« Kodak Aerecon II をPC-TEAで | トップページ | 70mmフィルム関係のアクセサリー »

2009年4月12日 (日)

Kodak Plus-x Aerographic Film

200941151_w Camera : Hasselblad 500 C/M, lens : planar 80mm F2.8 CT, Film : Plus-x Aerographic,EI=100, PC-TEA

35mmフォーマットでAeroconIIのフィルムを現像してテストしてみた結果いけそうだったので、70mmのArerographicを使って撮影してみることにしました。

この2つのフィルムは特注品ながらも現役のフィルムであります。だから、フィルムのデータが公開されているのですが、データを見ると違いはフィルムベースだけでは無いかと思われます。ちなみに現在はB&HでAeroconIIは70mmx500フィート缶を18個以上で、またAerographicは9.5インチx250フィートのロールフィルムで注文出来る様に、WEBからは思われます。(実際に注文する人は居ないでしょ)。

私は、かなり前に期限が切れた70mmフィルムを手に入れているのですが、このフィルムを使うにはまず、巻き取りからはじめなければなりません。

70mmフィルムにもディライト ローダーがあるのですが、経年劣化による傷が心配なので、最初は手巻きで行きます。70mmフィルムのパトローネには15フィート4.6m巻けるのですが、全暗の中でそんな長さを計るのは無理ですから、ドテ感で巻けるだけ巻きます。

こうして巻いたものを、ハッセルの70mmマガジンに入れ、ロール紙の下駄を履かせて巻き取り側のスプールに貼り付けます。そして20枚程度撮ったところで空シャッターを1枚切り、マガジンをはずし、フィルムをはさみで切り、巻き取り側のフィルムを改造したリールに巻いて現像します。

20094112_w フィルムは悪くないと思うのですが、変な光漏れがありました。いつ、何処から漏れたのかなぁ。泣。

|

« Kodak Aerecon II をPC-TEAで | トップページ | 70mmフィルム関係のアクセサリー »

コメント

>全暗の中でそんな長さを計るのは無理ですから、ドテ感で巻けるだけ..

人知れず、クリエイティブなことをやるとき、それは
孤独との戦いですね(笑)
しかし、すごいなぁ..前回のもPC-TEAの良さが
前面に出て良い感じ。
この全面に影響する光線引きはなんなんでしょう..?

投稿: SCR | 2009年4月12日 (日) 09時48分

SCR さま今晩は

PC-TEAはこの手のフィルムに合うのではないかと思っておりました。
特に70mmフィルムの方は、現像が進行するマイルドさから、最初からPC-TEAでの現像を想定していました。

現像が進行するマイルドさだけならPyroでも良いのですが、このタイプのフィルムベースだと、どろどろに染色されそうで、恐くて使えません。

投稿: kk | 2009年4月12日 (日) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kodak Aerecon II をPC-TEAで | トップページ | 70mmフィルム関係のアクセサリー »