« 手宮線の踏切 | トップページ | FT-2 パノラマカメラ »

2009年8月15日 (土)

横浜の古民家

2009070181_w Camera : GF670, Lens : EBC Fujinon 80mm F3.5, Film : Rollei Retro 400s, R72, HC-110

稲がすくすくと育つ水田、茅葺の屋根、綺麗な青空。典型的な日本の農村の風景です。最近は田舎に行ってもここまで見事なロケーションに建つ古民家は少なくなりました。

ここは、私の家の近くの横浜に残された農村の風景です。......と言うのはウソで、横浜市が管理している保存民家です。

このような古民家は、こんな形で保存されなければ、美しい姿を保つことは困難です。現代の人が現役で住んでいる住宅には、住むための「傷」がかならず付きます。テレビのアンテナも立てたいでしょうしBSのパラボロアンテナもつけたいでしょう。電気、電話線はもちろん引き込み、エアコンの室外機も置きたいですね。

また、昔の工法で建物をメンテナンスするには、多額の費用がかかります。

私は、文化財として古民家が保存されることに、大賛成です。現役の住居で無いことに何のマイナス面はありません、自由に写真を撮れることを考えれば、良い面の方が多いように思います。

|

« 手宮線の踏切 | トップページ | FT-2 パノラマカメラ »

コメント

いつも素晴らしい画像拝見しています。

レトロ400について2点教えてください。
1. このレトロ400は量販店で買えますか。
2. グレイスの説明によるとISO400
は200で処理しますとありますが、これは400
の設定で撮影して処理はを200でということで  しょうか。
  現像は委託していますのでどんな指定をすれ  ばいいのか解りません。
以上2点よろしくお願いいたします。

投稿: tetsu | 2009年8月16日 (日) 07時52分

やはり自治体が維持管理することが大事な要件ですね。
こういう古民家を個人では相当の補助や手助けが無いと無理な事だと感じます。
レンズの良さもさることながら、素晴らしい赤外画像が現れますね。
素晴らしいです。

投稿: SCR | 2009年8月16日 (日) 07時59分

tetsu さまおはようございます

このフィルムはRetro 400SでRetro 400ではありません。
私はMacoから直接通販で買っております。まだ量販店では扱っておらないと思います。

そのうちretro400の代わりに置き換わると思います。

グレイスのRetro 400は使ったことがありませんが、言おうとしていることは、フィルムの実効感度はISO200ということだと思います。


SCRさまおはようございます

私、自分が生まれた母の実家がそうだったこともあり、茅葺の古民家が大好きなのですが、その維持は大変です。

こういうものは文化財なのですから、せめて茅葺の葺き替え費用だけでも国が出して欲しいですね。そうでなければ、職人さんも居なくなってしまう。

投稿: kk | 2009年8月16日 (日) 10時17分

今日、1日お休みして、千葉のいすみ市、岬町にある祖母の家(私が跡取りなんです)にお墓参りしてきました。エアコンも何もない家、雨戸を開けると田んぼを通ってきたさわやかな風が吹き抜け、2時間ほど昼寝をたのしみましたが、やはりこの家の補修、修理のこと考えると、少し頭が痛かったです。
まちこうば全盛の頃は、かなり修理できたのですが・・・150年ほどの農家なのですけどね。祖母が長らく一人で住んできましたので、オリジナルに近い状態なので、このままなんとか~安心して昼寝を楽しみたい♪

投稿: ラ・ペルラ | 2009年8月16日 (日) 23時50分

ラ・ペルラさま今晩は

お休みを楽しめて良かったですね。
でも一日では足りないような..そもそも今日は日曜日だと思われ..。

それにしても、150年ほどの農家、見てみたい。ラ・ペルラさま写真撮って居られるでしょう、今度見せてください。

投稿: kk | 2009年8月17日 (月) 00時13分

まちこうばは、なかなか自分の時間が・・・お墓参りも気分転換になります♪

よろしければ、こんど千葉・いすみ市あたりの、古民家めぐりと木原線、いや、いすみ鉄道などなど~♪
くるまで大原まで行き、そこに止めて大多喜まで~行って返ってくる♪

稲刈りの後(人々がほっとしてます)くらいに、やりましょうよ♪

投稿: ラ・ペルラ | 2009年8月17日 (月) 18時22分

ラ・ペルラさま今晩は

そのツアー良いですね。
小湊鉄道も入れるのは欲張りかなぁ。

あの鉄道も大好きです。

投稿: kk | 2009年8月17日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手宮線の踏切 | トップページ | FT-2 パノラマカメラ »