« パールアカシア、早春の甘く乾いた香り | トップページ | さよなら富士ぶさ »

2009年3月11日 (水)

70mmフィルム現像用リール

R0011993_w ハッセルブラッドの輝かしい歴史を見ると、必ず登場するのがNASAのスペースカメラ。そしてこのカメラに装着されていたのが70mmのフィルムマガジンです。

70mmのフィルムはスペースカメラ専用では無く、航空写真、結婚式などでも使われていたので、今でも中古カメラ屋で埃をかぶって展示されているものを良く見かけます。これらのマガジンは15フィートのフイルムカートリッジで72枚撮ることが出来ます。

また、70mmのマガジンは他に、ブロニカETR、ペンタックス645、マミヤRB、グラフレックスXL用等でもあります。

これらのマガジンは、もはや全く使い道が無くなったわけでは無く、不便ながら使えないわけではありません。フイルムは海外通販で、ネガカラーや在庫があれば白黒の長巻を買うことが出来ます。そして、自家現像が出来れば、現像タンクを改造することによって現像することも出来ます。

70mmの現像タンクは、ステンレスのものやJoboのものがあって、それらはたまにオークションに出たりしますが、これらのタンクやリールは15フィートの長さで設計されており、家庭で使うには少々使いにくいでしょう。

航空写真等のプロ使用では、マガジンが許す限りのフィルムをつめて撮る必要があるのでしょうが、ちょっと70mmフィルムで遊んでみようという人には、長すぎます。

そこで、パターソンのリールを使って70mmフィルム用のリールを作って見ました。ブローニーのフィルムの横幅が60.8mmに対して、70mmフイルムは69.4mmありますので、8.6mmほど、伸ばしてやれば良いのです。

また、古い116,616カメラのフィルムは70mmフイルムと同じ幅なので、このリールを一つ作っておくと、70mmフィルム、116フイルム、616フィルムの現像が出来ることになります。写真の70mmフィルムはパーフォレーションが無いタイプなので、116、616のフィルムで使ったほうが良いかも知れませんね。

リールの作り方は簡単で、パターソンリールの軸の太い方を切って、外径32mmの塩ビパイプを軸にして伸ばし、エポキシで接着しただけです。塩ビのパイプは内径が25mmですが、肉を削ぎ27mmに広げると良いです。

|

« パールアカシア、早春の甘く乾いた香り | トップページ | さよなら富士ぶさ »

コメント

おおよそ、フツ~のマニアは絶対手を出さないマガジンを
何事も無いように手に入れ、フィルムもその辺で売って
いるように手に入れ、リールもかんたんに拡幅工事をし..
すべてが恐れ入りました。もうココまで来ると
マニアという表現では無いような...笑

投稿: SCR | 2009年3月12日 (木) 00時25分

SCRさま今晩は

=>もうココまで来るとマニアという表現では無いような...

貴殿に言われるとは....想定しておりませんでした。

投稿: kk | 2009年3月12日 (木) 19時46分

よくご入手できましたね.
B&HではPortra160NCがまだラインアップされていました.
70mmはそれほど魅力的なフィルム種類がなかったので,旅行などで大量一気に撮影する機会を想定して装置は持っていても実際に使用した事はありませんでしたが,今が最後のチャンスかもしれませんね...

投稿: lensmania | 2009年3月12日 (木) 21時38分

パターソンのリールで現像すると、
120が二本分だから24枚位なのかな。

72枚分のフィルムをどこ出来るかが問題ですね。
3に切ったその切り口に、大事なフレームがあったりして・・・・。

投稿: 會津 | 2009年3月12日 (木) 22時32分

lensmania さま今晩は

70mm映画は無くなるかも知れませんが、IMAXは残るだろうから、フィルム自体は製造が続くと思います。
そしておこぼれがたまにE-bayに出てくるのかな、と。
後は、航空撮影用の白黒フィルムですが、これは消えてゆきそうです。

遊ぶなら今、でもそんな必要も無いか。

會津 さま今晩は
面白がって使って見る、という程度ですから、最初から24枚程度のフイルムを巻こうと思っております。

それも、初めと終わりをダミーにして無駄を省いて、ランニングコストを上げてみようかな、なんて考えております。

別にコストを気にするほど写真を撮らないのですが、私の場合、こんな事を考えるのが趣味ということで。(汗。

投稿: kk | 2009年3月12日 (木) 23時38分

SCRさまから頂いたかお借りしたかしたのが616フィルムカメラでしたので120に改造したのを思い出しました。
そういえば航空カメラに70mm幅のがあったのはよく遭遇しましたがまだフィルムが存在するとは思いもよりませんでした。
悠長というか高尚な趣味ですねぇ。
パソコンが借家だもので覗きに来るのが遅くなりました。

投稿: 610 | 2009年3月13日 (金) 20時18分

610 さま今晩は

私はカメラ趣味に戻るのが遅く、気が付いたら大抵のフィルムは無くなっておりました。その反動かも。

航空写真用のフィルムはコダックがまだ受注しているようですが何十ロットかの単位で発注が必要なようです。

でも、そんな航空写真屋さんからたまに出物があるので、手に入れる機会はあるようです。

投稿: kk | 2009年3月13日 (金) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パールアカシア、早春の甘く乾いた香り | トップページ | さよなら富士ぶさ »