« 初秋の田園風景 | トップページ | レッドデータブック 第一種踏切乙種 »

2009年9月27日 (日)

ネオンが綺麗な季節

2009090095_w Camera : Contax G1, lens : Biogon 28mm F2.8, Film : Reala 500D, home made ECN-2

ネオンが綺麗に見える季節になりました。私も綺麗なネオンに引き込まれて、一杯飲んで帰りたいのですが、とにかく下戸なので、帰りの電車のことを思うと、それも出来ません。

ただ、ネオンが綺麗だなぁ、と観賞するだけです。そういえば、歌舞伎の台詞に、気晴らしに行灯でも見に行こう、というのがありましたが、まさにその気分です。

2009090094_w 夜のネオンはデジタル写真だと撮りやすいのですが、あえてフィルムを使うと、リバーサルはダメで、ナチュラのようなネガカラーが良い選択になります。

2009090091_w 本来、ISO1600のナチュラが安く手に入れば、それに越した事はありませんが、このフィルムは安売りをしているのを見たことがありません。幸い、EI=500で撮れるReala500Dの長尺を持っていて、ECN-2の現像もようやく安定してきたことだし、この組み合わせでしばらく使って行こうと思っております。結構良い色もでるし。

|

« 初秋の田園風景 | トップページ | レッドデータブック 第一種踏切乙種 »

コメント

画像をパッと見たときは、いつもお使いの5D画像かと
思いこんでしました。
銀塩、それも500Dとは恐れ入りました。
長時間露光に向いたフィルムなのかも知れませんね。

投稿: SCR | 2009年9月27日 (日) 21時48分

SCRさま今晩は

実は、あのCD-3は多めに入れたほうが良いとの事で、通常の倍量を入れてます。
この発色はその為かも。

投稿: kk | 2009年9月27日 (日) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初秋の田園風景 | トップページ | レッドデータブック 第一種踏切乙種 »