« あけましておめでとうございます | トップページ | 数十年前の証明写真 »

2010年1月 3日 (日)

現像初め

2010010011_w Camera : Hasselblad SMC/M, Lens : Biogon 38mmF4.5, Film : Rollei Retro 400S, HC-110

現像初めを行ないました。と言ってもフィルムは年末に撮ったもの。内容も上方へのお上りさんお決まりの通天閣。ベタな記念写真であります。でも、私、生まれて初めて通天閣を見た訳で、一応基本の一枚は押さえておかないと....。でも、歩きながら撮ったので微妙に水平がでてません。見やすいので、コシナのアングルファインダーを使ってますが、水準器も見えるオリジナルのファインダーの方がこんな時には良さそうです。

今回、大阪では、古い建物が見れると期待してSWCも持って行ったのですが、このカメラ、本来、一台だけ持って、これ一本勝負、をするべきものでしょうね。

二台目として持つと、なかなか出てきません。もっと使いやすいデジカメばかり出てきます。今回はこのために、長旅の間ひたすら運んできたので意地で数枚使いましたが、ここまでです。

ところで、昨年、切れてしまったHC-110をB&Hから輸入しました。米国では1瓶13ドル、日本の半分くらいの値段です。送料を入れると5本くらいで、同じくらいの値段になります。

5本だと、2年くらい持つかなぁ。おそらく、これを使いきる前に、米国でも在庫限りの噂が流れ、本当に消えて行く時が来るかも知れませんね。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 数十年前の証明写真 »

コメント

あらまぁ~、レトロビルをもっと案内した方が良かったのですね(汗
すいません。次回はそのようにさせて頂きます。
HC110ってPC-TEAと組成が似ていたような・・
違いましたっけ?
でもSWCは左右が倒れませんねぇ・・スゴイなぁ。

投稿: SCR | 2010年1月 3日 (日) 22時38分

SCRさま今晩は

実は、カメラが出せないようなところの方が好きであります。あれには、マジで感動しました。クセになりそう。

ところでHC-110は強力なPQ現像液で多分亜硫酸ナトリウムも大量に入っております。この特徴はどちらかというと高濃度で発揮され、20年前のフィルムでもベースフォッグを押さえて現像することが出来るのです。

投稿: kk | 2010年1月 4日 (月) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます | トップページ | 数十年前の証明写真 »