« Kodak Plus-x Aerographic Film | トップページ | フリージア ムイリー »

2009年4月15日 (水)

70mmフィルム関係のアクセサリー

R0012117_w 70mmフィルムに関してもいろいろアクセサリーと言うか、付属の備品があります。

まず、フィルムローダー。これには大きく2種類あるような気がします。一つは写真のようなヨーロピアンタイプ。もう一つがWatsonの35mm用ローダーを巨大にしたようなアメリカンタイプ。

おそらく、どちらもパーフォレイトでフィルムをカウントするタイプなので、パーフォレイトが無いフィルムは巻けません。

R0012116_w_2 次に現像タンク。私が見たことがある限りでは写真のKindermann、Nikor、そしてJOBOに15フィートの70mmを現像するタンクがありました。おそらくKindermannとNikorはリールを共有できると思います。KindermannはタンクがプラスティックでNikorはステンレス、Kindermannは排水口がついているので明るいところでも現像できますが2Lの現像液を入れてどんな風に攪拌したら良いのでしょうね。Nikorは排水口が無いので暗室専用かも知れません。実際に15フィートを現像するとしたらJoboが一番現実的だったかも知れません。フィルムを巻くのだけでも大変です。Joboには補助装置があったハズ。

R0012122_w 最後にフィルムカセット。これはハッセルブラッドのものですがハッセルブラッドの備品を開けるとコダックの70mmパトローネが入っています。コダックの15フィートフィルムにはフイルム名のシールも貼られているので、そのシールが無い状況と一緒です。

ただ違いはフィルムを止める金属リングが二個スプールについていること。そして説明書には、フィルムが傷つくおそれがあるから2.3回の使用で新しいものに変えろ、とあります。当時は消耗品だったのですね。

|

« Kodak Plus-x Aerographic Film | トップページ | フリージア ムイリー »

コメント

まるで求道の世界だなぁ。
人間が安易なものでこのようなフィルム哲学は苦手だな。
それにしても凄いものが手に入るものですね。
17日は楽しみです。

投稿: 610 | 2009年4月15日 (水) 20時42分

いやぁ~拝見するのは初めてのローダーとリール
有るところには有るんですね...
勉強になるなぁ。こんなの持ってる人、おそらく
日本にも数名では?笑

投稿: SCR | 2009年4月15日 (水) 21時06分

610さま今晩は

最近、ニッチなお仕事写真が気になって仕方がありません。
いろいろな工夫があるし、掟もありそうで..。

SCRさま今晩は

一つのものに注目するとなかなか面白いですね。ものすごく狭い世界におなじみさんが居たりして...。

投稿: kk | 2009年4月15日 (水) 22時43分

すみません。こちらに掲載の70mm現像タンクは現像も使用されてますでしょうか?

投稿: NNN | 2021年10月25日 (月) 23時46分

現像も→現在も

投稿: NNN | 2021年10月26日 (火) 09時26分

NNNさま、こんにちは。
これ、懐かしいなぁ。
どうなったのだっけ。
当然、もう使っておりません。

白黒赤外の70㎜、30ftフィルム缶を冷凍庫で発掘して、代わりにお肉の塊を入れたのが数年前。
そのお肉もまだ冷凍庫に眠っているような、恐ろしい現状です。

投稿: KK | 2021年10月26日 (火) 12時44分

ご返信ありがとうございます。突然に大変不躾なお願いを申しあげますが、この70mm現像タンクお譲り頂けないでしょうか。もしよろしければメールアダレスにご連絡頂けますと幸いです。当然そう安価なものではない事は理解しております。

投稿: NNN | 2021年10月26日 (火) 13時00分

NNNさま、

これ、たぶん廃棄してます。
コダックのHC110という濃縮現像液を山ほど保管いていたのですが、瓶が経年劣化で崩れ、一緒に保管していたものがベタベタになり、面倒になって捨てたような気がします。

洗って救出していたとしても、物置の隅っこにあるかどうか。

これ、空撮用のフィルムでも現像するのでなければ、現像液を大量に使用し不便でした。

ハッセルブラッドの70㎜マガジンで撮ったものを現像する程度ならメーカー忘れましたが、ブローニーまで対応できる白いプラスティックのリールに下駄をはかせて使用したほうが便利です。

投稿: kk | 2021年10月26日 (火) 19時08分

そうでしたか。ありがとうございました。

投稿: NNN | 2021年10月26日 (火) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kodak Plus-x Aerographic Film | トップページ | フリージア ムイリー »