« 「さらさ」と「さらく」 | トップページ | 雪の金閣寺への憧れ »

2010年12月26日 (日)

Cross BirdをE-6で現像

201012008001_w Camera : Fuji GF670, Lens : Ebs Fujinon 80mm F3.5, Film : Rollei cross bird, E-6

先日紹介したRolleiのCross BirdをE-6で現像してみたらどうなるか興味がありました。このフィルムはC41でネガ現像するように作られておりますが、もともとはリバーサルフィルムなのです。

E-6の現像は現像所に頼んだのですが、何度も確認の電話がありました。どうも白黒フィルムに見えるようです。どんなになっても文句は言わないのでE-6で現像して欲しいと念を押して、やっとOKしてもらいました。

201012008002_w このフィルムは乳剤そのものは、アグファRSX200らしいのですが、E-6の現像をあがってきたポジは暖色系の発色で、薄めのカラー濃度です。アグファのネガカラーにこういう発色をするものがあるので、アグファらしい特色なのかも知れません。

他のリバーサルフィルムでクロス現像をした事が無いのでなんとも言えませんが、このフィルムはリバーサル現像とネガ現像の違いが比較的少ないように思えます。言い換えれば、最もクロス現像に適したリバーサルフィルムだと言う事なのでしょう。

ニッチなフィルムとして、こういうフィルムが存在してくれること自体がありがたい事です。

|

« 「さらさ」と「さらく」 | トップページ | 雪の金閣寺への憧れ »

コメント

何かややこしい処理をされていますね。
以前ポジフィルムをC-41処理して漂泊が上手くいかず使いものにならない処理をした記憶があります。
E-6も自家処理できるようになっているから両方で処理の違いを見てみるのも一興ありかも知れません。
しかし寒いからここのところ暗室から足が遠のいてモノクロプリントするのが溜ってしまっています。www

投稿: 610 | 2010年12月27日 (月) 17時08分

610さま今晩は

このフィルム、本当はリバーサルフィルムなのです。
ニッチなリバーサルフィルムの生き残りをかけて、わざわざネガ現像向けとうたって、トイカメラ用に売っている。
そんなフィルムです。

投稿: kk | 2010年12月27日 (月) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「さらさ」と「さらく」 | トップページ | 雪の金閣寺への憧れ »