« セミドロップ | トップページ | ガチャポンの思い出 »

2011年7月 3日 (日)

VK70R + Pentax 645D

Dscf2287_w 表題の写真のレンズは、キヨハラソフトVK70RのPentax645マウントです。Pentax645のヘリコイド接写リングをパーツにした、素晴らしい造りのレンズです。もちろん、オリジナルのレンズですが、通常の35mm版一眼レフマウントのレンズと違うところは、絞りがF22まであることでしょうか。F22なんて、このレンズでは使うことはないでしょうけど。

キヨハラソフトと言うレンズは、清原光学がベスト・コダックの単玉レンズをモデルにして最新の技術で1985年に作ったソフトフォーカスレンズです。

ソフトフォーカスレンズの性格から、ちょっと望遠気味の焦点距離で使うのが普通ですが、このレンズはPentax645にマウントすることで、標準レンズの焦点距離のレンズとなっております。

清原光学は後年、35mm版一眼レフ用に標準レンズ域でVK50Rを出しておりますから、VK70Rが645にマウントされたのも、この流れかもしれません。

作例のうち、2枚目がF7までしぼっております。他は開放のF5です。

Camera : Pentax 645D, Lens : Kiyohara Kogaku VK70R

Imgp0546_w

Imgp0612_w

Imgp0623_w

|

« セミドロップ | トップページ | ガチャポンの思い出 »

コメント

 昨日は、netdandyさんに連れられて、麻布十番の田村写真で、1930年代に日本でピクトリアリズムとして重用された、雑巾がけという印画の処理手法を勉強しに行きました。KKさんは、この美しく白に滲むレンズをどういう表現を目的に手に入れられたのか解りませんけれども、これだけ面白しろそうなレンズであれば、現代のピクトリアリズムとして、面白い表現に使えそうです。

投稿: ら・ぺるら | 2011年7月 3日 (日) 22時57分

ら・ぺるら さま今晩は

私、子供の頃見た光景を写真に撮って残しておきたいと考えているのですが、その光景は自分的に、だんだん紗がかかって来てしまっております。
そのイメージを探すためにこのレンズで世界を見てみようとおもっております。

投稿: kk | 2011年7月 3日 (日) 23時26分

どうもソフトレレンズは苦手でございましたが、それは
銀塩での話。デジタルだと美しい絵になりますね。
3枚目など見入ってしまいました。

投稿: SCR | 2011年7月 3日 (日) 23時39分

SCR さま今晩は

銀塩だと、効果が確認できないので、絞りの調整が難しいですね。あと、ソフトフォーカスって透過光で見る写真の方が合っている気がします。

投稿: kk | 2011年7月 4日 (月) 20時59分

一枚目きらきら綺麗ですね。
上手いこと決まれば良い雰囲気になりそうですね。

投稿: ken | 2011年7月 4日 (月) 22時51分

Ken さま今晩は

このレンズ、思ったより解像してしまうので、綺麗に滲ませるには開放、せいぜい6が限度かも知れません。

使える絞りが限られると、被写体との距離感が難しいですね。

投稿: kk | 2011年7月 4日 (月) 23時47分

滲みが大変きれいなレンズですね。
うわさには聞いていましたが、実際に撮った画像をみたのは初めてです。

私もFuji GX680シリーズ用のフジノンソフトフォーカスレンズを所有しておりますが、一度も使ったことがありません。
外は暑いので、室内で花の写真でも撮ってみようかと思っております。

投稿: jun | 2011年7月 5日 (火) 00時32分

jun さま今晩は

GX680をお使いですか。体力ありますね。(^-^;

ソフトフォーカスは190mmでしたっけ。
全速シンクロしましたっけ。

私も、一度使ってみたいとは、思うのですが.....。

投稿: kk | 2011年7月 5日 (火) 21時57分

現物の写真をまじまじ見るのは初めてで,将に眼福です.
こんなに奥にセットされているとは.やはり中判用鏡胴は35mm用とはまるで違いますね.

35mm用の外側を見せていただき,長年の疑問が一目瞭然氷解しました.
やはり,かなりぐるぐる.
しかし,VK70やVK105に共通して,色彩の純度が良く,現物より鮮やかと思えるほどの輝きを感じます.単玉ならではの紫外線透過の影響があるのかないのか...
VK50は探しています.近頃ぱたっとみなくなりました.

逆に,VPK本来の絞り値付近まで絞り込んで,フードを外さないVPKの画像をシミュレートするのも乙ではないかとか.
意味ないかしら(汗

投稿: lensmania | 2011年7月 6日 (水) 01時00分

ソフトレンズにはいつも惑わされて、暫くすると熱が冷めてしまいます。
実際プリントしてみると同じ原画から引伸ばしサイズで雰囲気が変わるし、プリントサイズまで考えながら撮影するのに疲れますがデジタルですと絞りが明るくても高速シャッターが使えるので楽でしょうね。

投稿: 610 | 2011年7月 6日 (水) 21時20分

lensmania さま今晩は

確かにこのレンズの発色は鮮やかですね。単玉かつマルチコートだからなんでしょうね。

このレンズのぐるぐるボケは面白いような、厄介なような、ただ、ソフトフォーカスだから良しとしております。

610 さま今晩は

ソフトフォーカスレンズってデジタルの方が相性が良いと思います。レタッチで雰囲気を調整できますから。フィルムだと、効果の調整が大変だと思われます。

投稿: kk | 2011年7月 6日 (水) 21時49分

古いジャバラカメラのジャバラを切り取りデジカメのマウント部に取り付ければ面白い画像になるのではと思ってますが工作機械などあれば器用な人は作れるのでは。?
この様な隙間を狙った商売は結構バカにならず狙ってますが技術が供は無いのでダメですね。

投稿: 写真狂 | 2011年7月30日 (土) 10時04分

写真狂 さま今晩は

古いジャバラカメラのレンズって、結構優秀なので、デジタルにつけたら、きっちりと写ってしまう(^-^;

いっその事、自分でレンズを組んでしまったら、面白いかも。

実はケンコーのクローズアップレンズを組んで自作のソフトフォーカスレンズを作ったことがありました。

むちゃくちゃな写りですが、結構気に入っていたりして....。

投稿: kk | 2011年7月30日 (土) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミドロップ | トップページ | ガチャポンの思い出 »