« 古い Ilford XP1の使用法 | トップページ | Ilford XP2 Superをロジナールで »

2009年12月13日 (日)

四眼装置を改造したカメラ

R0012940_w 先日から、各種の4x5シートフィルムで現像テストを行なうときに使っているカメラは、TOMIYAMAの「四眼装置」を改造したものです。カメラのテストも兼ねて行なっていた訳です。

この、四眼装置というのは、4x5のフィルムで4枚の証明写真を撮るカメラだったのですが、贅沢にもコンゴーの105mmレンズが4個使われて居りました。しかし、残念ながら、無限遠が出ないので、れんずマウントをちょっと変えて、Rodenstock のApo Sironar N100mmF5.6のレンズを使うようにしております。

このレンズは小型でありながら4x5をカバー出来る優秀なレンズで、蛇腹の4x5カメラでも出来ないかなぁと思ってキープしておいたモノですが、とりあえず、このカメラで使うことにしました。

レンズのマウントはL字型の切り込みがあり、縦方向か横方向のどちらかに約20mmスライドできるようになっております。

レンズはL字の切り込みの0の地点で真中にくるようにマウントし、レンズマウントを上下逆さに付け替えることで、上下、左右にそれぞれ20mmずつシフト出来る、ハズでありましたが、マウントの上余白と下余白が異なるせいで、逆付けすると、隅が蹴られる結果になりました。

マウントの逆付けは止めて、カメラの三脚座を追加して、横位置撮影でライズだけは出来るように修正する予定です。

|

« 古い Ilford XP1の使用法 | トップページ | Ilford XP2 Superをロジナールで »

コメント

富山は今どうなってるんでしょうか。手作りカメラの会で出品されそうな凄いアイディア商品を出していましたが、いざ欲しくなってもどうアプローチしたら良いのかわかりません。これはシンプルで手軽に持ち出せそうですね。頑丈で簡素、軽量な4x5ってありそうでないので、引き伸ばし機ほか雑多な蛇腹レールを見るとカメラに出来そうな気がして煩悩だらけです。

投稿: lensmania | 2009年12月13日 (日) 12時30分

lensmania さま今晩は

トミヤマのあの三角の棒は良く出来ていると思います。
あの長さが、収納の限界になりますが、長いタマを使うつもりが無ければ、使いやすいカメラとして割り切ることが出来ますよ。

投稿: kk | 2009年12月13日 (日) 19時41分

有りましたねぇ~その昔、証明写真と言えばコレでした。
今ではセルフのデジカメボックスに入ってばっかりですが
そんな素晴らしいレンズが装着されていたんですね。

投稿: SCR | 2009年12月13日 (日) 21時38分

SCRさま今晩は

テッサータイプのコンゴー105mmF4.5を4本使用したカメラですから、贅沢ですね。作りも堅固なお仕事カメラでした。

残念ながら、コンゴーのレンズの包括角度105mmで52度、アポシロナーは100mmで72度なので、4x5だとアポシロナーになってしまいました。

投稿: kk | 2009年12月13日 (日) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古い Ilford XP1の使用法 | トップページ | Ilford XP2 Superをロジナールで »