« 別府駅前の手湯 | トップページ | 消えた浜安善駅舎 »

2009年12月19日 (土)

Rollei ATPのRodinal 1:300現像

2009120092_w Camera : Fuji GF670, Lens : EBC Fujinon 80mm F3.5, Film : Rollei ATP, Rodinal 1:250 20c 12m

ローライのアドバンスド テクニカル パン (ATP)をコダックのテクニカル パンとの比較で紹介するサイトで使われた現像液はロジナールの1:300という途方も無いものです。

でもアホのような解像感は説得力があります。でもこれは一般の撮影にも使えることなのでしょうか、ロジナールを手に入れたので早速テストしてみました。

ATPの撮影感度は、比較サイトと同じISO25、これで、晴天の街でスナップ撮影をし、ロジナールを2ml、水を500mlの割合で混合した現像液で、液温20c、12分の現像をしてみました。

まず、驚くのが現像液の混合、これでほんとに良いのか心配になります。気分的には水に現像液を数滴垂らしたという感じです。

そんな気分のせいかも知れませんが出来たネガが薄め、でもテクニカル パンですから、軟調に仕上げるにはこんな物かもしれません。

スキャンしてみると、かなり無理してコントラストを落とした感じの写真になります。その代わり、ハイライトもシャドーもその部分を拡大する限りしっかり出ております。ここに載せた写真は逆にコントラストを上げておりますが、その方が見やすいのです。

2009120091_w_2 つまりそういう事なのです。写真としてみれば、不自然なコントラストで良くないのですが、各部の情報を残すという意味ではかなり有効な現像方法です。でも特殊な用途であることは否めないように思います。

2009120111_w (追記)この写真は、現像液を1:200にして現像時間を14分まで延ばしたものです。ネガは濃くなりコントラストも強くなりますが、個人的にはこちらの現像の方が好きです。

|

« 別府駅前の手湯 | トップページ | 消えた浜安善駅舎 »

コメント

おお、あなたは凄い! 1:300は思いつかなんだ〜
わたしの最高希釈は1:150でした。それもほぼiso感度半分の減感で使いましたが、いつの間にか。通常の1:100に戻っていました。
ロジナーるを早く減らしたかったから♪

投稿: ら・ぺるら | 2009年12月19日 (土) 01時10分

ら・ぺるら さま今晩は

さすがに300倍は恐いです。気分的にはほとんど水だもの。
でも現像できてしまうロジナールって一体何?

投稿: kk | 2009年12月19日 (土) 01時42分

これは驚きました。1:300って水ですもんね。
ますます不思議な現像薬となったロジナール。
フェリドンでもない、なにか主薬があるのでしょう。
ところで、このローライフィルムは何処がOEMしてる
のでしょう?

投稿: SCR | 2009年12月19日 (土) 18時30分

SCRさま今晩は
このフィルムはアグファが作っております。Made in Belgiumです。

先ほど、500mlの水に対して2.5mlのロジナール、20c、14分で現像して見ました。これだと、いかにもテクニカルパンといった感じでガチガチに出てきました。

ちょと硬いけど、こちらの方が好きかなぁ。

投稿: kk | 2009年12月19日 (土) 22時48分

すばらしい,でもちょっと怖い希釈率 (^^;)
専用と称する軟調現像液が幾つか出ていますが,保存性など考えるとロジナールが一番いいような気がしてきます.80年レンズ白書でミニコピー作例に使われたD76,1分は真似しようにもムラが排除できず挫折,フェリドン単剤は溶くのが大変,全然日持ちしない.そこで超希釈は有り難い.

投稿: lensmania | 2009年12月21日 (月) 23時56分

誤植と思いますが,2mlに500mlなら約1;250になります.2mlに600mlでよろしいでしょうか.

投稿: lensmania | 2009年12月21日 (月) 23時58分

lensmania さま今晩は

本当は、ロジナール2mlに水600mlで現像液を作って、100ml捨てれば良かったのですが、水を500mlにして1:250で実際は現像しました。流石に恐くて....。

好みにもよりますが、これでも少し薄すぎで、現像時間を延ばすか、現像液を濃くすれば丁度良くなると思います。

そこで、その両方、1:200で14分で行なったのが一番下の作例。このわずかな違いで、TPらしいコントラストが出てきます。実際、野外で使うにはこれくらいのメリハリがあったほうが、私は好きです。

投稿: kk | 2009年12月22日 (火) 20時55分

 ここを覗くモノクロビギナーのかたに書かせていただけば、モノクロ写真を単にトーンの全快調を表せると凄いという考え方は、表現を狭めてしまいます。あくまで銀塩なら光りの偶然が、情緒や余韻を掬いだしてくれるんだと思います。黒は深く白は眩しく、その程度でわたしはイイと考えますと、ロジナールはとても素敵な現像液です。高希釈にして、撹拌を少なくすると、現像時間の幅が広がりますから、自分の好きなところで止めればいいんですね。メーカーのデーターで現像してる人には、たどり着けない場所があることも、モノクロの面白さです。工夫は、表現の幅も拡げてくれるわけですね。

投稿: ら・ぺるら | 2009年12月23日 (水) 01時17分

ら・ぺるら さま今晩は

ロジナールは凄い現像液ですね。

唯一苦手なのは古いフィルムの現像、低希釈して高濃度の現像液でも、低温度でも均一に現像が進んでしまいます。

投稿: kk | 2009年12月23日 (水) 19時27分

モノクロ会に光明とはこの事かもしれませんね。
私も昔テクニカルパン120を使って作品作り
してましたが廃盤になって早くも10数年まさか復活
するとは夢にも思いませんでした。因に私の現像データ
ですが参考までに述べますと、テクニドールLCで
30℃ 8分 ISO25で使ってました。気泡ムラを防ぐため
水による前浴をします。タンクの蓋無しでフィルムを巻いた
リールをそっと現像液に入れます。最初の30秒はゆっくり廻しながら
撹拌、ここまでは暗室で、その後は蓋をして明室で3分に1度
タンクを上下逆さ撹拌を1度、この行程で8分たったら廃液
停止液は通常通りですが温度は低いとチリメンジワを起こす
危険が有るので25℃位で行います。同じく定着液で乳剤を抜いて
完了。水洗も25℃位から序々に下げれば大丈夫です。
後は普通のモノクロフィルムと同じ扱いで完成です。ご参考までに

投稿: グライフ | 2010年7月11日 (日) 22時05分

グライフ さま今晩は

ありがとうございます。参考になりました。
テクニドールかぁ、難しいなぁ。ローライにも似たようなものがあったので、代替できるかも。

投稿: kk | 2010年7月12日 (月) 02時27分

之は驚き、私はコダックのD76専門で1:300なんて特別の目的以外は全く縁が無いです。今となっては余り意味があると思えませんね、デジタルに走ってる昨今ここまでフィルム現像に執着する意味が良くわかりません。
温度は20度C1:1時間9分半と決めてます。夏場の高温の時は下手するとゼラチンがぶよぶよになるのでエアコンの有る部屋で現像終わるまで離れません。
今はKodakのBW専門、カラーネガ現像でOK.ただしフィルムベースがオレンジマスクしてあるので引き伸ばし機では処理が大変ですね。スキャナーでPC処理。

投稿: 鞍馬天狗 | 2011年8月21日 (日) 16時45分

鞍馬天狗 さま今晩は

Kodak 400BWは良いフィルムですね。120がなくなる時、何本かまとめ買いをしました。C41処理の白黒は昔は各社のがあったのに、今ではIlfordのXP2だけになり寂しくなりましたね。

投稿: kk | 2011年8月21日 (日) 21時40分

今晩は、私も最近このローライから発売したフィリムを二本持ってます120ですけど。困ったです、現像してくれる所見つけないと。25はちと~~きついですね。
最近は近所のコダックフィルム店もデジタルのため店を縮小して他に移転。段々とフィルムの処理場が無くなって来ました。自然とそうなるとデジタルに移行、便利ですね。

投稿: 鞍馬天狗 | 2011年8月21日 (日) 22時45分

鞍馬天狗 さま今晩は

白黒の現像なら、東京は西五反田の「鈴木写真工房」とか、良い評判と思われます。

投稿: kk | 2011年8月22日 (月) 22時07分

有難うございますkk様、拝見すると機械は私が使用してたのと全く同じですね。冷却ファン付のFuji. 今は暗室を整理したのでありませんが、様津持ちの私には西五反田は少し遠いですね。故に今フィルムはKodakBWとポートラです。正に写真は体力ですね。Ilford PX2見つけましたが入荷が不定期。車が停車出来ないので女房に買ってきてもらいます。
何でフィルムカメラはあんなに人を魅力させるのでしょうか?デザイン、もっと何か?デジカメのプラと電気だけではでて来ない魅力。

投稿: 鞍馬天狗 | 2011年8月23日 (火) 08時39分

私が買ったローライコードは調べたらIV型でした最初はV型と思ってました。之って良いですね絞りはねが10枚。オーバーホールしてあるそうですが時々途中で巻き上げがロックします。之は大変嫌ですね。キャップをして空シャッターを切るの繰り返し。最初の持ち主曰く、
シャッターを切る時に軽く奥まで押し込むようにすればロックしないそうです。以後噛みませんが。やはり長い間使用しないとカメラも調子悪くなるのでしょうね。
この手の古いカメラは修理費が高いですね。

投稿: 鞍馬天狗 | 2011年8月27日 (土) 12時48分

鞍馬天狗 さま今晩は

私のローライフレックス2.8cにも、シャッターに癖がありますよ。何十年も前のものだから、こんなものかも。

投稿: kk | 2011年8月29日 (月) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別府駅前の手湯 | トップページ | 消えた浜安善駅舎 »