« CD-3 TEA | トップページ | Lucky 100 »

2009年8月24日 (月)

さよならオリエント急行

Img_0865_w Camera : canon EOS 5D, Lens : EF24-105 F4L

今日、オリエント急行が今年の12月で消えるというニュースを見ました。このオリエント急行はアガサ クリスティのミステリの舞台となったオリエント急行殺人事件のオリエント急行と、同じと言えば同じ、違うと言えば違うものです。

同じと言う意味は、このオリエント急行EN469はかつて西洋とアジアの入口を結んだ列車の成れの果てという意味で同じ。違う点は、かつての豪華列車の面影は、この列車には微塵も無いことです。

今、パリからイスタンブールまで列車で行くとしたら、パリ東駅を7:24に出発するTGVに乗り、ストラスブルグを経由してドイツのシュタットガルトまで行き、そこで11:58発のECに乗り継ぎ、オーストリアのザルツブルグ経由でフィラッハに18:43到着。そこから始発の夜行急行に乗り換えセルビアのベオグラードに翌朝6:21着。ベオグラードを7:50発のイスタンブール行きに乗ると、かつてのオリエント急行始発駅イスタンブール シルケシ駅には翌朝8:19に到着。のべ47時間55分の汽車旅が最速ルートです。

このルートは、ウィーンを通った初代のルートと、クリスティのオリエント急行殺人事件のシンプロン オリエント急行のルートを半々に組み合わせたようなルートですが、かつては無かったルートです。

また、このルートでストラスブルグとザルツブルグの間は、現行のオリエント急行と重なるので、この間だけオリエント急行に乗ってみるのも面白いかもしれません。

それが出来るのは今年の12月まで.......行きたいけど無理だなぁ。

表題の写真はEN469オリエント急行の始発駅、ストラスブルグです。なんとなくエキゾチックな駅ですね。

|

« CD-3 TEA | トップページ | Lucky 100 »

コメント

スゴイ国際的で且つ、マニアックで壮大な旅程ですねー
鉄道マニア以外にも旅好き方なら誰しも乗ってみたい路線では
ないでしょうか?、オリエント急行の車輌もリース会社の持ち物と
聞いた事がありますが、更新してまでの利益が出ないのでしょう。
この情景、空気をご存じだということだけでも、ボクは尊敬致しますが・・・笑

投稿: SCR | 2009年8月26日 (水) 22時40分

SCRさま今晩は

ストラスブルグはオリエント急行が出来た当時はドイツ帝国だったようです、それでも、シュタットガルトから来ると川を渡っただけで国境を越えたことを実感出来る街でもありますね。

旅程の最後のベオグラード発イスタンブール行きの急行列車が良さそうでしょ。これだけで約25時間。この列車だけでも乗ってみたいなぁ。

投稿: kk | 2009年8月26日 (水) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CD-3 TEA | トップページ | Lucky 100 »