« 4000万画素でピンホール | トップページ | ローズウォーターの香り »

2011年10月30日 (日)

ちょっと改良

Imgp1129_w camera : Pentax 645D, Lens : Pin hole 73mm

昨日のピンホールレンズは、作例でもわかるように、ちょっと望遠気味で逆光にも弱かったので、Pentax645のボディキャップを利用して、ピンホールレンズを作り直しました。

Dsc04728_w

この場合の焦点距離は73mm程度。Petax645では標準レンズですが、Pentax645Dではちょっと長めの標準レンズになるかと思います。このカメラの構造的に、がんばればあと10mmくらいは焦点距離を詰めることが出来そうなのですが、それは今後の課題。

ピンホールカメラは、ピンホールとフィルムの距離により焦点距離が決まり、穴の大きさで明るさが決まります。だからと言ってどんなレンズでも出来る訳ではなく、ベストの組み合わせはあるものと思います。

Imgp1134_w 私は、ピンホールとフィルム面が短いほうが画像が鮮明であると信じているので、最初に短めに焦点距離を定め、焦点距離から逆算して適切と思われるピンホールの大きさを決めます。ですが実際は、何枚も作ってデキが良いものを選ぶという原始的な方法で、最終的なピンホールレンズが出来上がるのです。また、ここで問題になるのはピンホールを開ける素材の薄さ。焦点距離を短くするほど、素材の厚さで回折が起こり安くなる為、素材は薄いほうが良いのです。

今後焦点距離を短くする時にはもっと薄い素材を使えば良いですが、現在は73mm程度なので、既存のものを使用します。

結局ピンホール自体はかわりばえしませんが、それでも昨日のものより画像が少し改善した、と思うのですがどうでしょう。

Imgp1139_w

|

« 4000万画素でピンホール | トップページ | ローズウォーターの香り »

コメント

結構上手く写るんですね。
昨日のより解像感もアップしてると思います。

投稿: ken | 2011年10月30日 (日) 19時24分

Ken さま今晩は

Pentax645DのCCDでピンホールの特性をはじめて理解できた気がします。
今まで、良質なピンホールを使って、大判のフィルムを使えば硝子レンズに劣らない像が生まれるものと思っておりました。
ピンホールレンズは硝子レンズと全く別の性質です。硝子のレンズにはピント面があり、そこ以外は基本的にボケます。
ピンホールにはピント面が無い。全体が均等にボケます。
この全体が均等にボケるってことが面白さの秘訣かも。

投稿: kk | 2011年10月30日 (日) 20時46分

ピンホールカメラで何とか作画フレーミングが可能と云うのは素晴らしいですね。
ところで構造的にピンホール写真に合焦点は無いと思います。
光(結構波長幅がある)はピンホールを通り抜けると少しずつ拡散するので短焦点の方がピント面ではある程度有利でしょうね。
ピンホールの小さな穴は幾何学的に受光面に無限の数値を持って光を配達して行くので必ずボケが存在しますし広角の場合の正面ではない端っこの方では無限に薄くは無いピンホールの厚さが歪み(画像全体を指すものではない)を大きく作るのでしょうか。
ですからソフトフォーカスレンズのボケ味とは全く異質の、画面全体のどこにもピント位置のない画像が出来るのでしょう。
ある意味ポラロイド写真の解像力のなさと近似した特性を感じます。

投稿: 610 | 2011年10月31日 (月) 19時47分

610 さま今晩は

=>構造的にピンホール写真に合焦点は無い

ほんと、そうですね。これって、硝子レンズの写真を見慣れた人にとっては新鮮です。

ひょっとして、人間の目ってこんな風なのかも、とも思います。

レンズがあるから合焦するのでしょうが、実は、すごくピントが甘かったりして。

投稿: kk | 2011年10月31日 (月) 21時15分

人間はレンズを内蔵していますからピント合わせが出来ますね。
処でトンボの複眼などと云うのは意外とピンホールレンズなのかそれとも夫々レンズを持っているのか気になってきました。非常に狭視野の映像を正確に結像し、それを沢山位置ずらししながら自分に一番必要な情報を脳みそで絞り込むのか?
いずれにしてもピンホールは短波長側の単波長を通過させると(つまりブルー系)ボケが随分少なくなると思います。それもなるべく望遠側の方で効果大だと思いますがやってみた事はありませんw

投稿: 610 | 2011年11月 1日 (火) 23時19分

610 さま今晩は

=>ピンホールは短波長側の単波長を通過させると(つまりブルー系)ボケが随分少なくなる

ピンホールって色収差が無いのがちょっと新鮮です。パープルフリンジみたいなものが無いんですね。

投稿: kk | 2011年11月 2日 (水) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4000万画素でピンホール | トップページ | ローズウォーターの香り »