« 襲名興行のような當世流小栗判官 | トップページ | 2011コリアマダン »

2011年10月10日 (月)

開幕驚奇復讐譚に望む

20111010_w 今月は国立劇場で、「開幕驚奇復讐譚」が上演されております。これは、曲亭馬琴の「開巻驚奇侠客伝」を原作にした演目との事。

私は、菊之助丈が綺麗だったなぁと、楽しませてもらいました。

ただ、この題材は未完ながら面白く、もっとお芝居で見たい、そんな思いも強く残りました。

まず、この物語では主人公は二人。新田氏の末裔、新田小六と楠氏の末裔、姑摩姫です。そして裏スジの主役は木綿張荷二郎。

歌舞伎にはありがちですが、原作の主人公は話を繋げるための繋ぎ役みたいなもので、上演の限られた時間では人物を掘り下げられることはありません。その意味で、この芝居は姑摩姫と、木綿張荷二郎、そして魅力的な脇役として悪婆の長総のキャラが立つべきです。

ところが、今回のお芝居で残念だったことは、姑摩姫が良く見れなかった。

それは、姑摩姫が登場する吉野山中の場を芝居ではなく、幻想的なデフォルメで表現をした為だと思います。この場では両宙乗りがありますが、これは余計だった。宙乗りはある一定の効果はあると思いますが、そのデメリットも大きく、今回は客席が極端に少なくなり、また宙乗りに時間もかけすぎで、芝居がそこだけ間延びした感がありました。

それに、この宙乗りは姑摩姫が空中歩行の術を得とくしたことを表して行われましたが、せっかく得とくした空中歩行の術を、大詰めでも使って欲しかった。錦絵の姑摩姫にあるように、金閣寺の鏡湖池に浮いて義満を狙って欲しかった。屋根の上での殺陣も綺麗でしたが、せっかく残存する錦絵があるので、それを菊之助丈で現実に見せて欲しかったところです。

木綿張荷二郎は菊五郎丈ですから、手馴れたもので、木綿張荷二郎に関しては充分魅せてもらいました。

長総は、複雑な女で、最初は夫を諌める賢妻、夫が殺害されて逃げ出す時は夫への愛想尽かしがあったでしょうか。落ちて逃げる道行では若い従者の小夜二郎への思いもありますが一線は越えません。木綿張荷二郎と出会ってからは色欲が芽生え、小夜二郎と契りをかわそうとします。その、小夜二郎が惨殺されてからは、色欲がはっきり現われる。そして、木綿張荷二郎の妻になってからは、夫以上の悪党になる。

彼女は悪婆というより毒婦に近く、このキャラクターは魅力的です。原作では受身で変貌してゆくところを、今回のお芝居では主体性を持たせたということですが、これは素晴らしい解釈です。福助丈か玉三郎丈での長総も見てみたい。

今回は、復活狂言で美術的に随分凝っていたのだけれど、私が思うに肝心のところで効果がいまいちだった。それは小夜二郎がなぶり殺しにされる所。ここをもっと凄惨に照明効果を利かせて見せて欲しかった。

以上は私の勝手な感想ですが、このままではこの芝居は再演はありません。何より座席が少なくなりすぎますから。題材は面白いので、このあたりを整理して再演されることを願います。

Dscf2964_w_2

(仮花道?というか宙乗りの発射台)

Dscf2970_w_2

(覆われている部分は使用できない座席)

|

« 襲名興行のような當世流小栗判官 | トップページ | 2011コリアマダン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 襲名興行のような當世流小栗判官 | トップページ | 2011コリアマダン »