性を日本産ワインに捧げたい訳です。

日本産のワインといっても日本で生産された葡萄から作られるワインは少数です。その少数のワインのなかでも、日本の気候に適したアメリカ系の葡萄で作られるワインが半数あり、続いて日本では栽培が難しかった欧州系の葡萄のワインがあります。そして、極少量に日本産の甲州種他で作られるワインが来るのです。

甲州種は白ワインを作る品種なので、日本原産の葡萄で赤ワインだとやまぶどうかやまぶどうの交配系になります。

やまぶどうは子供の頃よく採って食べたし、家ではぶどう酒も作っておりました。とても郷愁のある果実だし、ワインが作られているなら是非飲んで見たい、と思っておりました。

早速、やまぶどうの交配種である、「ヤマ ソーベニオン」で作ったワインを買って飲んでみましたが、なかなか行けますよ。ちょっと酸味が強いけど。やまぶどうの面影があって私的にはいい感じです。

| | コメント (4)

2011年11月 6日 (日)

タイ洪水被害の影響

Dsc04734_w タイの洪水で被害に遭っている方々にはお見舞い申し上げます。そしてこの洪水の被害は日本の各製造業にも被害を及ぼしているとか、本当に今年は受難の年でありました。

この洪水の影響で、私も、予定していたNEX-7の購入をあきらめ、代わりにNEX-5nを購入しました。NEXはタイで製造されており、NEX-7の販売の目処が立たなくなってしまった為です。

これは、販売延期がもともと悩んでいた事の後押しをしただけなのかも知れませんけど...。

NEX-7は久々に、デジカメの購入意欲を沸かせた素晴らしいカメラでありましたが、以下の点で問題もありました。

1.APS-Cのフォーマットに対して画素が多すぎる(これは魅力でもあるけど)

2.高感度がNEX-5nに対して劣る

ここで、私がこのカメラに期待することもまとめてみると、

1.しょぼいデジカメに見えるので、カメラを向けてもあまり警戒されない

2.ちょっとした動画も撮れる

3.古レンズ遊びの土台になる

4.各種の補助機能があるため、どんな状況でもとにかく写真は撮れる

5.パンケーキレンズをつけている分にはベストのポケットに入り、いつでも取り出しできる

こうしてみると、私の使い方でNEX-7の方が良いのは古レンズ遊びの時だけで、あとはNEX-5nと遜色ないことが解ります。高感度性能が良い分、私にはNEX-5nのほうが向いているかも知れない。

と、言うわけで買ってしまった以上、後はつべこべ言わず楽しむだけ。あめ色に変色しているためジャンクレンズ扱いになっていたG.Zuiko55mmF1.2をつけてみました。

デジカメはホワイトバランスを自動調整してくれるので、こんなレンズでも問題ありません。それにこのレンズ、大口径のわりに小型で、APS-Cのサイズでは収差も目立たず、NEX-5nにぴったりのレンズです。

Dsc00079_w Camera : NEX-5n, Lens : G.Zuiko 55mm F1.2 開放

Dsc00075_w_2 Camera : NEX-5n, Lens : G.Zuiko 55mm F1.2 開放

ところで、このバラはアンナ パブロア。何日も前から開花を楽しみにしておりました。せっかく開花したのに雨に打たれて可哀想。という訳で牛乳瓶みたいなものに生けてしまいました。こっちは無印のNEX-5。

Dsc04739_w Camera : NEX-5, Lens : Planar 45mm F2.8

| | コメント (3)

2011年11月 3日 (木)

ローズウォーターの香り

Dsc04733_w バラのエッセンシャルオイルのうち最も高級なものはオットーと言われる水蒸気蒸留法で抽出されるものです。しかし、この方法だとエッセンシャルオイルをIkg採るのに必要な花が3トンも要るとか。

バラの花の香りは夜明けの開花直後が一番高いので、香料つくりには、それを判別して人間の手で摘まれます。それにエッセンシャルオイルを作るバラは主に春咲きのロサ ダマッセナですから、春の一時期、恐ろしく労働集約的な作業でそれは作られていることになります。

ところで、水蒸気蒸留法でオイルを捕ると、副産物として冷却された水、フローラルウォーターが捕れます。もちろんそれも商品になりますが、オットーに比べると、非常に安価です。

油分として分離した香りと水中に残った香りですから、本当は成分が異なるのかも知れません。しかし分離しきれなかったエッセンシャルオイルの成分もフローラルウォーターに残っているわけですから、私に言わせれば、元の花の香りをより忠実に残しているのはフローラルウォーターのほうなんじゃないかなと思っております。

特にバラの場合、ローズウォーターの香りの方が優しく新鮮な感じがして、もとの花、ロサ ダマッセナの生花の香りに近いように思います。

ロサ ダマッセナの主要な生産地である、モロッコ、ブルガリア、トルコのローズウォーターを集めてみました。写真は左からこの順番に並んでおります。

実は、この3本は全く違った香りをもっておりちょっと驚きです。モロッコのものは蒸留水との事ですが、調香がされているかのように、ちょっと不自然に整ったダマスクの香りです。ブルガリアのものはいかにも大量に出た蒸留水を再蒸留して濃度を高めたような、濃くすこし荒い香りです。最後にトルコのものですが、これはちょっと製法が違うようです。副産物ではなく、主力製品として作っているもののようです。水は蒸留水ではなくイオン交換水、それにバラの抽出液を混ぜて作られております。香りは自然なバラの香りに最も近いものですが、香りの持続性はこの3本の中で一番低いようです。

それに、このローズウォーターだけは、はっきり食用に出来ることを箱に記されております。飲んでみると、ほのかに甘いのですが、イケナイモノを飲んでしまったような後ろめたい気分になります。

モロッコのものは外用のみとはっきり記入されております。飲んでみたって美味しくない。ちょっとエグイ感じだし、調香されたような香りでもあるので、深追いしません。

ブルガリアのものは外用のみとも書かれておりません。でも、エグ味が強すぎて飲めたものではありません。このままでは誤飲さえおこさないレベルです。

おそらく、トルコのこのメーカー(OTACI)のローズウォーターの水がイオン交換水なのは偶然では無く、飲めるローズウォーターを目指した結果なのだと思います。

| | コメント (4)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »