« 切花延命剤効果? | トップページ | 忍野八海で »

2011年4月30日 (土)

Kinoptik Special Cine 300mmを Pentax 67に

Dscf1952_w Kinoptikは焦点距離によってレンズの名称が違いますが、Special Cineという名前のレンズは210mmと300mmです。

このうち、210mmは人気が高く、中古レンズの値段も高いので手を出しにくかったのですが、何故か300mmは人気も無く値段も昔は別物と思えるくらい安かったので、私はM42マウントのものを持っております。

Special Cineはアリフレックスマウントがオリジナルと思っておりますが、このレンズも良く見ると、3っつのパーツからなっております。それぞれ、レンズヘッド、ヘリコイド、マウントの順になっており、このうちマウントの部分は材質も違いそうです。実は、このマウント部分が曲者で、細すぎて鏡筒でけられが発生しているように思われました。開放で撮ると周辺の滅光がきついのです。

もともと300mmの焦点距離があり、望遠設計もされていないレンズであるなら、もっとゆったりした鏡筒を使えば、6x7だって十分可能なハズ、そう思い連休中に工作することにしました。

ところが、あっさり解決。見た目は綺麗でありませんが、自分で使う分には問題ありません。

Dscf1971_w

工作の内容は、Special Cineのレンズヘッドを外す。マミヤプレスの接写リングの3番に接着する。ペンタックス6x7の接写リング3番のメス金具を外して、マミヤプレスの接写リング5番に接着。この2つの間をマミヤプレスの接写リング4番を2つ使って繋げる。ペンタックス6x7のヘリコイド接写リングをつける。以上です。

最初はマミヤプレスの4番接写リングを1つにして、ぺンタックス6x7のヘリコイド接写リングをもう一つ追加して無限遠を調整しようとしましたが、4番接写リングを2つ重ねると、ヘリコイド接写リングを縮めたところで丁度無限遠が来ることが解たので、そのようにしました。

それぞれの筒の太さは丁度良く、タップを刻んでねじ留めをしても良かったのですが、簡単にステンレステープで接着し、パーマセルで隠しております。

またフードが無いので、86-95のステップアップリングをパーマセルで先端に取り付け95mmのフードを付けれるようにして居ります。このため特殊な形をしたレンズキャップが付けにくくなりましたが、そこは我慢です。

作例はアダプターをつけて、自室の窓からPentax645Dで撮ったものです。絞りを開放で撮っておりますがいかにもこのレンズらしい描写です。3枚目のピクセル等倍の切り出しのところでは、ごくわずかに色収差があることも解ります。ただ、悪い感じではありません。この開放が35mmですら使えなかったことを考えると、この不細工な工作の価値は高いかも。

Camera : Pentax 645D, Lens : Kinoptic Special Cine 300mm F3.5, ISO=400, F3.5,AE

Imgp9621_w

Imgp9621_w1

Imgp9621_w2

F5.6まで絞ったらこんな感じです。ただ、上の作例から一日後で、天気は厚い曇り。昨日からの風で柔らかな柿の新緑も傷ついております。

Imgp9623_w

Imgp9623_w1

|

« 切花延命剤効果? | トップページ | 忍野八海で »

コメント

やわらかく立体的な写りですね。

投稿: ken | 2011年4月30日 (土) 16時56分

貴殿の記述を3回拝読しましたが・・理解が出来ません(笑
そこが深いところなんでしょうね。
どうやってピントが来るのか・・・??
私のようなフツーの人には解らない呪文に感じております(笑

投稿: SCR | 2011年4月30日 (土) 19時11分

Ken さま今晩は

この柔らかさと、怪しげなボケがKinoptikの特徴です。レンズの構成はシンプルなものと思われますが。大口径と、特殊硝子と思われる材質が、特徴を出しているように思えます。
立体的に見えるのは、このレンズが周辺を考慮していないためだと思います。この馬鹿でかいレンズの本来の守備範囲はライカ版のさらに半分ですから。

SCR さま今晩は

変な文章でしたね。申し訳ありません。
要は、手元にあるジャンク品を組み合わせてレンズの鏡筒を作るので、無限遠を合わせるのに苦労しているのです。

投稿: kk | 2011年4月30日 (土) 20時50分

こういう工作は大好きです、誰かが出来たと云う時点で私にも出来ると思われるのです。最初にやった人はさすがに素晴しいです、ふぐを最初に食べた人位の賞賛に値します(でも私はなまこは苦手です、笑)。

今ロシア製のJupiter-9の無限をどうするか考え中なのでした、ヘリコイドが重いのでこちらが先に解決したいです。

話がそれましたが、工作の話はすべてBLOGに書いて下さいませ。私目は最近レンズキャップよりHOODキャップのほうが良いと思うようになりました。そのほうが一般的に扱いが簡単です。最近のメーカーのレンズキャップはHOODの奥にはめるタイプでどうも好きになれません。

また話がずれて申し分けありません。しかし色々な変わったレンズをお持ちですねぇ、見るだけ聞くだけでもおもしろそうです。ここは作例もありますのでたのしみです、画像がもう少し大きいともっとうれしいのですけどね、えへへへ。

投稿: koji | 2011年4月30日 (土) 23時28分

koji さま今晩は

今は、レンズのメーカーがレンズに合わせた花形フードを作る(結構高い)ので、レンズキャップばかりですね。私はキャップの取り外しがしづらいレンズは、プロテクターをつけて、フードを付けっぱなし、キャップはしません。
昔は、ステップアップリングとコンタックスの86mmフード、それにフードキャップというお決まりでした。

Jupiter-9のヘリコイド=>懐かしいなぁ。
まだ渋谷にKing-2があった頃、「うちのJupiter-9は全部グリース調整してある」って自慢しておりました。「普通になっているだけジャン、何言っているの」なんて思ったものです。

投稿: kk | 2011年5月 1日 (日) 00時27分

そういえば渋谷の山の上(ちゅーか中腹)にKing-2がありましたね、Jupiter-3とPelengの魚眼を買った懐かしいところです。J3は距離計とうまく連動しなかったので鉦辺を半田で着けてばっちり無限が出るようにしました、M8だとすぐに結果が見られるので工作が面白かったです。今もこのレンズは(時々)使ってます。

写真をとるより工作のほうが好きです(汗)。

投稿: koji | 2011年5月 1日 (日) 00時52分

キャップの気持ち判りますよ。私もワイド系のレンズのキャップは速写性を上げる為にフード丸ごと被せ式にした物をネオプレーンで自作して使ってます。ひと昔前のニコンの大口径レンズみたいに巾着みたいな物でレンズ部分が補強されていれば十分かと思いますね。それにしてもこのレンズ柔らかいですね。もう2段くらい絞ってフード長くしたらシャープに成りませんかね?。

投稿: グライフ | 2011年5月 1日 (日) 10時03分

koji さま今日は
あの頃のKing-2懐かしいです。品揃えも良かったし、調整もよかった。
それにしてもM8ですか......。

グライフさま今日は

95mmのフードはぼろいものが一個あるだけで....画用紙丸めてパーマセルで止めても良いと思いますが。
とにかく、本日F5.6まで絞った作例を載せてみました。十分シャープでしょう。このレンズF4からは普通のレンズになるのです。

投稿: kk | 2011年5月 1日 (日) 14時40分

ホントだ、シャープですね。この時代のレンズって絞り次第で使い道が増えるから便利ですよね。しかし、パーマセル持ってるとは、ただ者じゃないですね。あれって耐熱性でプロの人しか使わないんですけど、値段もテープの値段らしからぬ高値だし。

投稿: グライフ | 2011年5月 1日 (日) 15時44分

こんにちは

いや〜絞るとシャープになりますね、昔のレンズはこういうのが多いですね。キノプティックだけでなくキノプラズマットとか色々、楽しめる世界です。そちらの方に足を入れると泥沼なので遠慮しています。Ksmtさんとか中将姫様やら、キノプラさんやら十分に楽しませていただいております。

投稿: koji | 2011年5月 1日 (日) 22時54分

グライフ さま今晩は

パーマセルは映像関係のプロの方は、光源を固定したりバリバリ使いますけど、私のようなものは手作りカメラの光線漏れを塞いだりとか(゚ー゚;最低1年は持ちますよ。

値段は千円近くでしたっけ、確かにテープにしては高いけれども、あの性能に比べれば安いと感じます。

投稿: kk | 2011年5月 2日 (月) 00時04分

はじめまして このレンズ210㎜使ってますがこちらは開放でもかなりぱりぱり来ます。300とは違うのかな??http://mountadapter.bbs.fc2.com/

投稿: e@man | 2011年5月 3日 (火) 16時10分

e@man さま今晩は

300mmは色消し硝子のトリプレットなので、開放は甘いです。210mmはどんな構成なのかなぁ。

e@manさまのところにある大阪のお店のレンズを見てびっくりしました。私、過去にPentax67マウントとHasselbladマウントの210mmを見たことがありましたが、いずれもお値段はあのお店の1/6以下でした。

いかに210mmは高くてもあれは無い.....。ちなみに、
この300mmはあのお店の210mmの1/30のお値段でした。

投稿: kk | 2011年5月 3日 (火) 21時52分

coldsweats01あのカメラ屋はとんでもない店ですよ。笑 

投稿: e@man | 2011年5月 3日 (火) 22時17分

e@man さま おはようございます

あのお店の価格って、値切り価格ではないのでしょうか。赤札前価格というか。でないと、考えられない。
まあ、行くことは、ありませんが。

投稿: kk | 2011年5月 4日 (水) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切花延命剤効果? | トップページ | 忍野八海で »