« オオバネムノキ | トップページ | EKTAR 100の非エクター処理 »

2009年6月14日 (日)

GF670で赤外写真

2009060106_w Camera : Fuji GF670, Lens : EBC Fujinon 80mm F3.5, Film : Rollei Infrared 400, R72, EI=25, HC-110

ちょっと前までの常識ならば蛇腹カメラで赤外撮影なんてとんでもないことでしたが、Rolleiの赤外フィルムならば、出来るだろうと思っておりました。このフィルムは赤外フィルムであるにもかかわらず、全暗状況でなくてもフィルムをカメラに装填できるのです。

であれば、Fuji GF670は最も楽な赤外写真機に変身します。ピント合わせがレンジファインダーで出来て、AEを使えるからです。難点は、R72のフィルターをしたままでは、折りたためないことですが、そこだけ我慢すれば、後は楽チン。ISOを25に合わせてシャッターを押すだけです。

何枚かの作例を見てもらうのが赤外撮影の状況が解って良いかもしれません。

2009060105_w 手前の花しょうぶは、紫色の花を付けているのですが、赤外線の反射が良く、白く表現されます。

2009060104_w 水は赤外線を吸収するので、せせらぎは黒く写ります、空気を含んだ滝は白、苔むした岩は白っぽく写ります。

2009060102_w 同じ緑でも赤外線の反射の仕方は状況によって違います。炎天下の緑の芝生とか真っ白になりそうですね。

|

« オオバネムノキ | トップページ | EKTAR 100の非エクター処理 »

コメント

昨今のRolleiブランドAdoxはクリアベースのため5枚目まで光線引きすると読んだ事が.でも120は裏紙あるし,裏窓はないので大丈夫ですね.また昔のアサカメでしたか,ニコンFEで可視光カットフィルターを掛けたままAEでIR撮影する記事を読んだ覚えが有ります.なにがしかの補正はするのでしょう.でもGF670では測光がTTLじゃないので難しいけれど.

投稿: れんずまにあ | 2009年6月14日 (日) 19時45分

そうかぁ~、GFをもってすればこういうことが
出来るんですね。昔、EOSD30のローパスが
甘いと聞いてフィルター付けて覗いたら、何も見えずに
困りましたっけ(笑
でも、浜離宮でGFにR72付けたひとに出会ったら
ビックリかも・・・笑。

投稿: SCR | 2009年6月14日 (日) 20時02分

れんずまにあ さま今晩は

Rolleiに220が無いのは、そんな理由からかも知れませんね。ただ、Infrared400には70mmがあるので、今度試して見ます。
ただ70mmは暗室装填が基本なので、光線引きは起こらないでしょうけど。

赤外線の場合は単純に露出倍率(Rolleiの場合は400を25以下に)した方が楽なような気がします。


SCR さま今晩は
EOS5Dも出来るそうですよ、外付けファインダーで撮っている人も居ます。
でも露出はマニュアルかなぁ。デジならISOを高く設定できるから、撮りやすいかも知れません。

このフィルム、R72を外してISO400で撮っても優秀なフィルムなのですよ。
ちょっとカールするのが難ですが。

投稿: kk | 2009年6月14日 (日) 21時35分

おっ!なんか凄いかも・・・面白い表現に繋がる予感が!
ローライもビューがあるから、ピントは楽そうですがAEはないしねぇ〜


投稿: ラ・ペルラ | 2009年6月15日 (月) 00時28分

ラ・ペルラ さま今晩は

このフィルムとカメラは相性が良さそうです。
GF670を手に入れた時から、こういう使い方を考えておりました。

R72が付けっぱなしで格納できれば良かったのですが...。

投稿: kk | 2009年6月15日 (月) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオバネムノキ | トップページ | EKTAR 100の非エクター処理 »