« セシウムが混じっても風薫る五月 | トップページ | ブラックヴァイツェン »

2011年5月21日 (土)

みなと図書館

Dscf2020_w 人の幸せなんて、わりとささやかな事で、私は、今の時期、御成門のみなと図書館に寄り道して帰ることに幸せを感じております。

この時期は、写真のように隣接する公園のクスノキの大木が花を咲かせて、良い香りがあたりを漂っております。

東日本大震災の後、開館時間が短縮され、仕事帰りに寄る事が出来なくなっておりましたが、5月からまた元に戻って、立ち寄りが可能になりました。

図書館の蔵書というのは、どういう基準で決まるのか知りませんが、この図書館の蔵書は、センスが良い。少なくとも私の好みに完全に合致しております。

港区は一般的に図書館の利便が良く、みなと図書館のほかに高輪、三田図書館にも、帰宅途中に寄ることが出来るのですが、みなと図書館は図書館からの帰り道で、大門、浜松町あたりに魅力的な飲食店が多いのも、好きなところです。

|

« セシウムが混じっても風薫る五月 | トップページ | ブラックヴァイツェン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セシウムが混じっても風薫る五月 | トップページ | ブラックヴァイツェン »