« HC-110による低温現像 | トップページ | なぜか石狐は群れますね »

2009年5月20日 (水)

神戸牛の鉄板焼きランチ

20095201_w Camera : Fuji GF670, Lens : EBC Fujinon 80mm F3.5, Film : TMY2, HC-110

何でも中国人のお金持ちが日本に来て神戸牛のステーキを食べて帰る、様なのですが。私は駅弁で神戸牛らしきものの切れ端を食べたことがあるくらいでした。

ところが先日、昼食後の散歩をしている時この店を見つけて、神戸牛、食べてみたいなぁ。なんて思いを馳せておりました。神戸牛鉄板焼きランチ120g、1500円。グラスワイン、コーヒー付きであります。

なにより、この店構えが良いですね。相当古く、そして草木に覆われている。これはどうしても、店に入って食べない訳には行きません。このお店夜も営業してますが、夜はそれなりのお値段になるようなので、行くなら昼です。

そして行ってみました。神戸牛って美味しい。そして、たぶん分厚いステーキで食べるお金持ちより、美味しくいただけたかも。

この店、目の前で店主がお肉を焼いてくれます。そして脂身以外を適当に切り分けて、目の前に出してくれます。そして、それを食べている間に、脂身に重石をかけて焼き、さらに細かく切ってへらで油を押し出して、取り分けてくれます。これがまた美味しい。残った油でもやしを炒めてフィニッシュです。

その技がいかにも職人芸っぽく、お肉の美味しさを最大限に引き出しているように思えます。本来なら写真の一枚でも撮りたいところですが、写真なんてとんでもねぇオーラが出ていたので、店内の写真も食事の写真も撮っておりません。かろうじてお店を出て一枚。これだけです。

|

« HC-110による低温現像 | トップページ | なぜか石狐は群れますね »

コメント

肉は安くて美味しい!が少ないので、とても良い場所を見つけられましたね。
あまり安くはないけど、都内、県内の中でもトップクラスなのに、半額以下で最高の霜降の上澄みを食べさせてくれる場所が・・・まあ、牛じゃなくてもとんかつランチも最高か?
東神奈川(ステーキ・サンオリーブと言う店)にありますから、行くときは同行します。すこしサービスが違いますから♪

投稿: ラ・ペルラ | 2009年5月21日 (木) 00時02分

美味しいものを頂戴すると幸せになりますね。
1500円だとリーズナブル、こういうお店と
馴染みになっておくと、いろいろと便利ですしね。
わさび付けて食べる・・なんてことはしないのでしょうか?

投稿: SCR | 2009年5月21日 (木) 13時08分

ラ・ペルラ さま今晩は

東神奈川にそんなお店があるのですか、それは楽しみ。

そういえば、今日、昼飯を食べに行った店の親父が、「昔よく、イギリスの知り合いの家に遊びに行った、それはそこの家のガレージにアストンがあったから」みたいな話をしてました。

最近、どこかで似たような話を聞いたような...。


SCRさま今晩は

わさびは無かったけど辛子がありました。
180gだと2500円。120gを二人前の方が得かなぁなんて思いながら、もちろん頼む度胸はりません。

投稿: kk | 2009年5月21日 (木) 23時55分

都内の一流店で、雌牛の脂の良い霜降りをステーキで1枚頼むと25000円です。
でも、それを出せるところは少ないです。少し前だと、赤坂の料亭で1人前お土産付きで5,5万だそうですが、政治家向けでしょうか?

牛銀の本店は、それより少し安く食べられますが、ここが、日本でも1番だそうです。熟成の拘りと、肉質の拘りが素晴らしいとのこと、サンオリーブの主人が昔,偵察に行き、一番特上のステーキに、サンオリーブ以上の拘りを感じたそうです。上には上があると思ったそうです。
ここの親玉は川窪牛肉店で横浜じゃ2番目似古い、外観はとても小さく古い肉やですが、扱いは1頭350万の牛を丸買いして、家一軒の大きさの冷蔵庫で熟成させる,不通の肉やとは違います。店頭に客が並び、わたしの前の客が、1枚25000円のステーキ肉を買い求めたあとで、1枚3000円の肉(わたしにはこれでも年に何回も買えません)を買うのは少しせこく感じるわたしでありますが、それでも十分美味いです。

投稿: ラ・ペルラ | 2009年5月22日 (金) 11時18分

ラ・ペルラさま今晩は

日本には恐ろしい世界があるものですね.....。

それにしても、サンオリーブというお店があるところは
前から気になっていたところです。

あの山の裏側はどうなっているんだろうといつも、青木橋で思っておりました。

投稿: kk | 2009年5月22日 (金) 23時07分

お祭りの時には、山の上からあのがけの下に、よっぱらいが必ず落ちるそうです。

投稿: ラ・ペルラ | 2009年5月22日 (金) 23時25分

ラ・ペルラさま、あの山、今度登ってみます。
近くのサカタのタネには、しょっちゅう行くし。

投稿: kk | 2009年5月23日 (土) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HC-110による低温現像 | トップページ | なぜか石狐は群れますね »