« EKTAR 100の非エクター処理 | トップページ | Kodak Plus-X 5231 白黒映画用フィルム  »

2009年6月19日 (金)

エクター処理って何?

先週の金曜日、Ektar100とEktar25で撮影し、ビックカメラにエクター処理で、とお願いしていた現像が出来上がりました。

料金を払おうとしてちょっと不思議になって聞きました。どうして977円って奇数なの?と。それは一本が578円でもう一本が399円だからです。だって。二本ともエクター仕上げで指定しましたが、お客様説明文にあるように、一本のフィルムのカラーバランスが崩れていてエクター仕上げができませんでした。それで普通現像になっております。とのこと。

良く見ると片方にはE100-120-12とマークがもう片方にはC 120DEVと記されております。エクター25はエクター処理が出来なかったようなのです。そしてエクター処理されたEktar100のネガには黄色のエクター現像シールが貼っております。

まあ、確かにEktar100のベースは鮮やかに赤っぽいし、エクター25の方はくすんでおります、経年劣化もあると思いますが、エクター100にあわせるのは無理かも知れません。それにしてもこの料金の違いは何?

作例を四つ並べます。それぞれのフィルムを考えてみてください。撮影時はうす曇、エクター25の時は全く日が差しておりませんが、Ektar100の時は日が差しております。カメラはGF670です。

Ektar252_w Ektar1002_w Ektar251_w Ektar1001_w

|

« EKTAR 100の非エクター処理 | トップページ | Kodak Plus-X 5231 白黒映画用フィルム  »

コメント

2組とも上が25でしょうか?
ぼくは普通現像の一番上が好きです。
これくらいの差ならスキャナーの具合でも
充分に変わっちゃいそうですね。
不思議な現像料金体系なんですね・・・
現像する前にカラーバランスが崩れているのが解る
はずがないので、エクター処理ってフィニッシュに
なにかするのかな?

投稿: SCR | 2009年6月19日 (金) 22時51分

SCRさま今晩は

期限切れのフィルムということで、門前払いだったようです。
何となく、エクター処理って手作業のような気がします。だから自家処理とあまり変わりが無いのかも知れません。

Ektar25は凄いフィルムですね、こういうクラシックな微粒子フィルムって、Tグレンの微粒子には無いリアリティがあるように思います。

投稿: kk | 2009年6月19日 (金) 23時54分

EKTAR25には驚きました。これは使った記憶がありません。
現像料金の件は高い料金でしたが、差額は分かりません。いつも数本まとめて出すので、いいかげんですね。
指定現像とミニラボの差は分かりませんでしたが、KODAKの160CNと色の違いがどうか比べて見たのですが、これもよく判りません。EKTARがコントラストが高いのかなあというぐらいでした。今度同じ条件で比べて見たいと思います。

投稿: | 2009年6月20日 (土) 08時12分

すみません。なまえ忘れました。tetsuです。

投稿: tetsu | 2009年6月20日 (土) 08時15分

tetsu さまおはようございます。

おそらくEktar処理って、現像液の管理が違うのではないでしょうか。差はよく解りません。

このフィルムはリバーサルのE100Gのリプレイスを考えて造られたようなので、暖色に傾き、コントラストも高いようです。エクター処理は高度なスキャンをした場合では違いがわかるかも知れません。

投稿: kk | 2009年6月20日 (土) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EKTAR 100の非エクター処理 | トップページ | Kodak Plus-X 5231 白黒映画用フィルム  »