« KODAK PANATOMIC-X AERECON II と認定したフィルム | トップページ | Rollei Pan 25をHC-110で現像 »

2009年6月10日 (水)

Rollei Pan 25 を Microdol-X 1:3で

2009060051_w Camera : Fuji GF670, Lens : EBC Fujinon 80mm F2.8, Film : Rollei Pan 25,EI=25, Microdol-x 1:3 21c,17m

せっかくマイクロドールを溶いてPanatomic-x(空撮用だけど)を現像したので、比較の為Rollei Pan 25で同じように現像してみることにしました。

ただ、カメラはGF670、天気も晴天なのであまり比較にはなりませんが、同じ現像方法でどうなるか、が、実験ポイントです。

今回は液温が少し高めにできてしまったので、現像時間を1分減らして17分で現像します。そして出来上がったフィルムの濃度は同じくらい。Pan 25もマイクロドールXの1:3現像で問題なく現像できます。

Rollei Pan 25はポリエステルのクリアーベースなので、ポリエステル系の半透明ベースの空撮用パナトミックより鋭く、いかにもくっきり解像しているように見えます。好き嫌いは別にして、くっきり感ではPan 25が上です。

実はRollei Pan25を使うのはこれが初めてではなく、前にHC-110等で現像したことがあります。その中で、マイクロドールXの1:3との相性はかなり良いのではないかと思われます。

ただ、このフィルムの場合、クリンクリンに巻きつくカールが問題です。カーリング防止コートをしているとか、ありますが、少なくとも現像後はクリンクリンです。

フラットベットのスキャナーに入れて、蓋をする時、とても気を使います。ここが何とかなれば、もっと使えるフィルムなのですが。

|

« KODAK PANATOMIC-X AERECON II と認定したフィルム | トップページ | Rollei Pan 25をHC-110で現像 »

コメント

おはようございます。
記載されている内容が一度二度と読んで行くウチに
もっと解らなくなりました(汗
まるで、小学校の九九でつまずいた子の様に・・・多汗
撮影時条件にもよりますが、ハイライトを飛ばさず
暗部のデテールがしっかりして、階調がなだらかで
黒の締まりがよい八方美人フィルムは無いモノですかね(笑

投稿: SCR | 2009年6月10日 (水) 11時14分

おお、伸ばしたら常用tmax400やプレストとは、ひと味以上違う印画が完成しそうです。
iso25はシャッツター速度に制限があるから、手持ちですと撮れる時間が短そうです。しかし、解像力も粒子の滑らかさも乳剤の厚みも違うことは容易に推測できます。

わたしのエプソンの古いスキャナーも、ふたを閉めるとき巻いて動いちゃうので、カーリングの強いフィルムの場合、最近はネガを上下面を逆にしています。多少ピント面の誤差は出るのか?あまりスキャン時に気を配らない物で・・・

投稿: ラ・ペルラ | 2009年6月10日 (水) 15時10分

昨今汎用性が高い極超微粒子フィルムがなくなったなあと思っていたら,そうかRolleiがあったのですね.価格表を眺めていたら,135は割高感がありますが,シートは良いかもなあ,とか,ロールがまだ有る!とか要らぬ事を考えてしまいます.将に隙間商品..;
実売いくらなんだろうと檸檬社を見たら,駒村定家より高いのね.

焼くや印画の 身もこがれつつ.(。☆\(▼▼;)

投稿: れんずまにあ | 2009年6月10日 (水) 18時08分

SCRさま今晩は

率直に言うと、私、PAN25より、パナトミックXの方が好きです。文章に気持ちが表れておりましたね。

ラ・ペルラさま今晩は

このフィルムとEfke25、IlfordのPan Fはいつも比べられますね。おそらく銀の厚さと古典的描写ではEfkeでしょう。
あのフィルムもカールが酷そう。

れんずまにあ さま今晩は

そういう意味でお勧めはRolleiのATPです。これはPan25と違って、Agfaが作っているので期待できそうです。


投稿: kk | 2009年6月10日 (水) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KODAK PANATOMIC-X AERECON II と認定したフィルム | トップページ | Rollei Pan 25をHC-110で現像 »