« 忍野八海で | トップページ | 六郷水門 »

2011年5月 5日 (木)

羽田界隈

Imgp9768_w Camera: Pentax 645D, Lens : FA45-85 f4.5

子供の日らしく、こいのぼりのある風景を探してきました。

場所は羽田。先日、車で通った時、こいのぼりに気がつきましたが、このあたりには車は全く停車できません。電車で再訪、天空橋で下車し歩きます。

この鳥居がかつて羽田空港の駐車場にあった事は、今では昔話になりました。かつての穴守稲荷の鳥居です。もともと羽田空港は米軍が民家のみならず、穴守稲荷までどかせて作ったものです。その時、旧穴守駅の前の鳥居だけ残したので、羽田空港の駐車場に鳥居が残ることになりました。鳥居が残ったいきさつには都市伝説が満載なのですが、詳しい理由は未だに謎です。結局、羽田空港の拡張の際、ここに移設されました。

この鳥居を見ている羽田六丁目のあたりは、未だに漁村の面影があります。

Imgp9773_w

このあたりから、昔の堤防が続きます。赤レンガで造られた優雅な堤防で、この堤防の左側は河川敷だったと思われます。

Imgp9790_w

このあたりは、当時の様子が一番残っているところだと思います。微妙なアールが優雅です。

Imgp9798_w

ところで、先ほどの鳥居だけ残した穴守稲荷ですが、羽田空港の建設の際、この場所に移転しております。

Imgp9818_w

お稲荷様に熱心に参拝する女性の姿はどことなくエキゾチックですね。他の神社ではそんなに感じないのに、です。

Imgp9828_w

|

« 忍野八海で | トップページ | 六郷水門 »

コメント

時々、時間の有るときはJR蒲田から京急バスで羽田空港に行くと
とても情緒のあるこの辺りを通過していきますね。
4枚目のあたり、フォトジェニックな雰囲気がムンムンしますね。

投稿: SCR | 2011年5月 5日 (木) 23時10分

SCR さま今晩は

昔の航空写真を見ると、この堤防の左側にも当時から建物があったようです。だらだらと、川に繋がっていたのでしょうね。

投稿: kk | 2011年5月 6日 (金) 00時30分

TVで詳しく放送していましたのでまるでまた行ってみたような懐かしさがあります。
米軍の立ち退き命令のときだったかその堤防の一角に木を植えた人がいてその木がちゃんと育っていたのを接収が解けてやっと再会したというような話も織り交ぜられていたようです(うろ覚え)

投稿: 610 | 2011年5月 6日 (金) 11時15分

610 さま今晩は

今の普天間と比べ、別世界の話ですよね。
でも、そのおかげで、東京に便利な空の玄関が出来た。

羽田空港2丁目あたりの歴代航空写真を見ると、1946年と1747年の間に劇的に変わっていることが良く解りますね。

投稿: kk | 2011年5月 6日 (金) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忍野八海で | トップページ | 六郷水門 »