« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

不道徳教育講座、面白いです

Epson2011731 私のイメージの三島由紀夫は、独特の美的感性が伺われるいくつかの小説の作家、そして、江戸歌舞伎の雰囲気を現代に伝えることが出来る歌舞伎の戯曲作家であり、「不道徳教育講座」のような洒落たエッセイがある事は、知りませんでした。

この本は1958年に書かれたものですが、今、引用しても、ハッとするような新鮮な感覚、知識、機知、ユーモアーが溢れております。なにより文章のリズムが明快で素晴らしい。本の内容は、各種の不道徳と思われている事柄に、さまざまな分析を加え逆説的な効果を見出していく、と言ったものです。

ところで、この本の出版は1969年であり、筆者のあとがきに、

「当時はすこぶる奇矯の言と思われたものが、十年後の今日では常識化しているというところに、読者は世相の推移を、本書を通じて、如実に感ずることができるかも知れない。」とあり、ある時代、非常識と思われたものが常識化し、今日、常識と思われていたものが、実は非常識と狂気に蝕まれてはいないと、誰も保障できない、としています。

また、「十年前の日本が今よりずっと「偽善」の横行していた社会だったと言う事である。その鼻持ちならない平和主義的偽善を打破するためには、こういう軽薄な逆説、多少品の悪い揶揄の精神が必要だった。」とし、軽い気持ちで、面白おかしく書いた気持ちの裏に重い苛立ちのあったことは否めない。とあります。

このあとがきから1年半で三島由紀夫は自決することになるのですが、このあとがきを書いている時点でも、偽善が横行した社会を感じ、苛立ちを持っていたのではないでしょうか。

この本が書かれてから50年後の今はどうでしょう、偽善はさらに進化しているように思います。この本の表紙カバーのデザインでさえ、現在真似るにはエネルギー不足と思えます。

| | コメント (0)

2011年7月30日 (土)

街の古本屋

Dsc04585_w camera : Nex-5, Lens : E16 f2.8 wide converter

私に言わせると、古本屋がある街に住むのと、古本屋が無い街に住むのでは、人生が違ってくる、なんて書くと大げさでしょうか。

でも、私は、自分が住む街に古本屋がある事で、恵まれていると思っているし、楽しくすごさせてもらっております。

古本屋はBookoffでも良いのですが、出来れば入り口のレジに座って、爺さんか婆さんが、老眼鏡をかけて、暇そうに古本を読んでいるような店があれば、最高です。

そして、そんな街の古本屋が置いてある本で、その街の民度さえ解る、なんて書いたら、妄想に近いでしょうか。

とにかく、私は、自分の街の古本屋が大好きです。

ところで、本日、表題の写真にある105円均一の本の中から、私が買った本は。

三島由紀夫 著 不道徳教育講座

山田勝 著 イギリス人の表と裏

牧羊子 著 おかず咄

あと、105円ではありませんが、「英国式 田舎のつくり方」という本も買ってます。

イギリス関係の本は、ちょっと前に図書館から「英国メイドの日常」を借りていて、その延長。

「不道徳教育講座」はちょっと立ち読みして、嵌ってしまったもの。

そして、「おかず咄」は、開高健さんの本からは絶対に推し知ることが出来ない、家庭料理の存在、みたいなものが新鮮に映ったからです。

これは、しばらく楽しめそう。

| | コメント (10)

2011年7月24日 (日)

Planar 45mm F2 + Nex-5

Dsc04564_w camera : Nex-5, Lens : Planar 45mm f2

コンタックスG1を使っていると、ピントが解らなくてもどかしくなります。AFですが、かなり外してくれるので、せめてファインダーでピントを確認させてくれれば良いのになぁ、と思うのです。

ただレンズが好きなので、このカメラは良く使っておりました。

この悩みを解決してくれるのが、NEXのMFアシスト機能。コンタックスGからNEXに変換する中国製のアダプターをつけて、コンタックスGのレンズをデジタルで使えます。例えば、標準レンズのPlanar 45mm F2をNEX-5に装着して、14倍でピントを確認すると、このレンズは惚れ惚れするくらい、きっちりと画像を素子に結んでいることが確認できます。

このアダプターは画期的でありますが、ちょっとピントリングがまわしにくいのが欠点で、NEX-5で使っていると、妙にコンタックスG1が恋しくなるのも真実です。素晴らしい性能のレンズをAFで使えることがコンタックスGシリーズの魅力でした。

まあ、あちらを立てればこちらが立たずと言う事で.....。

作例の写真は全て開放で撮っております。

Dsc04510_w

Dsc04551_w

Dsc04554_w

Dsc04569_w 

| | コメント (19)

2011年7月23日 (土)

カフェ ラテ

Dscf2319_w 最近、全くバラの記事は書いておりませんが、もう新しい品種を植えるスペースも無いし、バラは園芸趣味としてトラブルも起こしやすいので控えているのが実情です。

そのかわり、切花を買っては楽しんでおります。ただ、切花で残念な事は、香りの高い品種が少ないことで、私にとってバラの魅力は半減してしまいます。

そんな中、今日見つけた切りバラは変わっておりました。切り花用のバラとしては珍しくミルラ香をもっております。

ミルラ香とはイングリッシュローズによくある、乾いた感じのフルーツ香とスパイス香が混じったような香りです。

一輪一輪の香りは決して強くありませんが、切花だと群飾できるので、花瓶に生けると素晴らしい香りが漂ってきます。

花屋で見ると、くすんだ感じで貧弱に見えましたが、これでも立派なハイブリッド ティ。大輪の一輪咲きの性質です。

花色もくすんだ茶色に見えますが、よく見ると、裏側が黄色がかった薄ピンク、表が紫がかった薄ピンクという感じです。

一輪で飾るより郡飾むけの切りバラと思えます。

| | コメント (4)

2011年7月19日 (火)

シンテッポウユリ

Dsc04459_w Camera : Nex-5, Lens : Planar 45mm F2

シンテッポウユリは鉄砲ユリと高砂ユリの交配種です。しかし、シンテッポウユリというカテゴリーの中で交配、選抜が進み、シンテッポウユリという一つの品種のなかで、さらに各種の品種があります。

もともと、種を付け易い高砂ユリを片親に持ち、成長がはやく、種から育てても1年で開花に持っていけるユリですから、その中で選抜、交配が進むのも無理からぬ事です。

さらに、このユリの仲間にはマドンナリリーも居ります。マドンナリリーの血が少しでも混じれば、背が高く、開口部が広く、清清しい香りのユリが、丈夫で成長の早い、シンテッポウユリのなかに生まれることになります。

そうなると、もう、シンテッポウユリと一くくりには言えないのではないでしょうか。しかし、このユリの良さは種から育てることが出来、切花の値段も張らない庶民性にありますから、どんな品種が生まれても、シンテッポウユリとくくられることでしょう。

ひょっとしたら、これ以上楽しい園芸植物は無いかも知れません。密かに慎ましく、自分だけのシンテッポウユリを交配し、選抜して行ける訳ですから。

写真のシンテッポウユリも、上向きで開口部が広く、素晴らしい香りを夜間に放つものでした。

| | コメント (8)

2011年7月16日 (土)

FE 350mm F4 + Mutar 2x + Pentax 645D

Imgp0674_w Camera : Pentax 645D, Lens : Tele Tessar 350mm F4 FE + Mutar 2x

Zeissによると、Hasselbladのレンズの中で、最も過小評価されているレンズはTele Tessar 350mm F4なのだそうです。同じ焦点距離のTele Super Achromat 350mm F5.6に比べると可哀想なくらい、市場評価は低いです。

おそらく、これはCFE350mmを神格化しすぎた為であり、決してFE350mmF4が期待外れだったということではありません。

私に言わせれば、FE350mmF4は最高の望遠レンズの一つです。特にMutar2xとあわせて、700mmF8の望遠レンズにした状況では、これ以上のレンズは無いのでは無いかと思えます。

このレンズは開示しているMTFがどうであろうと、実感的にはF4の開放で最高の解像度が得られます。その状況の立体感やコントラストも素晴らしい。

これは、Mutar2xと合わせて、700mmF8として使った場合でも同じです。作例はいずれも、開放で手持ち撮影をしております。

望遠レンズの作例では、大気の状況が印象を左右してしまいますが、この月の作例も真夏のお昼に撮ったものであることを考慮して、素晴らしい解像をしているように思われます。

また、人気のない校舎の作例では、ローパスが無いPentax645DのCCDでもモアレの心配は要らないことも合わせて、良く解ると思います。

Imgp0681_w

| | コメント (7)

2011年7月12日 (火)

復興未だに進まず

Imgp0663_w Camera : Pentax 645D, Lens : FA 35mm F3.5

昨日のニュースで、気仙沼も一向に復興が進んでいない。というニュースがありましたが、まったくその通りです。

私は、政治の事はよく解りませんが、すくなくとも政治がダメだと国民は不幸だという事ははっきり解りました。震災から4ヶ月たって、この状況はあまりにもひどい。

気仙沼と近くの大島は、私が最も好きな場所の一つで、よく訪れたものです。今回の震災でどうなってしまったのか気になっておりましたが、非力なオジサンがボランティアに行っても邪魔になるだけ、と我慢しておりました。

今回、少しだけなら、そして名産品を買ってくるだけであれば、邪魔にはならず、少しは地元に役に立つかも、と思い気仙沼まで行って来たのです。

表題の気仙沼駅は街からちょっと外れた丘にあるので、全く被害が無いように思われます。実際、駅だけでなく、この辺りの建物は総じて問題なさそうです。揺れ自体はあまり大きく無かったとの事。

ところが、駅から降りて角を曲がったあたりから様相は一変します。街が信じられないくらい破壊されており、どういう力でどうしたらこうなるのか、理解できません。

気仙沼は裕福な港町で、立派な建物も沢山あったのに、すべて無残に破壊され、本当に残念です。この状況を見れば、海辺に住む事は、もう出来ないように思われます、明らかに地盤も沈下しているし。

相手が自然の猛威だけに、かつての街を再現するのは無理でも、今後、この土地で人々が安心して暮らして行けるよう、新しい街づくりが一刻も早く行われるよう、祈るばかりです。

| | コメント (2)

2011年7月 9日 (土)

ガチャポンの思い出

Imgp0627_w Camera : Pentax 645D, Lens : VK70R

子供の頃、母の実家に遊びに行くのが好きでした。そこは、古い農家で、入り口には馬屋、トイレとお風呂は家の中にこそありましたが土間に下りて下駄を履いて行く構造でした。

その家には、私と同い年の女の子の従兄弟が住んでおりましたが、大家族のなかで育ったせいか、私などよりはるかにしっかりとしており、姉の面影さえありました。

夏休みになると、何日か泊めてもらい、一緒に過ごしたものですが、今でも夏になるとその時の情景が目に浮かびます。

とりわけ懐かしいのが、スイカ割りの時の情景。

母の実家は海沿いにあったので、畑はみんな砂地、そんな畑のうちの一つがスイカ畑だったのです。そのスイカ畑からスイカを採ってきて従兄弟と縁側でスイカ割りをして遊んでいた時の情景です。

従兄弟に連れられて、松林の小道を歩いていくと、そこには白く乾いたスイカ畑があり、決して立派とは言えない貧弱そうなスイカがなっておりました。私と彼女は一つずつスイカを採って家に帰るのですが、私は両手で抱え、彼女はスカートの裾をちょっと上げ、ポケットを作って入れて運びました。今では、全く見かけませんが、昔は、少女はこんな風にスカートを利用していたのです。

松林の小道、ところどころに開ける砂地の畑、ガチャポンといわれる手漕ぎポンプ、貧弱な農作物、そんな景色の中で、快活な少女の後姿を追いながら、なんとなく幸せな自分が居た。

自分がささやかな幸せを感じていた情景なので、なんとか近いものを絵に残したい。そう思いつつ、海辺の村に行くたびにガチャポンと言われる手漕ぎポンプを探して来ました。ところが、思いのほか、手ごろなガチャポンは見つかりません。まあ、何時か見つかれば良いや、と思っておりました。

そんな時、たまたま母の実家に遊びに行った時、ガチャポンの話をすると、「ウチの畑にもまだあるよ」との事。

松林はすっかり切り開かれ、住宅街になってしまいましたが、そんな住宅の間に残った畑には、まだガチャポンは残っており、当時の面影もかすかに残っておりました。

Imgp0635_w

Imgp0642_w

| | コメント (5)

2011年7月 3日 (日)

VK70R + Pentax 645D

Dscf2287_w 表題の写真のレンズは、キヨハラソフトVK70RのPentax645マウントです。Pentax645のヘリコイド接写リングをパーツにした、素晴らしい造りのレンズです。もちろん、オリジナルのレンズですが、通常の35mm版一眼レフマウントのレンズと違うところは、絞りがF22まであることでしょうか。F22なんて、このレンズでは使うことはないでしょうけど。

キヨハラソフトと言うレンズは、清原光学がベスト・コダックの単玉レンズをモデルにして最新の技術で1985年に作ったソフトフォーカスレンズです。

ソフトフォーカスレンズの性格から、ちょっと望遠気味の焦点距離で使うのが普通ですが、このレンズはPentax645にマウントすることで、標準レンズの焦点距離のレンズとなっております。

清原光学は後年、35mm版一眼レフ用に標準レンズ域でVK50Rを出しておりますから、VK70Rが645にマウントされたのも、この流れかもしれません。

作例のうち、2枚目がF7までしぼっております。他は開放のF5です。

Camera : Pentax 645D, Lens : Kiyohara Kogaku VK70R

Imgp0546_w

Imgp0612_w

Imgp0623_w

| | コメント (13)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »