« Brienz Rothorn BahnのSL | トップページ | 氷河急行脱線事故に思う »

2010年7月24日 (土)

ゴルナーグラート線には乗れず

Dsc00308_w 今回のスケジュールで、本来ならツエルマットからゴルナーグラート線に乗り換え、夕暮れのマッターホルンを見るハズでした。しかし、運悪く、ツエルマット~フィスプ間で、その日から夜間工事がはじまるようで、ある列車から後は、途中駅から代行バスでの運行になるようでした。

私はかれこれ3日間ろくに寝て居ないし、また夜間にバスを探してうろうろするには疲れ果てていたので、区間運休になる前にフィスプに降りることにしました。

Dsc00291_w 幸いマッターホルンも半分雲に隠れていたのであきらめも付き易い。ゴルナーグラートへは次の機会に行くことを願い、ツエルマットを後にします。

写真を見ると解ると思いますが、この路線はアプト式かつ三相交流の電化で架線が二本あります。そういう意味でも乗りたい路線なのですが、また今度です。

ツエルマットは日本で言うと上高地と軽井沢を足して2で割ったような街で、軽井沢の賑わいと車の乗り入れが禁止されている上高地の静かさが同時にある街です。

ここでは、街を行きかう車は全部EVもしくは馬車。バスもタクシーも運搬車も工事車両も全部EVです。

Dsc00297_w バス

Dsc00299_w_2 タクシー

Dsc00301_w ホテルの送迎バス

Dsc00300_w 運搬車

Dsc00295_w トラック

|

« Brienz Rothorn BahnのSL | トップページ | 氷河急行脱線事故に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Brienz Rothorn BahnのSL | トップページ | 氷河急行脱線事故に思う »