« 500,000アクセス | トップページ | セシウムが混じっても風薫る五月 »

2011年5月14日 (土)

pentax 645D + Apo Arsat 500mm f5.6

Dscf2009_w 相変わらず、Pentax645Dと変なレンズの組み合わせで遊んでおります。

今回はApo Arsat 500mm F5.6。ウクライナのKiev 60、Pentacon Six用のレンズです。

このレンズは構成する2番目のレンズに特殊硝子を使った望遠レンズですが、完全に色収差は除去できていないにせよ、よく出来た望遠レンズです。

インナーフォーカスでピンと合わせも楽、この明るさだとPentax645Dのフォーカスエイドも良く効きます。

この焦点距離のレンズでは、軽いミラーレンズのHartblei 500mm F8のレンズを持っておりますが、ピント合わせに関して言えば、お話にならないくらい、こちらが楽です。

それに、このレンズは開放でも良い画質です。絞れば被写界深度が上がり、合焦部が広がり、ボケの部分で目立つ色ずれも少なくなりますが、合焦部ではあまり変化が見られません。

作例は、当家から10kmくらい離れた、東電の横浜火力発電所。今回の電力不足の局面でがんばってくれる事でしょう。NHKは福島は福島第一原子力発電所の映像を30km離れた所から撮っておりますが、解像感もよく、良い映像です。このレンズで対抗できると思えませんが、空気の揺らめきは差し引いて、割と良く写っていると思います。

Camera : Pentax 645D, Lens : Apo Arsat 500mm f5.6, F5.6

Imgp9970_w

Imgp9970_w1

Camera : Pentax 645D, Lens : Apo Arsat 500mm f5.6, F11

Imgp9971_w

|

« 500,000アクセス | トップページ | セシウムが混じっても風薫る五月 »

コメント

N○Kは国営放送だから税金使ってツァイスでも使ってるでしょうから解像度良くて当たり前かもしれませんね。放送業界はソニー、パナ、イケガミ、のどれかでしょうからレンズはキャノン、フジ、ツァイスのどれかだと思います。

投稿: グライフ | 2011年5月14日 (土) 09時59分

魚眼レンズと言い値段の割に良く写ってますね。

投稿: ken | 2011年5月14日 (土) 12時29分

グライフ さま今晩は

あの画像からは、すげー機材を使っていることが良く解りますね。
あのボロボロの原発は見たく無いのですが(-_-X)

Ken さま今晩は

旧ソ連のレンズは、当たれば凄い性能なので、基本設計とか素材は良いのだと思います。問題なのは品質管理で、これで評判下げてますね。

投稿: kk | 2011年5月14日 (土) 22時53分

う~ん、これは長大編成の貨物列車などを撮ってみたい
組合せですねぇ(笑
それも緩いS字カーブの出口で待ちかまえたいものです。

投稿: SCR | 2011年5月15日 (日) 14時10分

旧ソビエト製の真空管などは、当時安かったので100本買い入れて、16本セレクトしました。かなりばらつきはありますが、一度セレクトすれば20年間何の問題もなく、音も変わりません。これが、中国で有名真空管を形だけコピーしたものは、どうも材料をケチっているのか、3年で音が変わりガッカリします。
ばらつきさえ考えて使えば、作りも設計も材料も素晴らしいというのは、いろいろな工業製品でも言えるのでしょうね。

投稿: ら・ぺるら | 2011年5月15日 (日) 15時37分

SCR さま今晩は

=>これは長大編成の貨物列車などを
そうそう、それも出来れば、非電化で....。

ということは、北海道かなぁ。行きたいなぁ。

ら・ぺるら  さま今晩は

確かに、旧ソ連は気合を入れれば、良い宇宙船、飛行機なんか作っておりますから、設計と素材は良いですね。

たまに、ウオッカ飲みながら組み立てたろ、と思うようなものもありますが。というか、そちらの方が多い。

投稿: kk | 2011年5月15日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 500,000アクセス | トップページ | セシウムが混じっても風薫る五月 »