« 琉球村は私てきには好きでした | トップページ | Kodak Aerecon II をPC-TEAで »

2009年4月 9日 (木)

Rollei R3 どうしたら良いのだろう

200931623_w Camera : Hasselblad 500 C/M, Lens : Planar 80mm F2.8 CT,Film : Rollei R3, EI=100, HC110

ローライのフィルムは撮影して巻いてしまうと、みな同じで、マークを付けておかないと何のフィルムだったか区別が出来ません。しかし、R3は巻き止めテープにちゃんとR3と書かれており、他のフィルムと区別が出来ます。

これは、たぶん、このフィルムだけは間違って現像すると大変なことになるからだと思います。そのせいではありませんが、私は現像液の濃度を誤って、このフィルムを一本、透明なポリフィルムにしたことがあります。

その時、驚いたのが、このフィルムのベースは本来、真透明で、通常現像で未露光の部分は、現像でおきたベースフォッグ(カブリ)の色がついていることでした。

このフィルムの本当のISO感度は不明ですがISO25からISO6400まで使えるとのことです。ISO400で現像してもフィルムベースが黒くなるのでISO6400となったらどうなるのか想像もつきません。

そこで今回はISO100で撮影して現像して見ました。HC110で現像するとして、ローライのテーブルから逆算すると1:50希釈で20C16分。減感しているつもりなのに、現像時間は通常のフィルムの2倍です。こんなことってあるのでしょうか。

200931621_w とにかく現像してみると案の定、ベースは黒っぽくなりました。撮影面も黒っぽい感じです。しかしスキャンしてみると、それなりにスキャン出来てしまいます。このフィルムはこんなモノという気にさえなります。

本当に不思議なフィルムです、最初からオーバーな現像を前提にして乳剤が作られている気にさえなります。

でも、まあ、もう少し遊んで、やはりダメなら.......深入りしなくても良いかなぁ。

|

« 琉球村は私てきには好きでした | トップページ | Kodak Aerecon II をPC-TEAで »

コメント

不思議なフィルムですね。ラチが広いと言うだけでなく
現像薬との相乗効果で出る乳剤になっているように感じますね。
でも何処かのバンドが美味しい出来になるのでしょうね。

投稿: SCR | 2009年4月 9日 (木) 22時36分

SCRさま今晩は

このフィルム、基本の現像時間が長いせいか、ハゲができることがあるのです。
面白そうなフィルムなので、現像時間を短縮して、どうなるか試してみようと思ってます。

投稿: kk | 2009年4月10日 (金) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 琉球村は私てきには好きでした | トップページ | Kodak Aerecon II をPC-TEAで »