« 休日の鶴見線 | トップページ | 香りの良い花の競演 »

2009年5月 7日 (木)

今朝の横須賀線

2009571_w_2 Camera : Contax G1, Lens : Biogon 28mm F2.8, Film : Kodak Aerecon II, PC-TEA

今朝、通勤の為鶴見駅に着くと、何か異様な気配が漂っておりました。「嫌だなぁ、連休明けで誰か飛び込んじまったのかなぁ」ととりあえず改札をくぐると、駅の放送がありました。

横須賀線の車両点検のために京浜東北線の運転を見合わせているとのこと。何で横須賀線の車両点検で京浜東北が止まるのだ、と思いつつ、京浜急行に振り替え輸送しているとのことで、振替乗車票をもらって京急へ。

ところがJR鶴見駅から京急鶴見駅まで人がつながっております。そこで覚悟を決めてJRが動くまで待とうと思い、ホームへ下りました。

ホームに下りると、横須賀線の線路で電車が止まっておりました。電車の中の人を見ると疲れていらだっているのが解ります。相当長くカンズメにされているのです。この段階で私のいらいらは消え、相対的にココロの平穏が訪れました。あー、自分はなんてラッキーなのだと。コーヒーでも飲もうと。

コーヒーを飲んでまたホームに戻るとまだ電車は止まっておりましたが、乗客は電車から救出されておりました。しかし、電車は駅に止まっているのに、何故乗客は線路を歩くのでしょう。おそらくかなり先の踏切まで歩くことになるのですが、何故駅のホームに上がらないのでしょう。

2009572_w 京浜東北線が止まった理由は、おそらく、横須賀線の乗客を線路に誘導する為です。せっかく電車を止めたのだから、最短距離で駅に誘導してもよさそうなものですが、不思議です。

結局、私は、この後バスで川崎に出て、東海道線に乗り換えました。これだけ長く止まったのは数年前、大雪でパンタグラフが下りて立ち往生した時以来のような気がします。雪なら仕方ないけど、今朝のは許せない。

|

« 休日の鶴見線 | トップページ | 香りの良い花の競演 »

コメント

通勤時間のトラブルは大変ですね。さぞや人混みの中不愉快な時間をすごされたのでしょう。今回は違うようですけど、人身事故の当事者がJRの職員である確立はすごく高いそうですが、JRも決して働きやすいしょくばでは無いと、去年聞きました。
わたしのように、まちこうばと我が家の通勤時間0ですと、気持ちの切り替えもなにもありませんで、お客もその辺心得て電話してきます。
仕事が終わって・・・途中下車に憧れるわたしであります。

投稿: ラ・ペルラ | 2009年5月 8日 (金) 18時27分

これは臨場感たっぷりの画像ですね。
ニュースで大阪でも拝見しました。
なにやら、非常ブレーキの故障とか・・・
これだけの乗客を降ろすのは、降車時の事故リスクも
あって、かなり迷って時間がかかったのでしょう。
川崎にバスで出るという選択肢、流石ですね。

投稿: SCR | 2009年5月 8日 (金) 21時25分

ラ・ペルラさま今晩は

=>仕事が終わって・・・途中下車に...
あぁ、ラ・ペルラさまは、途中下車が無いのですか。
これが無いと私はやって行けません。

だから、途中下車の代わりに、いつか一緒にXX町へ...
ちょっと違うか。

SCRさま今晩は

この駅間に3本列車が居たようです。故障した列車だけ降ろせばもっとスムーズにいったのでは無いかと思うのですが、全部の列車から降ろす必要があったのか。

おそらく駅間でトラブルがあると、その間を全部クリアーしないと再開出来ないマニュアルになっているのでしょうね。

投稿: kk | 2009年5月 8日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日の鶴見線 | トップページ | 香りの良い花の競演 »