« Rollei ATPのRodinal 1:300現像 | トップページ | メリークリスマス2009 »

2009年12月20日 (日)

消えた浜安善駅舎

2009090052_w Camera: Contax G1, Lens : Planar 45mm F2, Film : Aerocon II, PC-TEA

写真のボロ駅舎は鶴見線貨物支線の浜安善駅です。昔は旅客の扱いもしたことがあるらしいのですが、貨物駅として残っておりました。

駅舎は昭和シェルの入口に位置しており、横浜市営バスがこの横を通って昭和シェルに出入りしている(実際は構内で折り返しているだけと思われます)ので、昭和シェルを相手に旅客を扱っても不思議ではなかったと思われます。ただ、歴史を見ると、随分早いうちに旅客の扱いは廃止しているようです。

また、貨物駅といっても、実際に駅に貨物列車が来ることはなく、手前のジョイントで分岐して、米軍基地のほうに列車は向かうものと思います。そう考えると全く何のためにあったのか、解らないような駅でした。

R0012972_w ところが、数ヶ月ぶりにこの駅舎を見に行ったら、跡形もなく消えておりました。ボロい廃駅といっても誰かが出入りする訳でなく、差し迫った危険も無かったと思われるのですが、残念です。

確かに、この駅舎を見るために私のようなオタが近づくし、周りが石油関係の施設ばかりのところで、薪小屋のようなボロ駅舎が残っているのは危険だったかも知れません。

|

« Rollei ATPのRodinal 1:300現像 | トップページ | メリークリスマス2009 »

コメント

浜安善という駅名からも、鶴見臨港鉄道時代に命名、建設された
駅なんでしょう。壊すのにも費用が相当かかるし、やっと予算が
付いたのかもしれませんね。

投稿: SCR | 2009年12月20日 (日) 15時03分

経済が活況になりますと、古い物はどんどん壊され、あたらしい味ヶの無い、合理的な、あるいは現代のデザイナーのマスターベーションのような変わったものが建ち並び、統一感もない東南アジア的な街並みが増えて来たわけですが、どのみち人が作りだした物、自然か人為的にか、壊れていく訳ですね。歴史を今に伝えるものは、人々の大切にする心がありますから、メンテされて引き継がれていくわけです。
産業で使われたものは、そういう努力とは無縁ですから、オブジェ以外の使われ方はされない場合がおおいわけで、残される物はゴクゴク一部、せめて、こうして一葉の記憶に・・・

投稿: ら・ぺるら | 2009年12月20日 (日) 22時01分

SCRさま今晩は

昔は石油駅といわれたそうです、この駅の向かいが米軍基地で、米軍のパトカーの目線が恐い。

ら・ぺるら さま今晩は

この駅は鶴見線の駅舎として他の駅とともにポスターになりました。そのせいか見物人も増え、昭和シェルとか、米軍は邪魔だったので、取り壊しの憂き目にあったのでは、と邪推しております。

投稿: kk | 2009年12月20日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Rollei ATPのRodinal 1:300現像 | トップページ | メリークリスマス2009 »