« 500mmでしか物を見ない | トップページ | 9.5インチのフィルム »

2009年10月12日 (月)

長尺フィルムのサイズについて

R0012779_w フィルムをよく使う人は、そのコスト削減の為に100フィートの長尺フィルムを買ってきて、フィルムローダーでパトローネに詰めて使う方が多いと思います。

しかし、この長尺フィルムもだんだん製造が取りやめられてきて、寂しくなってくる一方です。そこで、完全に長尺フィルムが無くなる前に、その種類を調べておきましょう。

写真に写っているのは手前から35mmの100フィート缶、46mmの100フィート缶、70mmの100フィート缶、9.5インチの200フィート缶です。この他にこのような缶が存在するのは16mm、5インチの長尺フィルムであり、おそらく8mmのフィルム缶も存在すると思います。

また、マイクロフィルムには10.5cm幅のロールフィルムがありますが、これは缶詰ではなく、遮光袋に入った形で出回ります。

このうち、16mm、35mm、70mmは映画用のフィルムがこれからも存在するでしょうから、一般には出会う機会が無くても長尺フィルムはつくり続けられると思います。

46mmはベスト判のフィルム用だったのかも知れませんが、今は製造されていないか、注文生産と思います。

5インチのフィルムはまだ空撮用にベルギーのアグファフォトが生産しているので、見る機会があるかも知れません。リンホフ等の空撮カメラで使用します。

9.5インチのフィルムは、おそらく、スプールに巻いて空撮カメラで使用していたものと思われます。しかし、どんなカメラなのか想像すら出来ませんし、現在は生産されていないと思われます。このサイズのフィルムは、4x5の切り出し用に確保していた人も多く、たまに古いフィルムが出てきます。

10.5cmというのは変ったサイズですが、実はこれ、マイクロフィッシュのサイズなのです。このフィルムも現役なので、見かけることがあるかも知れません。また、海外で通販している古いカメラの特殊サイズ用のフィルムは、このフィルムから切り出して作られているようです。というのは、アグファフォトの5インチフィルムはカラーネガなので、このフィルムが現役の一番大きなサイズの長尺フィルムになるからです。

|

« 500mmでしか物を見ない | トップページ | 9.5インチのフィルム »

コメント

スゴイなぁフィルムの種類ってそんなに・・・
それだけでもスゴイのに、実物を持っていたりするから
さらにビックリ。私などせいぜい映画用であたふたしてる
小僧ですね(笑

投稿: SCR | 2009年10月12日 (月) 21時25分

SCR さま今晩は

フィルムを上手く切れないので悩んでおります。
9.5インチのフィルムの感度テストをしてみたのですが、
横に切るだけでも大変。

4x5で使うにしても薄すぎる気がします。天体屋さんのように吸引すれば良いのでしょうけど。

投稿: kk | 2009年10月12日 (月) 23時41分

普通の手段では手に入らないでしょうけど、丹念に集めてちゃんと使いこなしておられるのが凄すぎです。人柱というか、だれも真似出来ないから人柱じゃないか....

投稿: lensmania | 2009年10月12日 (月) 23時41分

lensmania さま今晩は

現像がちゃんと出来れば、4x5のロールフィルムって魅力的でしょう。1ロール6枚撮りにすると、グラフマチックホルダーと同じ枚数だけど、5本、30枚とか簡単に持ち運びできるハズ。

ゲルツ製の9x12のロールフィルムホルダーみたいにすれば良いハズなのですが、まだまだ遠いです。

投稿: kk | 2009年10月13日 (火) 00時04分

ウンウン
ひと思いにロールフィルムカメラを作ればいいわけですね。
現像リールも考えなくっちゃ。

投稿: 610 | 2009年10月13日 (火) 21時53分

610さま今晩は

最初、現像はベルト式を工夫してとか思っておりましたが、なかなか難しいです。

今日は塩ビ管を眺めておりました。ロールったって1mも無いし....とか。

裏紙は、上質紙にウレタン塗装だと遮光出来るかなぁ、とか。

投稿: kk | 2009年10月13日 (火) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 500mmでしか物を見ない | トップページ | 9.5インチのフィルム »